チビ犬、デカ犬

今日はいい話をある人から聞いた。その人の息子の高校卒業式で、元軍人の大将がスピーチをしたとのこと。その軍人の名前はちょっと忘れてしまったが、確か第1次イラク侵攻を指揮したシュワルツコフだったと思う(違ってたらごめん)。 

彼は二匹を犬を飼っている。一匹は20パウンドに満たないチビ犬。もう一匹はその10倍ぐらいある大型犬。 

どう考えても、大型犬のほうが強いはずなのだが、チビ犬が完全に権力を掌握している、、、らしいのだ。 

犬というのは、絶対的に、まずどっちが強いか、どっちがボスかを決定しないと仲良くなれない動物だ。 

チビが、でかいのを下においているというのだ。 

氏いわく、理由は、犬は鏡をみない、みても理解できないから、、だという。つまり大型犬は、自分がチビよりも、ずっと大きいこと、ずっとたくましいこと、、、などを知らない、、、ということらしいのだ。 

さて、この話が科学的に本当なのかは二の次だ。この話には本当に学ぶものがあると感じた。私が勝手に感じているのかもしれないが、私なりの解釈を加えたい(そういう意味で氏がこの話をしたのかどうか知らない)。 

我々も、人生を生きるなかで、人の制圧の下に屈してしまうことがある。学校でいじめられたりするだろうし、職場で不法にこき使われたりすることもあるだろう。 

なぜ我々は人の権力下にやすやすと入ってしまうのだろう。なぜ不自由に対して打たれ強く、がまんするのだろう。 

もしかしたら、我々は犬と同じように鏡を見たことがないのではないだろうか。つまり、自分自身を知らないのではないだろうか。 

逆に、権力を身にまとい、いじめにかかる人たちは、そのメカニズム・からくりをよく知っているのではないか。つまり、普通の人たちが、自分を良く知らないということを利用して、他人の自由を奪うのではなかろうか。そして、弱い立場の人間が、自分というものを知らないように、さらに自由を奪うのではなかろうか。 

我々が自由を取り戻し、尊厳を持って生きるためには、まず自分自身を鏡で見ることが大切じゃないか。もちろん鏡というのは、比喩的な表現だ。 

自分がどんな性格か、どんなことが好きか、どんな子供だったか、などなど。 

自分自身を知る、自分自身を理解する。これが自分を守り、自分のために立ち上がるために大切ではないだろうか。 

喉は、自分自身のために立ち上がる人たちのために、英語という武器を与える。英語があれば、世界を市場とし、日本にいながらでも、自分を伸ばしていくことができると思う。 

そんなことを、チビ犬、デカ犬の話をきいて思った。 

Related Articles

音声学のはまってしまった罠 (ぬけでることができない)

音声学のはまってしまった「どつぼ」が、「アクセントのない母音が曖昧音化する」という勝手につくられたルールである。 私は、完全に音声学者の先を行っていたのだろうか?大学時代に、辞書で使われているVがさかさまになったような音(CUTのア)と、aみたいな発音記号で、いわゆる曖昧音と呼ばれている音が、同じだよ、、、と誰かに聞いた。アメリカ英語では同じだよと当時は理解していた。というのは、イギリス人が二つの音を発音してくれたことがあるが(1988年にイギリスで)、そのとき、その二つの音が私には違って聞こえたからだ(今となっては、この真偽は良くわからない)。 だから、Vの逆だろうと、曖昧音だろうと同じに発音してきたし、実際、それで正しいのである。 それをなんと、音声学者は、アクセントがないところでは曖昧音だ、、、と勝手に決めてしまった。 何かが曖昧音になる、、、そうで、これは「変換ルール」と言ってよいだろう。変換ルールが大好きなのだろうか? 実際、英語が100%聞ける立場から英語を聞くと、全然、音が変換されていない。 さらに、おそるべきことがある。「アクセントの位置」の意味も曖昧なままにされている。 どう考えても、アクセントの位置というときは、それは音程にしかすぎないだろう。それは、WEBSTER DICTIONARYなどの音源のある辞書で確認してもよいが、音程が、アクセントのあるシラブルにおいては高い感じに聞こえるかもしれない(これは、英語喉的に言えば、あくびエリア発音の音は音程が高く聞こえるということに一致している)。 そこで、アクセントの位置がどうのこうのと私が言うと、すぐに音声学側がこういうだろう。 アクセントの位置と音程を一緒にしていませんか?音声学を勉強してから出直してください。 じゃ、アクセントの位置とは何だろう?文部科学省に電話で聞くと、人によって解釈が異なるが、音程だったり、強さだったり、、、、あるいは長さだったり、、、だそうだ。 どう考えても、音程だと思うが、「音程」と「強勢」、「アクセント」、「ストレス」では、意味があまりにも違うので、「音声学を勉強してから発言してください」指令が出る。 じゃ、強勢とは、強く読むことなのか?となると音量? 「音量か?」という質問には、音声学者は決して答えない。なぜなら、音量だとすると、反証明が素人でも簡単にできてしまうからだ。音の大きさを比べると、例えばNETWORKという単語があり、NETにアクセントがある=音量が高い、、、とされているわけだけど、実際計ると層ではないことがわかる。 また音量だとしてしまうと、じゃ、NETとWORKの音量の度合いは1対2ですか?とか、面倒なことを考えなくてはならなくなるのだ。 だから音量か?という質問に対しては、「あなたは音声学を勉強してから出直してください」となる。 ではアクセントとかストレスとかは何なのだろうか? 日本国の英語教育をつかさどる文部科学省でさえ、意味をしらないアクセントの位置、ストレスの位置とは何なのだろう??? 実は強勢とは「気合い」ではないだろうか? おりゃ~~~~~~、、、、おらおらおらおおお、こんにゃろおおおおお というときの気合である。 そうとしか考えられない。 だって、電車で通学中の受験生が、アクセントの位置を覚えている姿を想像してほしい。NETWORKという単語を覚えるならば、NETに気合いをいれて覚えようとしているだろう。 音声学者の人がRECORDの単語の意味がアクセントの位置が違うだけで、動詞になったり名詞になったりするとしているが、そこで、え?発音の違いではないですか? あえて、日本語で書くと、名詞だと、「れかーど」、動詞だと、「りこーど」だ。…

ローティさんの最近のBLOGについて 戦争のこととお墓参り

ローティーさんのBLOGで、昭和天皇の戦争終了宣言を見て、それを普通の言葉に訳したものをみて、なんらかの、納得がいった。何かがよりよく理解できたわけではないけれども、やはり普通の言葉で理解するのは、よい。 http://littleinvestor.blog21.fc2.com/ ローティさんも言っているが、そういえば、私が小さいころ、いや高校のころまで、戦争を経験した先生達がいた。ローティーさんの場合は、東京の空襲のことだそうだが、私の場合、軍隊で靴で気をうしなうまで殴られたという経験を話してくれた数学の先生がいた。もう痛みも感じなくなるそうだ。当たり前かもしれないが、これは、敵兵になぐられたのじゃなくて、同じ軍の上官になぐられたということです。 原爆だって、おばあさんが、光を感じたといっていたと思う。こないだは、父がB29の思い出を少し話してくれた。 ワシントンDCでは、今でも戦争の思い出が生きていると思う。色々と記念碑がある。硫黄島の碑とか。パールハーバーの衝撃は今でも生きているように思う。博物館でも色々なところに、パールハーバーや、神風特攻関係のものがある。当たり前だが、アメリカ人にとっては、ものすごい恐怖だったようだ。 私がうなされるのは、おじいさんの弟さんで、20数歳で戦死したかたのことだ(ここでは「おじさん」と呼ぶ。厳密にはおじいさんの弟さん)。パプアニューギニアという場所にて戦死。 大昔、聞いたのだが、ラッパを吹いたらしい。私はギターやら音楽をするので、もしかしたら、DNAで濃くつながっているかもしれない。このおじさんのことは何も知らないのだけど、どんな気持ちだっただろうかと思う。 このあいだ、墓参りに行って、気づいたのだが、このおじさんの墓が非常に立派なことに気がついた。それも、戦争後、何十年もたって立てられていた。私のおじいさんが建てたものだ。おじいさんは農業と「とおじ」さんだったので、お金はなかったはずなのだが、私の感覚では立派な墓だ。 きっと、弟に立派な墓をたててやりかったんだろうなあ、、と思う。 おじいさんが、30年以上前、夜に私と一緒に歩きながら、こんな歌を歌っていた。現物の歌はあまり聞いたことがないので、歌詞は、おじいさんが歌っていたので覚えたのだろうか。 わかれることは つらいけど しかたがないんだ きみのため わかれに ほしかげのワルツを歌おう 冷たい心じゃないんだよ、、、<と続く> あれは、戦争で死んだ弟さんに歌っていたのではないか、、、などと思えて、うなされることがある。 そんなことを、戦争後、何十年もたって立てられていたお爺さんが弟のために作った立派な墓をみて思った。 父が、墓参りが大切だといつも言うのだが、意味がよく分かったような気がした。 おじいさんが死んで33年になるので、来月は法事だそうだ。父の兄弟姉妹が集まるそうだ。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.