山口大学さん用授業

毎年4月に山口大学のクラスでオンライン授業をしていますが、今年は、コロナの関係上、学生の皆さんがうちから参加されました。そのために、希望者だけの参加になりました。

やはり希望者だけなので、ある程度、英語喉に興味が持ってくれた人の小集団ということになり、結果がいつもよりベターだったように思います。

特に聞き取りが授業でできるようになったというかたが多かったです。

2回めもあり、英語の勘のやり方をコーチしました。

私は教育プログラムの評価が仕事で、これまでにRCTという方法で色々なプログラムに効果があるのかを評価してきました。RCTというのは、まず、例えば学校をランダムに2つのグループに分けた上で、一つのグループには、例えば英語喉をやってもらい、もう一つのグループは普段どおり、、という実験方法です。

RCTは実験の王者と言われるほどで、効果があるかどうかを測定することができます。

しかし、英語喉の場合、自分で、これだ!と気づくことも大切なので、突然、ランダムに、興味がないのに、指導しても、効果が薄い可能性があります。

それにしても、山口大学には、方言話者の方が多いためか、英語喉を一度説明すると、すぐにできるようでした。

今回は2つのグループに分けて、1グループが4人だったのですが、少人数だと、おそらく同時に皆が信じて取り組みやすいという効果があるのかもしれません。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

音声学のはまってしまった罠 (ぬけでることができない)

音声学のはまってしまった「どつぼ」が、「アクセントのない母音が曖昧音化する」という勝手につくられたルールである。 私は、完全に音声学者の先を行っていたのだろうか?大学時代に、辞書で使われているVがさかさまになったような音(CUTのア)と、aみたいな発音記号で、いわゆる曖昧音と呼ばれている音が、同じだよ、、、と誰かに聞いた。アメリカ英語では同じだよと当時は理解していた。というのは、イギリス人が二つの音を発音してくれたことがあるが(1988年にイギリスで)、そのとき、その二つの音が私には違って聞こえたからだ(今となっては、この真偽は良くわからない)。

学ぶことのコツを剣道で学ぶ+いっこく堂VSカズ対決

昨晩は、待ちに待った剣道の稽古だった。GW大学の剣道クラブに入門したのだけど、それにしても、入門した?という大げさな感覚がない。ぐぐったら、たまたま近所でやっていた。GW大学の体育用施設(ジョージタウン)に愛車をのりつけて、校門のとこにとめる。用務員さんが、そこ止めていいよとか言ってくれる。夜なので無料だ。

私の持っている日本社会のイメージ 準備の文化

「準備の文化」で、ラッキーな人達が、ラッキーじゃない人たちに、「準備」という試練を課しているようなイメージを持っている。 例えば、大学受験だが、ラッキーにも大学で終身雇用のステータスで生活をしている人が、アンラッキーにも、その立場にない人(生徒)に試験を課すことで、試験料を徴収する。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.