名づけてゲロプッシュ

今日は、スカイプで教えさせてもらう機会がありました。それで、Mさんが、参考になったと言われた点、これはすでに書いたことがあるのですけれども、皆さんにシェアしたいです。

ゲロ的なプッシュ、、、というのは、声が小さくなる、シラブル間に隙間ができる、、、というのを防ぐことができます。げろをするときに、胃の方から押す感じのプッシュ、、、ゲロプッシュでしょうかが効きます。

喉をリラックスするんじゃなかったの?とおっしゃるかもしれませんが、ゲロプッシュって必ずしも力むってことではないと思います。ゲロをするときは、食べ物を逆流するわけですから、喉を閉めてしまっては、ゲロができません。

ゲロプッシュというのは、今、思いついた言葉です。ゲロプッシュを教えるだけで、なぜか、緊張感がとれます。だから、これまで何回も繰り返していたことを言わなくてもよくなりました。

きっと、ゲロを意識すると、意識の焦点が顔から胸?みぞおち?のあたりに移動する、、と。すると、顔が自然とリラックスする、、、のかな?

すると顔も目が死んできて、「外人」っぽい顔になってくる。

以前は、私を同級生と思ってくださいとか、なれなれしい感じにしてくださいと何回も言っていたのだけど、ゲロの感じで、、、だけで、全てが解決してしまう、、、。

ゲロプッシュ万歳!

ゲロプッシュって、実践でも使いやすい。ネイティブも明らかにゲロプッシュをしているから。笑いそうになってしまいます。

体のなかの根本的なプロセス、それも外から見えないものって、本当に言葉で説明しにくいですよね。

でもゲロプッシュは最初から言わないこと。最初から言うと、逆に、りきんでしまう。リラックスをまず教えておいて、そして、声が小さくなってしまうところ、あるいは、シラブル間に隙間ができるのを見つけたときに、ゲロプッシュを指導すると効果がある。

しかし、あれですね。テレビでアメリカ人の歌手の歌を聞いていると、本当にカエルが歌っているみたい。でも、それがまたいいんですけどね。SUGARLANDって歌手がいるんですけど、いいですよ~~。

YOUTUBEでゲロしながら喋る人いないかと思って探したら、全然違うのだけど、SPEAKING IN TONGUESというテーマにぶちあたった。アメリカの教会で、やや極端な信仰を信じる人達の間で、信仰の途中に、信者が、なにか全然普通の言語で突然話し出したりするのです。神がそうさせているということらしいです。

しかし英語ネイティブは、そのときも3ビートなのです。当たり前かもしれませんが。

http://www.youtube.com/watch?v=5SkLKJwzRlU&feature=related

英語喉をやっていれば、音としては聞き取りできますよね。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

日本人の英語を真似しているネイティブを返り討ち(笑)???

喉でやれば、通じるのだが、口発音の場合、かなり無理がある。ネイティブのコメントも、日本人が口発音だから苦労しているのだという視点がないので、めちゃくちゃだ。 この人は、日本人英語をしゃべっている外国人。かなりうまい。しかし、彼が喋る日本語は、外人なまりだ。これ不思議。日本人英語はかなりうまいのに、日本語はちょっと外人なまり。意味分かる?

気持ちは分かる メソッド色々(YOUTUBEより)

個人的、喉的にはこれ(1番目)が一番面白かった(前にも紹介した?) * 「L」 と 「R」 発音練習(ネイティブ) http://jp.youtube.com/watch?v=MoS1pSf3SBw&feature=related こーら、喉の響き、その場所の違いやないかい。本人も口のことはよくわからんと認めている。犬がうなっているような感じだったらRRRRで、そうじゃなかったら(ややクリアな感じ、口の中にフタがしまってそれが開く感じ)Lというのがよく分かるねえ。これ、すごく分かりやすい。皆さん、分かる?これは面白い!

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズ先生、こんにちは。
    日本は現在、日曜日の昼間であります。

    ゲロプッシュという言葉は、私のように英語喉の練習経験のある者には違和感が少ないですが、初心者には言うのは避けるべきでしょうね。
    ゲロプッシュとは、喉から力を抜いて、お腹(特に下腹部分)に力を入れて声を出すということではないでしょうか?

    カラオケなどで人が歌うのを聞いていると、歌の下手くそな人ほど、喉に無理な力を入れ力んで歌います。その結果、金切り声のようなキンキンした気持ちの悪い自己満足的な声になっていますね。
    歌の上手な人ほど、喉から力を抜いてお腹に力を入れてスムーズに歌いますね。喉から力が抜けて、肺から突き上げる空気の気圧が強くなるので、喉内の声帯が大きく振動するのでしょう。

    これは英語の場合だけでは無いと思います。日本の歌でも同じではないでしょうか?
    北島三郎が歌うのを間近で聞いたことがありますが、彼は口で歌っているという感じが全くしません。お腹から声を出して歌っている感じでした。
    演歌歌手でも、喉からでなく腹から声を出せと言うそうですね。
    サブちゃんは、喉から下腹までが繋がった一本の楽器のようにして歌いますね。

    ではまたね。