音楽と英語

小学校に入る前から、音楽教室というのに通った。母や、おじいさんにバイクか自転車で送ってもらっていたと思う。記憶は薄いのだが、オルガンでメリーさんの羊だけは弾いたが、その最後のときに、先生が、「メリーさんの羊しか弾かなかったと指摘したような記憶があり(本当かどうかわからん)、え?でも他の曲弾けと言わなかったのに、、、と5歳ぐらいのときに思ったような気がする。グループ指導だったのだが、子供にとって、文字通り、他の曲も弾いてと言われないと分からない。

次の音楽の思い出は小学校の4,5、年ぐらいだと思うが、ウクレレを買ってもらった。教則本も買ってもらい、にらめっこしたのだが、コードの意味が分かるのに、2,3日かかった。あ、そうか、左の指で押さえておいて、右手でジャーンと弾けばよいのか、、、と。じゃあ、最初から言ってくれればいいのにと思ったのを覚えている(その後、シカゴの大学院でSASプログラミングを始めてPROC MEANSの意味が分かるのに2日かかったことに似ている)。

どちらも、じゃあ、最初っからそう言ってくれればいいじゃないかということだ。自明でなかったのである。子供にとって、ギターを弾くということの意味が、2日ぐらいがんばって分かった。

その後、子供用のアコースティックギターを買ってもらったのだが、これは、なかなかうまくマスターできなかったが、後で考えると、弦圧が高すぎて、子供の指には痛い、痛い。

中学でエレキギターを買ってもらい、そこからは、水を得たような魚であった。思うに、TAB譜というのが腑に落ちたのだと思う。TAB譜というのは、横線が、ギター弦の6弦に対応している。そして、その上にふられた数字は、何譜レットめをさすかを示す。

特に当時、ヴァンへーレン、AC/DC、LOUDNESS、OZZY OSBOURNEで出会うことができた。さらに、そのギター譜が、当時のギターマガジンだったか、プレーヤーだったかにのっていたのだ。自分の知っている曲でタブ譜を見ながら曲を一曲、一曲コピーしていく。やっているうちに、音楽のシステムが分かってくる。

当時のヘビメタで私が感謝するのは、ヒット曲が押し寄せてくる+音楽誌が楽譜を掲載してくれる+地元の楽器がライブの機会を与えてくれる+学校にいけばライバルがいる+近くの高校にも化け物のようなバンドがいる+ベストヒットUSAを見る、、、(小林克也氏のかっこいい英語を聞く)、、、という風に、あちらからも、こちらからも、学べる、楽しめる機会があったことだ。

英語学習に関しても、こんなインフラがあったらいいなあ!日本にはありそうで、ない。インフラになりうる英語喉コミュニティーの発展を願う。

ジャーニーをコピーしているころに、あ、こういうことかとピンときた。メロディアスなソロがよかった。さらに、セパレートウェイという曲では、なるほど、E単調だと、開放弦が使いやすいことに気がつく。AC/DCやVAN HALENも、開放弦が使いやすい調の曲が多い。

おそらく最も数多くコピーしたのは高崎晃氏のギターだと思うが、おそらく彼が世界最高のギタリストではないかと思う。エディーバンへーレンなどを総合的に見ると超えているように思える。もちろん、ランキングにはあまり意味がないのだけど、あえて言うならということです。

中学だったか高校だったかでヒロシマ市の郵便貯金ホールで見たコンサートは、LOUDNESS2回とマイケルシェンカーグループ。特にLOUDNESSがよかった。LOUDNESSの魔界転生のテーマから、ミラーに移るときの盛り上がりがすごかった。

とどめをさしたのは、イングウェイマルムスティーンというスウェーデンのギタリストで、当時、アルカトラスというバンドに参加していたのだけど、ヒロシマモナムールでノックアウトされてしまった。その曲を懸命にコピーしているうちに、なるほど、このようにしたらよいのか、、、というのが理解できた。さらに彼の影響で、クラシック音楽からも聞くとよいということだったので、ビバルディとか、モーツアルトとかを聞いて、そのメロディーラインをギターで再現する練習などもした。しかし、これは微妙に役にたったのかよく分からない。

OZZY OSBORNEバンドの故ランディーローズの曲を聴くたびに、ランディーローズの若き死をまだGET OVERできないと感じるのは普通ではなかろうか。彼は2枚しかアルバムを残さなかった。

2007年にDCにてついにVAN HALENのライブを観た。さらにAC/DCも近年2回みれた。

AC/DCを見たときは、アンガスヤングのギターを聴きながら、彼のやっていることを自分もおもわず再現してしまう自分がいたのだが、やはり彼のスタイルの影響は大きいと思った(というかコピーしやすい、、非常に感覚的なブルースを基調にしたロックだ)。

おっさん、ありがとう、、、と思いながら鑑賞した。その尊敬するおっさんが、大観衆の前で服を脱いで最後にはパンツを下ろしたのにはおどろいたが、、、(THE JACKの演奏をバックにだったと思う)。

さて、英語の話に移る。昨日、AC/DCの楽譜を買ってきたのだけど、歌詞を読みながら、うーん、でもシラブルをちゃんとして歌うのはどうしたらよいか?と思っていたのだが、今まで見えていなかったことにきがついた。歌詞がシラブルごとに分かれているのである。

そこにあるのに見えなかったものってこのことだ。

例えばだけど、

For those about to rockという歌詞だと、

For those a-bout to rockという風にシラブルごとに分割してあるのだ(ABOUTのとこ注目)。そして、その数が音符の数に一致している。

これが今まで見れなかったのは、英語には1シラブル語がたくさんある。だから、上の例で顕著だけど、単語ごとに書いてあるように見える。

でも、気づいてみると、シラブルごとに分けて、歌詞が書いてある、、、それがバンド譜だ。

今まで気がつかなかった。

VAN HALENのWOMAN AND CHILDREN FIRSTからの一曲。

http://www.youtube.com/watch?v=iotqohL6E5w

あ、そうだ、これらの音楽に感謝したいことがある(前にも書いたけど)。同年代のアメリカ人と話が会うことである。日本ではヘビメタは、ヘビメタ好きの人だけって感じだったけど、当時、80年代のアメリカはメタルが大流行していたらしい。だから、アメリカの同年代の好きな曲を私も知っている。今はクラシックロックと呼ばれている。

私は、デーブロス(VAN HALEN)のポスターを高校のロッカーの中に張っていた、、と言った同僚がいたんだが、あ、その同じポスター、わしも持ってたわい、、と思った(レコードについてきていた)。日本とアメリカで同時進行して流行っていたのだ。

そういう意味で、小泉首相はプレスリー好きで、アメリカ人の政治家などとも、通じることができたのではないかな。最近の若い世代は洋楽を聞かないと聞いたけど、すると、ちょっと違った経験を今後するかもしれない。

一番、好きな曲は?と聞かれると、なぜかガンズ&ローゼズのパラダイスシティーかなとか思う。

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

ヘビーメタル入門

最近、朝、出かける前に、VH1で音楽ビデオを見ている。すると、テイラースウィフトの15才という歌などが、何回もかかる。そこで気づいた。確かに、良い歌だが、私にとってはどうでもよい歌詞だ。 男性歌手の歌なども、ラブソングは、その歌を歌うことで、その男性歌手たちが、女性にもててやろうという魂胆の歌である。決して、それを聞いている男性リスナーの得になるようなことはない。

「英語教育の明日はどっちだ!」松井孝志氏の三省堂英語教科書クリティークのレビュー

ブログ「英語教育の明日はどっちだ!」の松井孝志氏が、三省堂さんの英語教科書の内容をクリティークされていたので、実際の素材を見てみると、松井さんがおっしゃっているほど、悪くないと思ったので、三省堂さん擁護というわけではないけれど、クリティークのクリティークを試みてみます。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 私もガンズのパラダイスシティーが好きです。

    カラオケで歌うと、間違いなく失敗しますが(苦笑)

    カズさんの高崎晃のコピー、いつか聞きたいです。