Skip to toolbar

愛国心とは何か(2)

昨日、愛国心とは何かということを書いたが、やはり、日本人の健全なる愛国心を取り戻すには、海外において、

ときに、ちやほやされる
いや、厳密には、平等に扱われる
もてることもある

という経験をする必要があるが、そのためには、英語喉で英語を喋らないと無理である。

昨日はベトナムから来た人達が日本製品に高い評価を示しているということで、私は、いい気持ちになったと書いた。すると自然と日本に対する自然な愛国心が生まれるのだ。

思い出してみると、以前、アパートの隣人の中国人が私と会話したあとで、こんなことを言っていた。

日本は中国をこれまで猛烈に支援してきてくれました。日本の財政的援助のおかげで(いわゆる円借款のこと)中国はここまで来ることができた。しかし、中国人のなかには結構、そのことを知らない人がいる、、、これは非常にアンフェアで悲しいことである、、、と。

これは中国人が私に言ったことなのです。私が誘導したわけでは全くありません。

この中国人の隣人は私と英語を通じて心が通いあう話ができたんです。

あ、この日本人は話が通じるな、心が通じるな、、、と思えたからこそ、私に、そのようなことを言ったのだと思う。

しかし、上のことは、英語ができない日本人の間では、日本人が中国人に対して言うことではないでしょうか???中国人は恩を知らない、、、みたいなコンテクストにおいて。

心が通じ合う話ができたって書いたけど、それは内容というよりも、喉発音で彼と話すことで、なにか、仲間意識みたいなのを感じたのです。

喉の緩み、体のリラックス度、、、などで、日本人でも外国人とよりよいコミュニケーションができる。リラックスしていると、日本人対中国人というスタンスでなくて、人間対人間という感じになってくる。

いや、日本人だからこそ、西洋人だけでなくて、他のアジアの国々とか、また中東の国々をより理解できるということはありえないだろうか????

例えば、中東といえば、西洋との対立で何世紀も来ている。しかし、日本という離れた場所にあり、先進国としての事情も理解できるが、非西洋圏の人間として、中東の事情なども理解できるということはありえないかと思うのだ。

それは、もちろん、日本人が英語喉で英語を話し始めたら可能になるだろうという日本人の可能性だ。

今の段階では全然だめだと思う。

CNNでこの5年、おや10年、20年、30年で、普通に英語を喋って登場した日本人は私が数えただけでたった3人だ。一人はつるみさんという人でCUNYかSUNYの先生で30年ほど前に見た。二人は最近、津波・地震のことで登場したDCの日本人の大使さんと、菅さんのスタッフだけだ。

しかし、同時進行していたリビアの内紛では、普通のリビア人が英語でがんがんCNNで訴えていた。ときには泣き叫びながら。

というと、中東は西洋に統治されてきた歴史があるから英語ができて当たり前だというような説明が、「英語ができない日本人」によって、「日本語しかできない日本人」の間だけで、「日本語だけ」で語られてきた、、、が、、

日本人の発言力のなさは、英語が全く聞こえない、発音できないことからくる。

これを変えていく必要がある。

これを変えるのは、普通の人レベルからだと思う。

Related Articles

HOTELの発音の仕方 従来の説明のしかたと喉パラダイムの比較

たこ焼き村先生が、スペイン語発音講座において、HOTELの発音のしかた、スペイン語のと、英語のを比べていらっしゃる。この機会を使わせてもらい、英語喉パラダイムと従来の指導法の違いを比較してみたい。 たこ焼き村先生のサイト http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktakuya/pronun01.htm の 番外編:英語の hotel とスペイン語の hotel とあるところ。音声ファイルを置いてらっしゃいます。 従来の方法は新しいものではない。私が同志社の英文科だったときに、音声学のクラスで似たことを勉強したとは思う。   先生が説明されているのは、HOTELという単語で、スペイン語のHOTELと英語のそれを比較されているが、私は英語の説明のほうに注目。   先生は、HOTELのO(英語のほう)はオウだとおっしゃっているが、これは、日本の辞書にもそう書いてあるし、私も以前はそう思っていた。しかし、ONLINEのウェブスター辞書には、単にOとされている。 実際には、このOは、オウではなくて、O(オ)だけなのだ。英語喉的には、。喉でOと響かせていうと、日本人が聞くと何となくウっぽい残響感が残る。そのウは、わざと言うウではない。   つまり、オウという二重母音は英語に存在しないということだ。 IPAのパラダイムでは、音を瞬間的にとらえる感覚がある。だからOにちょっと残響感があるならば、それをUだとして表現するのだろう。   次はTの発音。口のなかで、はげしく破裂させる感じは、従来の方法が教えるところである。実際のネイティブはそういう風にしていない。日本人が口の中で激しく破裂っぽくしないとTにならないのは、喉のほうが緊張しているために、首のパイプを楽器として、生かせないからだ。首のパイプを充分響かせておけば、舌のほうは、単にはずすという感じで充分、アメリカ英語のTが出る。   そして、Lの発音だが、先生は、HOTELのLは、舌が上につかないことがあり、舌のおくのほうが盛り上がる、、、と説明しているのだけど、それは事実と違う。それをするとホテウという感じになるが、やはり、実際の音とは違う。Lはウではない。   確かに喉をあけたまま、リラックスさせて、Lを発音すると、日本人が聞くとウっぽい音が聞こえるように思えるかもしれない(暗い感じがするかもしれない)。しかし、それはウといっているわけではない。   実際、文のなかでHOTELを言うとする。THE HOTEL ISとするならば、HOT-TEL-LIZという感じになるのが、その場合、全然、Lが暗い感じがしない。HOTELというと、Lが暗く感じても、HOTEL ISだとそう感じない。…

英語が分かるとはどういう感じなのか?という問い

本日は、よいコメントをよしかわさんと、よしむらさんにいただき、感動しました。ジーナにも伝えておきます。 さて、ふと、NITROさんのBLOGを見ると、英語が分かるとはどういうことなのか?という問いをされている。ちょっとこれをまじめに答えてみたい。 私は、英語喉暦はもう4年?ぐらいになるので、発音と聞き取りでネイティブレベル100%に来ているのだけど、書いたり読んだりすることは、おそらく普通一般のネイティブを超えているのだと思います。仕事で文を書くのは毎日だし、読むのも、日本語みたいに読める。新聞を読むとすると、英語のほうが楽です。書き方がストレートフォワードに思えるので。 <、、というと、傲慢に聞こえるかもしれないが、アメリカで働いていて、英語で苦労しているノンネイティブの同僚にはあったことがない。例えば中国人とかが、会議中に英語が分からず困っているなんてことはありえない。ある程度やっていても、できないのは日本人と韓国人だけである。シラブルの構造と発声の仕組みがあまりに違うのだ。> こういうレベルに達する人でさえ、今後は増えてくるはずですから、このレベルで、英語をどう感じるのか、一体英語が分かるとは何なのか、、、を書いてみます。 いろいろあると思いますが、1つ思うに、言語を取り扱うさいの最小単位が単語レベルであるということがいえるかもしれません。 おそらく、まだ、みなさんは、文などを単位として考えてらっしゃるかもしれない。例えばですが、私は広島出身です、、、という文がイメージとしてあって、それを訳す感じ。 私の感じでは、単語ごとに、しゃべっているという感じです。例えば、上のことを言おうとするとき、まず Iという言葉を言いますが、その後にAMぐらいはなんとなく来ているかもしれないけど、FROM とかHIROSHIMAはまだ頭にありません。 日本語ではこれは普通のことです。 この文章を2秒前に書いたとき、 日本語では、、、と 打ちましたが、その後に何を続けるかはまだ考えていませんでした。 それと同じです。 英語を単語単語しゃべっていて、文法があたかも存在しないような感じです。 文の構造が読むときに大切だといって、スラッシュリーディングとかいうのをやるけど、私のレベルでは(これは日本語と同じだと思うのだけど)、新聞を手にとって、えいやっと、目が合った場所から読んでも意味がわかります。 例えば上の文では、「えいやっと」という、表現をとりましたが、そのことの意味は、別に前とか後ろを読まなくてもわかるでしょう。 それと同じです。(ところが従来は文脈がどうの、とよく言いますよね。そんなもんイランと思いますが。文脈が大切だ、論理が大切だというのは、英語が聞こえていないから、出てくる発想だと思います。) その単語が動詞だとか名詞だとか、全く、大切ではないです。 I HAVE A PENとあったとする。 HAVEだけ見る、、、するとそれはなんとなく、持っている、抱いている、という感じのイメージです。 だから、それを理解するのに、文全体とか、文脈を理解する必要がありません。ましてや、そのHAVEが動詞であると確認する理由がありません。HAVEはHAVEです(よく受験英語でITの用法なんていいかたをしますが、ITはITでしかありえません。実際ITはITと理解しておいて、ぜんぜん、問題なしです)。…

結果を大切にするということ 基本ではなく

どんな知識の分野でも基本が大切だという論調が強い。いきすぎると、新しい考え方やメソッドが受け入れられなくなるということになる。そもそも基本という概念において、間違っている場合がある。 例えば、英語でスペルなど、基本だというかもしれないが、人類の歴史から見ると、スペルというのは、ずいぶん、最近になって現れたものだ。基本は、発音と聞き取りである(ちなみに、発音と聞き取りを分けて考えているのは日本人だけだ。例えば、アメリカでは、発音というジャンルも聞き取りというジャンルもなく、あるのは、例えば、「日本語」とか、「スペイン語」だけだ。その証拠に、アメリカの本屋や、ネット書店には、発音コーナーもないし、聞き取りコーナーもない。アマゾン書店のジャンルには、そういうジャンルがない。だから発音部門で一位という概念がない。) だから、人に、「あなたはもっと(基本)勉強してから出直してください」と言われたら、その分野には新しい考え方が浸透しにくいと考えるとよいだろう。それぞれの分野に、その分野の門番のような人がいる。 さて、ある曲を8チャンネルの録音機で録音してみたのだが、やってみて聞いていると、色んなことを考えた。その曲というのは、これだ。m4aはIーTUNEの形式だけど、普通のPCで再生できるのかな? www.estat.us/blog/ISHST.m4a (ここだけの公開にて失礼) 考えたのは、こういう曲を録音すると結果が出る。結果がでるから、ここをこうしたらいいとか、ああしたらいいとかいうことが分かりやすい。ここをしくじったから、こう直そうとか。 例えば、高校の授業などで、課題を曲を録音する、、、としたらどうだろう。すると、いろんな技能を駆使しないといけない。録音にしても、音にエコーをかけるかどうかとか、歌はどういう風にするかとか、後で聞いてみて、ここはこうしたほうがよいんじゃないか?とか。CDに入れて、ジャケットなんかもデザインするだろう。 そう考えると高校時代は、本当に恵まれた環境であった。まわりにヘビメタがたくさんいたし、竹原市に木原楽器という音楽店があり、その木原楽器さんが、「元気ライブ」と称して、高校生などに、音楽表現の機会を与えてくれていた。本当に感謝したい(http://www.kiharagakki.co.jp/freepage_20_1.htmlに写真があった!)。スタジオがあって、そこでものすごいレベルの高い高校生のバンドが練習していて、泡をふくほどであった。 逆に、学校では、基本、基本ということが多くないだろうか?部活でもそうかもしれない。  基本、基本ということばかり言っていると、日本の中学などでは、口を大きく開けてうたえぐらいで、とまってしまわないだろうか???? 10年ぐらい前から仕事として、アメリカの教育、それも教育改革を評価する仕事をしているのだが、アメリカには色んな教育の工夫があって、それを試して、そして結果がでたかどうかを評価する。 そういうのを今まで見てきていて、思ったのだが、日本の制度って、そういう変わった教育改革的授業をとりいれたりする余裕がゼロ???中学、高校レベルで、うちの学校では、国語を教えるのに、メソッドAを使います、、、なんて不可能のように思う。 10年ほどまえに、メキシコとの国境上あたりの高校にリサーチに言ったら、当時、最新鋭のマルチメディアの授業とかあって、メキシコ系の高校生たちが、グループになって、課題に取り組んでいた。課題というのは、番組をつくったりすることだ。 今日のタイトルにもあるが結果をだすということだ。 その当時、思ったのは、しかし、先生の指導がいきとどかないんじゃないか?ということだ。一人しかいないのだから。例えば、ある子が、もくもくと作業をしていたのだけど、それは、映画みたいなのを作っていた。そして、先生は軍隊をリタイアした人で、その先生いわく、「この子はもくもくとやっていて、たまに質問はあるけど、ほっておいても、よいものを作っているよ」と。 それを聞いて、私が思ったのは、当時だけど、「それは教育じゃないだろう」と。 しかし10年たってみて、やっぱり、その子が結果を出そうとすることで得たスキルなどが、現在のニーズにあっているだろうということだ。だって、アーティストで仕事を探すと、やはり、そういうマルチメディアのスキルがいる。イラストが描けるだけでなくて、それをアニメーションにしたりできないといけない。 結果を追求していると、それに必要な技術などが見えてきて、そしてそれをマスターしてしまうのだ。さらに、やっているうちに、問題を解決できる勘みたいなのがついてくる。 ちなみに、私が見た高校は、本当に貧しい地区にあったのだけど、恐ろしいようなほどの機材があった。なんでも、寄付だったみたいだ。 おそらく日本人論の人達によれば(例えば、国家の品格の藤原さん)、改革、改革というのは、おかしいと言うだろう。しかし、やはり、グローバルで求められるのは、問題解決能力だったりする。そして、それは実際に、結果を出しながら、育てていくものだと思う。 そもそも、日本人論者のかたがたは、もう永久就職ができている人ばかりだと思う。だから、言っていることがやや悠長だと思う。 先日、NHKを見ていたら、インド人の親が出てきて、東京に住んでいるのに、日本の教育では将来が危ぶまれるので、東京にいながらインドの教育を受けさせている、、、とのこと。 実際、先日のセンター試験をみたら、私の頭に浮かんだ最初の言葉は、「ふぁっくゆー」であった。正直いって。正直いって。だって、社会とか歴史のテスト。会話形式で、あたかも、教育的に豊かな感じの雰囲気だけど、会話形式にする理由は全くなく、些細な暗記テストだ。 現国もそうだ。ある箇所をさして、その意味を問うような形式だが、意味を問わなければいけないような文自体、悪文であり、教育の場にはふさわしくない。わざわざ試験をつくるための形式である。 こういうのを基本と呼ぶのだろうか?…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.