英語の音がとれても意味が分からない理由と解決法

英語喉で、あれっ、音としては英語が聞き取れてる!

たまに意味が分かることがある

と言う段階にある人に向けて書いています。

断言しておきますが、音として英語が聞き取れていなくて、英語が上達する可能性はゼロです。

音として聞き取れていないのに、理解できるわけがありません

#*)%#@&¥

という具合に音として聞き取れていないのにどうやって理解できますか?

でも音として

I cut FERN

と言う具合に聞き取れれば

FERNの意味を知らなくても、FERNって何?と聞き返すことができます(植物のシダと言う意味です)。

さて、なぜ英語を音として聞き取れても、頭の中で意味に変換されないのでしょうか?

私が今フランス語でこの段階にあります。

理由は

日本語では単語が長いのに対し

英語の多くの単語は短いことが原因だと私は分析しています。

日本語では

わさび

というぐあいに   わ、さ、び

といくつかの音が一緒になって意味が成立することが多いのです。

ところが英語では単語がとても短いことがあります。

is

とか一瞬で聞こえて、消えてしまいます。

If I hear it

全ての単語が短い、短い

これを理解するには

Ifと聞いた瞬間に、Ifだと理解

Iと聞いた瞬間にIだと理解

hear と聞いた瞬間にhearだと理解

itと聞いた瞬間にitだと理解

よくニュースの英語ならなんとかなるが日常会話は難しいと言いますね。

それは発音とかの問題だけでなく、ニュースの英語は外来語が多く、単語が長いのです。

technology

vaccination

音として受け取って理解するのに、時間の猶予をくれます。

ところが日常会話は短い単語が多い

How do you like it?

That’s cool

という具合。

解決方法は、これは、会話をこなすことです。

単語を相手に意味を伝えるために投げる

相手が意味を伝えるために投げてくる単語をキャッチする

この積み重ねです。

スペイン語では私はこれができます。6か月、ネイティブと毎日話していたら、突然、分かるようになりました。

びっくりです。

フランス語ではまだできません。音としては完全に聞き取れていますが、また頭の中で意味に変換されません。

単語ごとに意味が変換されるようになれば、意味が分かるようになります。

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.