志村けん追悼コント 日本人が米国人に英語を教えてみた

The transcript

(PDF version click here)

追悼・志村けん氏を偲ぶIn Loving Memory of Ken Shimura
じゃ、皆、今、コロナで大変な状況だけどもな、ま、ズームで授業をするということだ。な。Ok guys, in light of the current coronavirus situation, we’ll be using Zoom to conduct class. 
 起立。立っ、立てよ。ここは日本の学校だからな。Stand. Come on, stand up. This is a Japanese school. 
マット、お前、顔が見えない。おい。礼。着席。Matt, I can’t see your face. Bow. Sit.
 今ね、時代はグローバリゼーションだからな。英語が大切なんだけども、英語で大切なのは発音だから。な。先生が教えてあげるから。ね。We currently live in a globalized world, so English is very important. And when it comes to English, pronunciation is crucial. I’ll teach you how it’s done.
 ミサちゃん。-はい。 この学校でも英語がね、できることで、え、優等生だけども、なんか、最近、TOEIC何点だった?Misa, you’re known throughout school for your great English skills. What was your recent TOIEC score?
 950点です。950.
 あ、よく頑張ったね。も、皆がミサちゃんみたいな生徒だったらね、この学校も、よくなるんだけどね。Wow, you must have worked hard! If only more students were like you, this school would be a lot better.
   よく、できの悪いのがいるんだよね。ショーンとかマットみたいにね。Unfortunately, we have a bunch of slackers. Like Shawn and Matt.
足でまといですよね。-足でまといだね。Yeah, they really slow us down.  – It’s true.
 じゃあ、あの、教科書の5ページ、発音に気をつけて読んでみてくれる? -はい。Well then, could you please read page 5 of the textbook?  Pay attention to your pronunciation.  – Yes.
 ミサちゃんの発音は、なんていうかな。とっても素晴らしい。 -やった~。Misa, your English is… utterly fantastic.   – Yay!
 これからの国際社会でも通用するね。君の英語はね。ただ一箇所だけ、気をつけてね。You’ll do great overseas. There’s just one little thing you need to fix.
 マザーのMは鼻濁音*です。だから鼻に抜かしてね。  

*鼻音(びおん)would be the correct word here.  Kaz said it wrong.
The “M” in “mother” is a nasal sound. Make sure to let air out from your nose.
良くできました。Great job.
先生の発音、素敵です。ミサも先生みたいに英語ペラペラになりたいです。I admire your pronunciation, Mr. Kaz. I hope to one day speak English as fluently as you do.
 僕は留学帰りだからね。Well, I did study abroad.
 おい、ショーン。ショーン。-はい。 お前、勉強してんのかよ。聞いてんのか? -はい、聞きました*。

*聞いていました would have been a grammatically more precise response.
Shawn.  – Yes.   – Have you been studying at all?  Are you even listening?  – Yes, I was.
 お前、なんか英語に自信があるらしいな。なんか、留学してたのか?帰国子女か、お前。So, you think your English is good, huh? Did you study abroad? Did you grow up overseas?
 あ、そうそうそう。帰国子女なんで、英語うまいっすよ。Yes, I grew up overseas. So, English is no problem for me.
 どこの国?どこの国だ?- ア、アメリカです。-USAのアメリカだろうな? -あ、そうそう、その通りです。Which country?  – America. – You mean America, like, the USA? – Exactly.
 何年いたんだ? -25年ぐらいですよ。How many years? – About 25.
 じゃあ、ペラペラなはずだな。-もちろん、ネイティブですよ。ペラペラですよ。In that case, I imagine you’re pretty good.  – Of course, I’m native. Completely fluent.
 じゃあ、お前、ちょっと、あの、英語読んでみろ。10ページ。-はい。Well then, go ahead and read page 10.  – Yes, sir.
 お前、発音、下手くそだな。 -まじっすか?Your pronunciation is horrendous.  – wait, seriously?
 何や、お前、その反抗的な態度は、お前。内申書*に響くぞ。ま、わしが直してやるからな。  

*内申書 is not exactly a report card.  It is an internal document that teachers keep and hand it to next year’s homeroom teacher.  It documents students’ attitudes, problems, etc.  The teachers do not necessarily want to document negative things about each individual student, but because students don’t get to see it, they feel like the naishinsho document is an equivalent of “rap sheet.”
Hey, watch your attitude! Don’t make me trash your report card. Ok, I’ll fix your English.
 もう一回、わしの言う通りに言ってみろ。 -はい。Try it again, and this time pronounce it exactly as I do. – Yes, sir.
 、、じゃなくて。はっきり言えよ。No! Pronounce it clearly.
 これはな、摩擦音って言うんだ。This is what’s called a “fricative.”
 まあ、お前、ちょっと、真面目*、もう少し勉強してみろ。いいだろな*。

*真面目 should be 真面目に *いいなwould have been a correct word here.  Kaz stumbled here.
From now on, you better study a little more seriously. Got it?
 じゃあ、次。次はと~。あ、ミサちゃん。じゃ、読んでもらえ、、Okay, who’s next… Misa! Could you please read for us?
 おい*、ちょっと先生、僕の番ですよ。

*おい is a bit too rude to use to call a teacher.すみませんwould be better.
Hey teacher, it’s my turn!
 あ、お前、いたのかよ。-え、ちゃんといますよ、そりゃ。無視しないでくださいよ。Oh, you’re here? – Of course I am. Please don’t ignore me.
 分からなかったよ。-影薄い。I didn’t notice you there.  – You’re practically invisible.
 もうちょっと明るい色着たほうがいいと思う。I think you should get some brighter clothes.
 そりゃあ、もう、僕の勝手ですよ。That’s none of your business.
 お前、なんか、お前、髭はやしてるな。-え、それは、生えてくるんでしかたないですよ。Hey, what’s with the beard. – It grows naturally. I can’t help it.
 校則違反だぞ。-え、仕方ないじゃないですか。勝手に生えてくるんで。どうしようもないじゃないですか。Facial hair is against the school rules.  – There’s nothing I can do, it grows all on its own!
 お前、あとな、先生と話をするときは、ちゃんと目を見て、話をしろ。Hey! I’m your teacher, look me in the eyes when talking to me.
 お前、何睨んでんだよ。お前、なんで睨んでんの、先生に* *先生に should be 先生をWhy are you staring. Why are you staring at me, I’m your teacher! 
目をそらせよ。Look away!!
 お前なんで人の*話をするときに、人の目を見ないんだ?

*人と話をwould have been correct.
Hey, I’m talking to you. Why aren’t you looking me in the eyes?
 ま、いいや。じゃ、次行くぞ。Forget it. Let’s move on.
 お前、帰国子女らしいな。-うん、そうっすよ。So, you also grew up abroad? – Yes, that’s right.
そう言えば、日本人離れした顔してるよな。-え、そんなことないと思いますが。Come to think of it, you don’t even look Japanese at all. – I have no idea what you’re talking about.
 じゃ、ちょっと、お前、教科書の10ページ読んでみろよ。Read page 10 of the textbook. – Yes, sir.
 お前、ちょっとふざけてないか?Are you trying to insult me?
 俺が今ミサちゃんに説明してたこと、全然聞いてなかっただろ。な。You weren’t listening to what I explained to Misa at all, were you?
 ちょっとぐらいは聞いてたんですけど。I was… a little.
 わしが言う通りに言ってみろ。Repeat after me.
 お前な、英語ははっきりと言わないといけないんだよ。Come on, you need to speak English clearly.
 お前が今言ったのは、、、This is how you said it.
 いいな、なかなかな。That was alright.
 それじゃあな、ミサちゃん、あの、ショーン君とマット君、できが悪いんで、ミサちゃんがお手本を見せてやってください。Misa… since Shawn and Matt are struggling, could you please help them out a bit?
 は~い。Yes, sir.
けんさん、安らかにお眠りください。Ken-san, rest in peace

Related Articles

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

例えば喉の存在を今日知ったが明日、海外に出かける場合

とりあえずはどうする? 例えば喉の存在を今日知ったが明日、海外に出かける場合 DCのかたからご連絡をいただいた。ワークショップに興味があると(Aさんとしよう)。さらに、メーリングリストのかたからも質問をいただいた。忙しく個々の音をカバーしきれていないのだがどうしたらよいか(Bさんとしよう)。 お二人に有効であると思われるのでちょっと書いてみる。前者のかたは、まだ喉を入手されていない。後者のかたは、忙しく個々の音を勉強できていない(3ビートはOK)。あるいは例えば明日に海外に旅行にいくが、喉の存在を今日知った、、、と。 その場合、さすがに50レッスンを今からやるのには遅い。そういう人にも有益だと思われることを書く。とりあえずどうするか、、、という問題だ。以下のことを実践してほしい。 1.外人声ギブスの動画を見て実践(これはNIPONDREAMにリンクがある、、このブログの動画のカテゴリーからもいけるかな?)。てっとりばやく、喉発音をマスター。これだな。 http://nippondream.com/estatus/wordpress/?p=219  2.首の根元あたりで喋るようにする。ただし、首の前のほうだけだと思わないように(そうやると低い声しか出せないし、ぎこちなくなる)。首の底、断面図的に考えた全体と考えてほしい。 とりあえずはアクビエリアとかゲップエリアってのは考えずに、首の底で喋るようにしてほしい。これは必ずしも声を低くしろといっているわけではないので注意。ただし、自然にそうなるのはよい。  Aさんの場合は、とりあえず、上を実践しながら、喉の本を入手してもらい、1月に行われると思う喉セミナー週末突貫工事的編にぜひいらしてもらいたい。Bさんの場合は、ゲップエリアでしばらくしのいでほしい。そして時間があるときに、個々の音をマスターする、、、と。  3ビートはどうだろう。うーん、これはやっぱり本を入手してもらったら手っ取り早い。メーリングリストから連絡をいただいたかたは、3ビートは読んでおられるので、これは心配はいらんだろう。(最近はアメリカの紀伊国屋にも喉が置いてあるようだ。) 上の1,2を簡単に書いたが、これはものすごいことだ。日本国民全員が一挙に深く、声優さんのような声を比較的短時間で手にいれるわけだ。 これまで日本人は外国人の声を出す方法をしらなかった。だから、ボイストレーニング的に訓練することで声を良くしようとしたのだと思うが、声をつぶす、、、という感じになり、たしかにガラガラ声だけど、外人声ではない境地にいたってしまっていたのではないだろうか。 この上の200字にも満たない知識が、職業地図をも変えてしまう可能性もある。声優さんとか、アナウンサーさんとか、これまで生まれながらたまたま声がよい人が、そういう仕事についていたのだと思うが、この二つの項目を読み、ちょっとがんばり、そして喉の50レッスンをがんばってもらうならば、国民が声優声を手に入れるわけだ。 そういえば、アメリカでは俳優さんが声優をしているアニメ映画がたくさんある。あれってどういう意味だろう。日本だと声優さんは声優さんで、俳優さんとは違うカテゴリーに属しているような気がするが、アメリカではすみわけが厳密ではないということかな。声が良い?のが普通だからかな。  喉発音はいわゆるボイストレーニングではない点に注意。似ているかもしれないが、喉発音はあくまでも発想の転換が大切だ。だからトレーニングという感じではない。まあトレーニングといえば、トレーニングだが、応援団的に、何回もとにかく繰り返せばよいというものではない。 ただ、やっているうちに、喉が疲れてきて、脱力の勘がつくということはありえるが、さけたい。喉を痛めてしまう。そういう意味で喉の最初に書いてあることを実践することで、喉発音を獲得してほしい。 なぜ日本語の声は平たいのか、英語の声は深いのか、、、、これを自分の身体をじっくり観察し、考察し、理解しぬくことで得られるのが英語喉である。 頭がかなりがんばらないといけない。  あ、職業地図という表現を使ったけど、これまで帰国子女じゃないとできない仕事がたくさんあったと思うんだけど、そういうのも国産ネイティブができるようになる。 本当に職業地図が変わるかも、、、と思われたらクリックしてください。ブログ人気ランキングです。 http://blog.with2.net/link.php?709532      

知識の考古学 (テイク2)

10月27日に書いたエッセイ知識の考古学(http://nippondream.com/estatus/wordpress/?p=29 )をUPDATEしました。色々メールをいただき、誤解があったことが分かりましたので、もっと正確に思うところを表現してみました。 *** 一体、いつ、英語では単語によって強く読む場所があるという「言説」が誕生したのだろう。私は、この今世紀に誕生したのではないかという仮説を持っている。  確かに、昔から試験では問われていた問題である。会話文をあたえられ、ある文に線が引かれる。そして、どの単語が強調されるかが問われる。 受験生は、そういう問題は、姿を変えた読解問題だということを体験的に知っていた。実際、そういう問題を解くさいは、前後(というか前)の意味を理解したうえで、どの単語が、その文で一番大切かを考える。すると答えがでる。だが、まさか、本当に、英会話において、その単語を強く読むという発想は受験生でもなかったと思う。  今一度、仮説をたててみる。厳密に。 1)       単語によって強く読む場所がある、、、という言い方は確かに昔から存在した(現状確認)。 2)       ところが、実際の会話で、特定の単語を強く読むとよい(そうすると通じやすい)という言説は今世紀に現れたものである(仮説1) 3)       実際の聞き取りで、強く読まれた単語を特に注意深く聞くと、聞き取りがしやすい、、、という言説は今世紀に現れたものである(仮説2)                 実際は、発音が悪いままで、特定の単語を強く読んだところで、悪い発音が良い発音にはならない。また、聞き取りにおいて、どの単語が強く読まれたかな、、、なんて考えている余裕はないはずだ。発音が悪いままで英語を録音をしておき、あとて、人工的に単語ごとのボリュームを変えたら、少し聞きやすくなった、、、ということにはならない。特定の単語を強くよめば、英語がうまくなる、、、という説は正しくない。              少し、寄り道をする。特定の単語を強く読むという発想は、同じ従来の言説空間において、矛盾を起こしている。受験英語、例えば、センター試験においては、「どの単語を強調するか」は、実は、内容把握問題である。意味的に大切な単語が強調される、、、とされている。ところが、従来のアプローチである音声学のテキストにおいては、強勢は単語の役割によって決まるとされる。例えば主語だと強く読むとか。この二つの言説は矛盾しているが、なぜか問題視されていない。                 さて、本筋にもどる。この発想は90年代、あるいは今世紀に入って、形成された言説ではなかろうか。日本に住んでいないので、昔の英語発音の教材を調べることができない。 歴史のある時点で突然新しいことが言われだすことは起こりうる。                ちょうど、日本人が子供の名前をつけるときに、あるときまではXX子とか、そういう古典的な名前が普通だったのに、あるときを境に、西洋人の名前と間違われそうな名前をつけ始めることがあるが、その突然さと同じであろう。   言説の起源はなんだったのか、社会的要因は何か? 90年代は、普通の日本人が東京で下宿をして大学に通うのと同じぐらいの値段で、留学ができるようになった時代だ。私自身の世代である。留学をして、海外生活を長い期間したのだから、当然、発音や聞き取りが私達の世代からは、抜群によくなっていなければいけない。 ところが、そうはならなかった。海外に住んで帰ってきても、私達の世代の発音と聞き取りはそれほど向上しなかった。 この苦悩こそが、英語にまつわる言説をより複雑化させたのではないだろうか。何かがものすごく難しいときに、言説は複雑化し、発達する。  最後に、英語喉・ネイティブメソッドの観点から、ひとつ。上で紹介した言説の背後には、単語を一つ一つみていこうという意思がある。これは、いわゆるASSUMPTIONである。あまりにも、ファンダメンタルなASSUMPTIONであるために、その存在さえ忘れてしまうようなものである。 これには害がある。単語、単語のレベルで考えていると、発音がCHOPPYになってしまう。英語は文全体を一つの単語として読んではじめて、英語らしくなるのだ。例えば、HOW ARE…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar