Skip to toolbar

不規則動詞を分類してみた

不規則動詞を分類しました。このエクセルシートには辞書に載っていた全ての不規則動詞を分類し、載せました。

https://drive.google.com/open?id=1ieLx9oewP6TIjqSioAg0h4zqoP0zK_-B

ワード文書版

https://drive.google.com/open?id=1df3fGdBrRSb-jPDzRQ9LPHZOkC8QcJi_

PDFファイル

https://drive.google.com/open?id=1DzRu127jVF03Amr5DTCwxAZlNXPAzmsT

分類の仕方は以下のとおりです。

原形、過去形、過去分詞形が全て同じ場合をまず覚えます。

put-put-put

cost-cost-cost


過去と過去分詞形が同じ (かなりたくさんあります)

Win-won-won

lose-lost-lost

3つとも違う

fall-fell-fallen

rise-rose-risen

現在形と過去分詞形が同じ (まれです)

become-became-become

come-came-come

run-ran-run

Related Articles

テラカオさん 機関銃英語やってみてくださいよ

テラカオさん(TERRACAO)のBLOGを読んだら、ある日本の女の子が英語のスピーチを読んでるところをさして、言っていることが全然分からないと嘆いてらっしゃった。ここ。 http://d.hatena.ne.jp/terracao/20091124/1259036050 どれどれと思い、私自身が実際のそのスピーチを聞いてみたら、数箇所分かりにくいところがあっただけで、ほとんど分かったし、その中にある冗談も結構笑えた。 テラカオさんとしては、ご自分が聞いて、聞き取りができないから、この女の子のやっている英語指導法は問題がありますという方向で議論されている。 私がその女の子のスピーチが聞き取れたのは、3ビートを聞いているからである。音がややこもっているのと、ぎりぎりアクビエリア発音っぽいのだが、声が上ずっているところがあるので、聞きにくいことは確かであるが、3ビートさえ聞いていれば、分かる英語だ。 そもそも私が日常英語をアメリカの職場で使っていて、電話などで、どちらかというと音が悪かったりすることもあるが、英語が聴き取れるのは、3ビートを聞いているからだ。同僚はアメリカ人だけじゃないので、色んなナマリがあるが、それでも英語が100%聴き取れるのは、英語喉方式で聞いているからだ。 テラカオさんは、この女の子の英語が異常に速い、速すぎると思われているが、そんなことはない。それはシラブルを機軸として聞いておられないからだろう。 例えば THIS IS A PEN. をテラカオさんは thisisapen と聞いておられるのではないだろうか。そうするならば、ものすごい速い流れだ。音がこれでもかこれでもかと流れてくる。10個以上の音がありそうだ。 しかし、英語喉、あるいは機関銃英語をやるならば、音の塊ごとに聞ける。 THIS SIZ ZAP PEN と聞こえるのである。たった4つのヒラガナみたいなもんだ。 すると、機関銃のように聞こえていた英語が、とたんに、のろまな英語になるのである。 だから、一番、驚いたのは、てらかおさんが、この女の子の英語が速いと思われたことだ。普通のスピードに聞こえるのだが。確かに録音の音は悪い。 NKJMさんが、機関銃英語のアマゾンレビューのなかで言われていることを思い出したので、引用する。英語喉メソッドで急に英語がゆっくり聞こえ出した瞬間をたとえをもちいて説明されている。 「変なたとえ話ですけど、「とーぅ…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.