Skip to toolbar

山口大学さん用授業

毎年4月に山口大学のクラスでオンライン授業をしていますが、今年は、コロナの関係上、学生の皆さんがうちから参加されました。そのために、希望者だけの参加になりました。

やはり希望者だけなので、ある程度、英語喉に興味が持ってくれた人の小集団ということになり、結果がいつもよりベターだったように思います。

特に聞き取りが授業でできるようになったというかたが多かったです。

2回めもあり、英語の勘のやり方をコーチしました。

私は教育プログラムの評価が仕事で、これまでにRCTという方法で色々なプログラムに効果があるのかを評価してきました。RCTというのは、まず、例えば学校をランダムに2つのグループに分けた上で、一つのグループには、例えば英語喉をやってもらい、もう一つのグループは普段どおり、、という実験方法です。

RCTは実験の王者と言われるほどで、効果があるかどうかを測定することができます。

しかし、英語喉の場合、自分で、これだ!と気づくことも大切なので、突然、ランダムに、興味がないのに、指導しても、効果が薄い可能性があります。

それにしても、山口大学には、方言話者の方が多いためか、英語喉を一度説明すると、すぐにできるようでした。

今回は2つのグループに分けて、1グループが4人だったのですが、少人数だと、おそらく同時に皆が信じて取り組みやすいという効果があるのかもしれません。

Related Articles

音声学のはまってしまった罠 (ぬけでることができない)

音声学のはまってしまった「どつぼ」が、「アクセントのない母音が曖昧音化する」という勝手につくられたルールである。 私は、完全に音声学者の先を行っていたのだろうか?大学時代に、辞書で使われているVがさかさまになったような音(CUTのア)と、aみたいな発音記号で、いわゆる曖昧音と呼ばれている音が、同じだよ、、、と誰かに聞いた。アメリカ英語では同じだよと当時は理解していた。というのは、イギリス人が二つの音を発音してくれたことがあるが(1988年にイギリスで)、そのとき、その二つの音が私には違って聞こえたからだ(今となっては、この真偽は良くわからない)。 だから、Vの逆だろうと、曖昧音だろうと同じに発音してきたし、実際、それで正しいのである。 それをなんと、音声学者は、アクセントがないところでは曖昧音だ、、、と勝手に決めてしまった。 何かが曖昧音になる、、、そうで、これは「変換ルール」と言ってよいだろう。変換ルールが大好きなのだろうか? 実際、英語が100%聞ける立場から英語を聞くと、全然、音が変換されていない。 さらに、おそるべきことがある。「アクセントの位置」の意味も曖昧なままにされている。 どう考えても、アクセントの位置というときは、それは音程にしかすぎないだろう。それは、WEBSTER DICTIONARYなどの音源のある辞書で確認してもよいが、音程が、アクセントのあるシラブルにおいては高い感じに聞こえるかもしれない(これは、英語喉的に言えば、あくびエリア発音の音は音程が高く聞こえるということに一致している)。 そこで、アクセントの位置がどうのこうのと私が言うと、すぐに音声学側がこういうだろう。 アクセントの位置と音程を一緒にしていませんか?音声学を勉強してから出直してください。 じゃ、アクセントの位置とは何だろう?文部科学省に電話で聞くと、人によって解釈が異なるが、音程だったり、強さだったり、、、、あるいは長さだったり、、、だそうだ。 どう考えても、音程だと思うが、「音程」と「強勢」、「アクセント」、「ストレス」では、意味があまりにも違うので、「音声学を勉強してから発言してください」指令が出る。 じゃ、強勢とは、強く読むことなのか?となると音量? 「音量か?」という質問には、音声学者は決して答えない。なぜなら、音量だとすると、反証明が素人でも簡単にできてしまうからだ。音の大きさを比べると、例えばNETWORKという単語があり、NETにアクセントがある=音量が高い、、、とされているわけだけど、実際計ると層ではないことがわかる。 また音量だとしてしまうと、じゃ、NETとWORKの音量の度合いは1対2ですか?とか、面倒なことを考えなくてはならなくなるのだ。 だから音量か?という質問に対しては、「あなたは音声学を勉強してから出直してください」となる。 ではアクセントとかストレスとかは何なのだろうか? 日本国の英語教育をつかさどる文部科学省でさえ、意味をしらないアクセントの位置、ストレスの位置とは何なのだろう??? 実は強勢とは「気合い」ではないだろうか? おりゃ~~~~~~、、、、おらおらおらおおお、こんにゃろおおおおお というときの気合である。 そうとしか考えられない。 だって、電車で通学中の受験生が、アクセントの位置を覚えている姿を想像してほしい。NETWORKという単語を覚えるならば、NETに気合いをいれて覚えようとしているだろう。 音声学者の人がRECORDの単語の意味がアクセントの位置が違うだけで、動詞になったり名詞になったりするとしているが、そこで、え?発音の違いではないですか? あえて、日本語で書くと、名詞だと、「れかーど」、動詞だと、「りこーど」だ。…

英語の勘1について

英語の勘1は名詞ということですが、名詞そのものというよりも、THEとかA、あるいは単数形、複数形をどうするかと言うことです。普通の感覚ですと、冠詞と単・複の問題は別のように見えますが、どちらも名詞をめぐる現象ですね。 タイトルがつけにくかったです。 名詞、、というと受けがわるいような気がして。退屈なイメージがあります。 さて、この本を読むとそういう点で間違いにくくなると思います。間違ったとしても、間違った瞬間に、気分が悪くなり、言い直すことでしょう。 絶対間違わないとは言えませんが、かなりの正確度で正しくなります。また、英語を話すのが楽しくなるはずです。 従来の解説ですと、例えばですが、I play the pianoと習いますよね。楽器の時にはTHEを付ける、、、と習うと思います。ところが、私のように大学生のころからアメリカ英語であれば、聞きとれて理解できるというレベルに達している場合、I play pianoという表現は普通に聞くんです。 それを従来の文法では、「例外もある」と言い放って責任を果たした感じになるわけですけど、 おいおい って感じですよね。 さて、この本の中では、THEにも2種類あるとしました。 同じ種類の物のなかで(ピアノが10台あって)、これだ(この特定のピアノだ!」と言う場合、、、と 違う種類のものがあるなかで(ピアノ、ギター、バイオリン、、、)、これだ!(他の種類の楽器ではなくて、ギターだ!)と言う時。 つまり、 I play the piano だと、(他の楽器じゃなくて)ピアノを弾きますと言っているわけです。 同じTHEでもそう理解できますね。 I…

なぜネイティブ同士が話す英語を難しく感じるのか?

英語喉暦10年ぐらいの自分にとっては、ネイティブ同士が話す英語と、ニュース英語を比べて、どちらが難しいということはない。どちらかと言えといわれると、常識的に、日常会話の英語のほうが簡単なはずだと感じる。なぜならば、 「経済状況の悪化にともない、XX州の失業率が低下しました」 というニュースっぽい言語より 腹減った。なにか食べよう。 という日常言語のほうが簡単に決まっている。 では、なぜ、多くの英語学習者がニュース英語はなんとかいけそうだけど、ネイティブが話し出すとさっぱり分からないというのだろうか? 一つは日常生活の英語のほうが流動性が高く、音のひっつきぐあいが過激だ、、と言える。 が、それにしても、そんなに言うほど違うようには思えない、、、。 もう一つの仮説がある。それは、日本の普通の英語学習者は1シラブルごとに意味をとっていないんじゃないかということ。 ニュース英語は、難しい言葉が出てくる。英語だと、1シラブル以上の単語だ。日本人は、もしかして、1シラブルごとじゃなくて、ある程度、長めの塊で英語を聞いているんじゃないだろうか? だから、英語となったとき、簡単で短い単語(日常英語の大半を占める)が聞き取れない? 例えば、自分の場合、Iと聞くと、すでにIだけで理解し納得している。AMと聞くとAMだけで納得する。 しかし、日本語の感覚で英語を聞いている人は、もっと長めの単位で意味をとろうとしているのではないか? 私の場合、広島弁が母語なわけだけど、広島弁も短い単位で意味が完結していることが多い。 例えば私は「わい」か「わえ」でどちらとも1シラブル。 「です」は「じゃ」で1シラブル。 広島弁では、シラブルごと、(あるいは2シラブルぐらいごと)に意味をとるのが普通なのかもしれない(と、言っても、日本語なので、絶対こういうのばかりではないが、単語が短め)。 わえ、は~、こん、け~、のお~全部1シラブルつづで意味が完結している。 わえ=私は は~=もう こん=こない け~=から(理由) のお~=ね 英語も同じだ。 I…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.