Skip to toolbar

3人有料スカイプレッスンで教えた成果を報告する

さて、昨日は突然セミナーで一人、そして今朝はお二人をスカイプセミナーで教えさせてもらったのだが、成果を報告する。両方とも有料であった。

ちなみに、突然セミナーは2時間の告知のあとに、応募していただいたのだが、内心、誰も希望されなかったらどうしようと、はらはらしたことは正直に言っておきたい。今後も、突然するセミナーもあるかもしれないです。

さて、うれしかったのは、皆さん、英語喉をすでにやられていたのにもかかわらず、私との1時間、1時間半で、向上が見られたという点だ。以下の点で向上が見られた。

1.CHOPPYさがなくなり、スムーズかつ、ゲップエリア発音が定位置になったこと。
2.音の前半をゆったりと出すということができるようになった。
3.Rの発音のときに、皆さんなぜか、微妙にアが入っていたが、それを抜くことができた。
4。ORの発音も同じ。例えば、DOORが私の感じではドーって感じなのだけど、ドアーって感じになっていたが、直った。

3と4に関しては、MASAさんを教えたあたりから意識しだしたことだ。それ以前は、私自身、指導の対象としてキャッチできていなかったかもしれない。

それにしても、ジーナの発見というか、観察力はものすごいと思う。ORとERの発音で、OとかEは半分から発音しましょうという点。日本人はアを入れてしまうというのを知っていたのだろうか、、、。あのチャプターを実際に書いているとき、私にはわけがわからん状態で、とにかく、ジーナが言うことを忠実に日本語に訳すのみだたのだ。

さて、皆さん、教科書的には完璧になったが、会話になったとたん、まだ浅めの問題が出たので、それをさらに直していったら、同時に、スカイプでみえる様子が外人化していくのがとても面白い。

あと、うれしかったのは、1時間の授業で、聞き取りの向上されたことだ。CNNを聞いてもらったが、やっぱりゆっくり度が高まったようだ。

次のことをちょこっとやってもらうのだ。

日本語は速い言語だ、、、とヒラガナごとに手を打つ。
英語は遅い言語だ、、、とシラブルごとに手を打つ。

そして、そのいきおいでCNNを聞いてもらうと、ゆっくりになっている。

日本語が速いのだ、英語が遅いのだと最初に、具体的に指摘されたのは、NKJMさんだった思う。外人が例えば着物と発音するとき、「き~もお~のお~」という具体にのろま発音になる。

無意識であったものが、あの瞬間に意識されるものに変わったのだ。

感謝しても感謝しきれない。また私がそれをネットラジオで言ったとき、KATSUさんが、その部分に感銘をうけたとコメントされていた。私がそれを言ったときは、あんまり考えずに発言したので、そのKATSUさんのコメントがなかったら、実際に練習法にとりいれるにいたったのかは分からない。

そしてちょうどそのころ、天下一品ラーメンをお土産にDCにこられたかたがいて、その天下一品ラーメンのつくりかたを外人風の*ゆっくり*とした(3ビートの)日本語で録音して、リスニング教材としたら、あのあと女性の方が2,3人、その音声で、3ビートが聞こえ出したとおっしゃった。

こんな感じで英語喉のコツパラダイムが洗練されていくとよい。偶然の連続なのか、あるいは運命なのか???

知らないあいだに、以前使っていたコツを全然つかっていない。例えば、前、「同級生と思って下さい」という言い方でリラックスしてもらおうとしていた(そして失敗していた)。今は、そんなこと一言も言わなくてもゲロプッシュしてくださいでことがたりる。

ゲロをする感じで押すと、体のほうに関心がいき、その結果、顔、口から緊張がとれる。日本人だって、げろ~~~と嘔吐しているときは顔が無表情だ。生物学的、生理的に考えて、ゲロをするときには、顔の筋肉が完全に無力になるのだろう。

さて、3人とも、3ビートはすでに理解されていたので、そこに時間をとられなかったのがよかった。

今後、セミナーに参加されるかたで、特に初心者のかたは、英語喉の3ビートは理論的に理解しておいてほしい(そのぶん時間がうくので)。前半の喉発音に関しては、あまりがんばりすぎても、できないものはできないので、こだわりすぎず参加してもらうといいと思う。

いつもしているアドバイスだが、以下の二つも、フリートーキングで英語を喋るときにした。

1.長い単語のときに2ビートになるのを気をつける。長い単語でもシラブルに還元して考えると、短い単語のIFとかISと同じだ。発想を転換しよう。シラブルごとにゆっくり発音するとよい。

2.今まで何度も使ってきた表現など、あまり速く喋らないこと。一語一語出すことです。じゃないと、速すぎてシラブルのつなぎめが分からなくなります。

スカイプレッスンのうれしいのは、すでに英語喉をやっている人に教えるので、感動まで共有できてしまうことだ。

1時間の予定が1時間半とかに延びてしまうのだった、、、。

以上です。

Related Articles

英語喉原理主義の薦め (聞けて言えるが最初)

喉セミナーご希望のかたは、メールくださいね。 さて、さっき、自動車でスペイン語のCNNを聞いてびっくり。言っている単語のほとんどが理解できる。音が聞けるのは当たり前だけど、意味までだいたい分かった。それも麻薬取締りに関する会議のニュースで硬派な内容だが、理解できた。 文法は勉強していないし、語彙も別に勉強していない。そもそも辞書も所有していない。引越ししている間になくなってしまった。 しかし、毎日、アパートの掃除をしている人、カフェテリアのレジ係りの人とスペイン語をちょっとづつ喋っている。それだけだ。なのに、CNNを聞いて音が聞けるどころか、理解さえできてしまうのだ。 気づいてみると、耳に入ってくるスペイン語のニュースの半分ぐらいは英語の語彙にとても似ている。そしてその半分?が日本語でも使われている外来語だ。例えば、麻薬は英語ではドラッグだが、スペイン語ではドロガである。さらに、ニュースで使われている単語で、英語の語彙に似ていない単語は、日常、私が使っている簡単な単語と同じだ。 毎日、単純な会話をしていると、単純な動詞などの使いまわしがネイティブの使いまわしに近づいていくのだろう。同時に、英語の単語に似ているスペイン語の単語も、なぜかすんなり聞こえてくる。英語でドラッグという単語を知っていれば、スペイン語に慣れてくると、ドロガと聞いたとき、なんとなく分かってくるのだ。 だから、なぜ私がスペイン語がわかるのかには、ちゃんとしたメカニズムがあるのである。 特に近年、スペイン語がみるみる上達したのは、3,4年前に大家さんが、エルサルバドルに人だったからだが、スペイン語しか喋れないおばあさんとかと一緒にしゃべったり、テレビを見ていたからだ。その間、辞書も文法書も所有していなかった。 やっていたのは、聞いたことを元に、文法を頭のなかで、使える形で構築していたのである。 このやりかたこそが、英語喉原理主義である。MASAさんが、実践しているのと同じだ。 今、ちょこっとスペイン語でアドリブしてみました。スペイン語学習語りながら、自分で音声UPしないのは変なので(間違いがあるけどプロじゃないから許してね、、、車の中でというときENTROと言ってしまった、、、~の中ではDENTROが正しい、、、他にもあると思うが)。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_14_2011d.MP3|titles=kaz_09_14_2011d] 直リンの場合はここをクリック 皆さんのなかで、このやりかたに踏み切れていない人は、今日からでも始めてほしい。英語を実際にネイティブと喋るのである。とりあえずはSKYPEをインストールしよう。私はそもそも大学のときから、やっていたことだ。当時はネットはなかったが、留学生がたくさんいた。当たり前のように英語を喋っていたのである。 先日、有料で教えさせてもらったが、その後、ボランティア的にフォローアップしているかたに、英語喋ってみましょうかと言って、最初に出てきた英語が、3ビートをあまり意識していない英語だった。 そこで理由を聞いてみると、とにかく英語を速く喋らないという焦燥感があるということだった。私も経験がある。口発音時代は、ネイティブが速く喋っているという勘違いをしていたので、私も速く喋らないといけないと思っていた。 しかし、それ以上の理由があるのではないか?発音、聞き取りがまだ定着していない場合、頼るものは、本の知識だ。語彙とか、文法だ。頭の中でまず考えて、それを言い出す、、、という感じで、アドリブ英語になっていない。その場合、速く言ってしまうのではなかろうか? ゆっくり、その場、その場で単語をつなげるのが本当の英語だ。アドリブ英語である。ただし、ひとつひとつつなげていくからといって、音がぶつぎりになってはいけない。 しかし、ゆっくり単語を出していくのである。この練習は、ネイティブと実際に話すという経験に基づいてのみ、身につけられるものである。 文法、語彙、熟語のいわゆる「勉強」をしている人には、逆に、このアドリブ英語は喋りにくくなると思われる節がある。それは、そういう勉強をしていると、どうしても頭のなかでいったん、言うことを決定してから、それを読み出す、、、頭のイメージで読み出すということになるから、ものすごい緊張するし、発音どころではなくなる。内容も硬くなりがちだ。 これで外国人と心と心のコミュニケーションは難しいのである。 もちろん、文法、語彙、熟語などの勉強は大切だが、やりかたが肝心だ。すでに基本は中学、高校でやっているのであるから、やり直すような文法はない。やり直さなければいけないような難しい文法はないと思う。 難しげに聞こえるニュースの英語だって、あれは、単にWHENとかIFとかBECAUSEとかの節によって、文が長くなっているだけで、文法的には単純だ。単純じゃないと、聞いていて分からなくなる。 勉強の仕方は、あたって砕けろ式が望ましい。とにかく、ネイティブと話してみる。相手が日本語を勉強しているのなら、日本語になったっていいのだから、英語が完全でなくてもよいのだ。 そして、喉発音で心で通じてみる。言語以前の段階として、この人は同じ人間だというレベルに立つのである。…

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀

今日のトピックの一部を読みながら、即興英語で言ってみました。 http://www.nippondream.com/file/kaz_08_03_2011.mp3 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_03_2011.mp3|titles=kaz_08_03_2011] 実は、数ヶ月前から書いて見たいトピックがあった。それは「ちょっとだけ難しいほうを選ぶ」ということについて。 その前に、新しいコーナー、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」です。米国コンサルタント会社勤務の日本人サラリーマンのuさんが、昨日、通勤のため電車に乗ったところ、目の前の黒人青年の左腕に以下の刺青をしているところを発見しました。 「恐い」 なぬ~~??「恐い」と書いてあるのです。おもわず、じ~~~と見てしまいました。 アメリカ人が漢字で刺青を入れているのは普通ですが、普通は、漢字だけです。例は新活とか、わけのわからない組み合わせですが、uさんは、普段だと「日本語だと意味を成さないけど、たぶん中国語であるのかも」と納得するのですが、今回は 「恐い」 と、どう考えても日本語の「い」が書いてあります。 「すみません、その(恐い)という言葉の意味をあなたはご存知なのですか?もしかして、あなた、俺は恐ろしいぞ~という意味でそれ彫りました?じゃなくて、恐いは、scaredと言う意味ですよ。あなた、もし日本に行ったら、周りに大笑いされますよ。それでもいいのですか?あなたは、恥をさらすことになるんですよ」 とuさんは、心のなかで言う練習をしましたが、その青年がちょっとだけ恐い感じがしたので、実際には言いませんでした。 uさんが、よく見る漢字の刺青に「力」があります。しかし、uさんには、まず、それはカタカナの「カ」に見えてしまうのです。「ちから」じゃなくて。でも、この場合は、中国語とすれば、「力」以外の何者でもないですから、納得が来ます。 以上、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」コーナーでした。 さて、ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀ですが、何かをするときに、二つ選択があるとすると、ちょっとだけ難しいほうを選ぶとうまくいくのではないかということです。 私は、これを実践しているのです。というのは、人生を振り返ったときに、楽なほうばかり選んだのではないかなという思いがあります。ただし、楽なほうは、世間的には、大変だと思われていることが多い。 例えばですが、「暗記」というのは、世間的には、楽じゃないと思われている。でも、実際は楽です。考えなくてもいいから。逆に難しいことというのは、例えば、英語だと、ネイティブと喋りながら頭のなかで文法や語彙を自分のものにしていくことです。 これは、ちょっとだけ難しいでしょう。勇気がいりますし、本当に使える表現を自分で選ぶ必要があります。 中学校のときに、級友にたたかれていたことがあります。小学校のときから、いきなりたたいてきたりする人がいたので、その延長でした。 しかし、それは、小学校のときからよく知っている級友です。中学校で、他の地域の知らない生徒がたくさん集まったわけですけど、やはり叩いてくる奴がいるのですが、その場合は、「なんでお前にやられる筋合いがあるのか?」と思いますから、まず叩いてきた段階で徹底的に反抗が起こります。 いじめっ子達は、たたいたときに、反抗するかをチェックしているのです。 大学の1年生のとき、知り合ったばかりの級友が、会うたびに「巨人の桑田に似ている」と言ってくるのです。からかう感じで。そのときは、彼の胸倉をつかんで、ぶち切れてしまいましたが、それで、彼はそれを言うのをやめました。お前のことあまり知らないのに、なんで、そんなに大きく出てるの?という疑問だったのです。結構、楽でした。全然、勇気がいらなかった。一発でカラカイが止まりました。全然勇気がいらなかった。しかし、これが正しい行動だったのかな~~。疑問が残ります。 小学校のときからたたかれている場合ですが、これは反抗しないほうが、楽だったのです。その人には、家などの位置も知られているから、まちぶせなどされたら終わりです。だから、その場をしのぐために、がまんする。 がまんするというのは世間的には難しいと思われているけど、実は楽なのです。短期的にはね。 しかし、知らない奴がたたいてくると、これはその場で反抗するほうが、楽です。ほっておくと、大変なことになるでしょう。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. かずさん、

    先週の金曜日に、指導されて以来、「2.音の前半をゆったりと出す」というところを気をつけて話しています。その後、旅行会社への確認の電話などがスムーズにいくのを感じています。いわゆる、文法は間違っている英語でも、聞き返えされませんでした。また、今日会社で、あまり知らなかった、同僚と会話を続けることができました。今までは、2言3言挨拶するくらいでしたが、今日は、彼女
    の趣味まできくことができました。非常に興味深かったのは、彼女が趣味の話を始めた時、低い声に急に変化したことです(中森明菜風)。いつも、表層で挨拶をして、2言3言でスモールトークがおわっていた時は、その女性いつもは甲高い声で「おはよう!元気?」(英語)といっていたのに。旅行でもっと腕をみがいてきます!

    Kenji_Y

  2. KENJIさん、このコメント最高に面白いです。そう!そう!と思ってしまった。

    THE HILLSというドラマの再放送をやっているのだけど、アレをみると、アメリカ女性の喋り方がよく分かる。

    挨拶のときは、おおげさに言うので声がうわずるかもしれないけど、普通の友人同士の会話はがくんと低くなるし、完全なるカエル声です。

  3. チェックを送りました。今後もよろしくおねがいします。