かっこいい日本を目指そう

昨日、またしても映画を見たのだが、それはグリーンホーネットという映画で、二人のヒーローのうち、運転手役が「加藤」という名の東洋人で、これがものすごくかっこいい。自動車を改造して、もう一人の、どっちかというとずっこけたヒーローと一緒に町の悪い奴らを退治する。自分たちも悪役のふりをしながら。

http://www.sonypictures.com/movies/thegreenhornet/

加藤と言う名前だといったけど、ケイトーと発音されていて、また上海出身ということになっているので、わけわからん。役者は中国人だけど、これって、日本人がやってもよかったのだろうと思うけど、通じる英語が喋れる日本人がいなかったということではないか?

これは本当に屈辱である。メモワールオブゲイシャでさえ、中心の女優は中国人が日本人のふりをしてやっていた。キルビルに出てきた中心の女性3人の一人は、日本人の名前をもった人だけど、それも、中国系アメリカ人がやっている。

それは日本人を使うと英語が通じにくいからである。

もちろん、渡辺謙氏なども活躍している。渡辺謙氏は、なんと日本的なる映画だけでなくて、普通のアメリカの映画(インセプション)に登場するまでになっている。これは革命的である。

それは、渡辺氏が、少なくともアクビエリアで発音しているから英語が通じるということである。これが、ゲップエリアまでカバーするとなると、今度は、本当に、アメリカの映画やドラマで必ずしも日本人役でなく登場することになる。ゲップエリアを使わないと、あ、い、う、え、お以外の音が出せないから、役が限られてしまう。

さらに、渡辺氏は素晴らしい演技を見せているが、他の普通の日本人の俳優さんは、体が硬すぎて、西洋のドラマに登場するのは不可能である。顔以外の体の場所で演技がしにくい感じだ。さらに、声を大きくする小さくするでしか感情表現ができない。これは姿勢、そして日本語の根本的な発声のメカニズムのせいであるが、英語喉の4章、5章を読んで練習してもらえば、克服できると思う。

さて、グリーンホーネットの加藤(けいとー)がとてもかっこよかった。自動車を改造し、びゅんびゅん、うならせて問題を解決していくのである。中国人アクセントがあったが、あれはわざとやっているのではないか?

http://www.youtube.com/watch?v=mPDGk0gpWG0 (2分ぐらいからこの彼が喋るが、通訳に頼りつつも、シラブルの正しい英語を喋っている。微妙に喉発音だが、口発音の要素も残っている、、中国語なまりはわざとやっているのではないようだ。)

以前、三羽氏が、苫米地 英人氏の発言をこう引用されていた。渡辺氏がハリウッドで活躍できるのも、日本語なまりがあるからである、、、と。

私は同意できない。ゲップエリアを征服すると、日本語なまりだろうが、フランス語なまりだろうが、なんでもマネができるようになる。そうすれば、英語がネイティブと同じであったとしても、もちろん、日本人として役をするならば、日本語なまりをつかえばいい。NYの刑事としてドラマに出るならば、ニューヨークのなまりでやればいい。

苫米地 英人氏がそういう感覚をもたれるのは、おそらくご本人が英語になまりがあるからだと思う。3ビート、喉発音など完璧に近い苫米地 英人であるが(YOUTUBEでみた)、それでも口のなかで舌が活躍されている感じなので、それが微妙なるレベルの日本人なまりになっている。だから例えばTHの発音などがザになっている。これは、楽天の三木谷浩史社長と同じかんじであった。もちろん、この二人の人の英語はネイティブ並みだ。舌が活躍されている感じがするので、口発音の要素が少し出ると言うことだ。

しかし、これをゲップエリアを使うならば、どんな音でも出すことができる。だから、なまりというのが絶対的に刻み込まれたという感覚がしなくなるのだ。それができると新しい世界が広がる。

私は、例えばスペイン語で、会社のカフェテリアで食べ物を買うときは、Sを微妙にあまり発音しない感じの、エルサルバドルアクセントみたいにして喋る。でも、相手がメキシコ人だったら、クリアに喋る。使いわけているのである。どこまで正確にできているかはわからない。

皆さんも、ぜひ機会があったら、グリーンホーネットをみてほしい。あれに登場するかっこいい加藤(けいとー)のように、日本人男子(ありゃ、男だけ?)の理想像ではなかろうか?

ちなみに、英語喉の姿勢のところで、西洋人の標準姿勢で猫背が直るというのは書いている。先日、ぼーと朝日新聞を読んでいたら、ある女性で作家の人。病気がちだったのを克服した?みたいな記事があって、O脚が直った、、、と書いてあった。一体何をしたのだろう???

姿勢でまずかっこよくなれると思う。以前、ダンスのレッスンをとっていたのだが、韓国人のおじさんで座っているときは、そうでもなかったのだが、すーとたって、社交ダンスを踊りだすと、ものすごくかっこよく見えた。

かっこいい日本というのはテレビ番組のクールジャパンとは違う。あの番組は、さまざまな外国人を招いて、日本の文化を紹介する番組だけど、イメージとしては、ほら世界の色んな国は、多様な文化があるでしょ!というメッセージである。

しかし、現実は、けっこう、日本だけがかなり違うのである。その点が、あの番組を見ていると分かりにくい。例えば、「オランダではね?」とか言って、喋りだしたとする。実は、そのことはフランスやイギリスでも同じだったりする。

かっこいい日本というのは、その文字のとおり日本人として、かっこよくなろうということだ。これまで、日本人論は、あまりにダサいことを言い過ぎた。例えばだが、とにかく机について本を読めとかそんなことばかりである。

3色のペンで本を読みながら色分けをして理解しましょうとか、あまりにもださすぎませんか?

英文法をやると、頭の訓練になるというような考え方も、それは自分が文法をやっているからじゃない?じゃ、自分が賢いっていいたいわけだと思うけど、それも、あまりにかっこわるいと思いませんか?

グローバル経済で大切なのは、なにがかっこよいことで、何がかっこ悪いかを見抜いて、デザインや製品を考えることだ。そういう点で、アップルは素晴らしい製品を出している。

私自身のとりあえずの第1歩は、腕立て伏せです。一日に腕立てふせを、500回こなします。大部分は、想像のなかでやるので、あまり効果がありませんが。

うちでよく見ているテレビ番組は、ミリタリーチャンネルといって、アメリカ軍のマリーンの訓練の様子とかを見ているのだけど、ものすごい数の腕立て伏せをこなしている。

だから、これをひそかにやっているのです。

かっこいい日本を目指そう!

10年後、アジアの他の人たちが、新婚旅行は、やっぱり日本だよね~~。あのかっこよくてロマンチックな国でハネムーンしたい、、、とぐらい言わせたい。

いや、まじで、カリブ海の写真とってきたけど、基本的には、海岸線とかよく似ている。瀬戸内海みたいな感じのところもある。

 

Related Articles

英語は英語でしかありえない。一種類しかない

文部科学省にて、英語に関するコミティーの座長をつとめておられる吉田研作氏のインタビューがあり、引用したい。 http://www.eltnews.com/features/interviews/2001/06/interview_with_kensaku_yoshida.html Our committee, however, made a distinction between two types of Englishes — one at the level of everyday conversation and transactions (what in…

ファーストガイジンジャパニーズ カズ

さて、MASAさんが、MIXI日記でLANG-8の使い方を紹介されている。かならずしも、教科書どうりのものだけではなく、MASAさんが工夫されている様子が分かる。以下は、ライティングの練習だが、これはスタンダードな使い方のようだ。MASAさんが書く。ネイティブが無料で添削する、、、なんと夢のようなシステムだ。 http://lang-8.com/266050/journals/923043/The-Deadline-is-Almost-Here%2521 80年代に英語を勉強した私にとっては、英語の勉強は無料なほうが普通だった。留学生が助けてくれたからだ。今は、ONLINEでできるのか~~。 さて、昨日は、DCの日米協会のディスカッションイベントに参加した。日米協会とは、http://www.us-japan.org/dc/  に詳細があるが、アメリカ人に日本の文化を紹介したり、日本人とアメリカ人の親睦をはかる団体だ。 昨日は、地震と津波後の日本を語る会があり、15名ぐらいの参加者で、会長さんが、この機会を利用して、日本は変われる可能性があるのではないかということを話された。 地震と津波の件で、この機会を、日本社会の変革につなげるというのは、私にとって新しい視点だったのでとても興味ぶかかった。 昨日の英語喉革命さんのBLOGなどとも関連してくるのだが、日本は変わっていかないと今後大変だということを再認識した。 例えばだが、今回のことで、先週あたりから、原発が実はメルトダウンしているというのだ。いや、していたというのだ。それも最初のあたりからメルトダウンしていたという。 え???そんなことは聞いていなかったが、、、。 そもそもリスクに対応するさい、リーダーが60歳代というのは無理があるのではなかろうか? オバマ大統領は40歳台だ。私自身とそれほど年齢が変わらない。 日本の構造を変えないと未来はないのではないかと強く感じた。話を聞いていると、他の東アジアの国々は若い層を生かすかたちで、国際化に成功しているという。日本は全然変わっていない。 しかし、リーダーがなぜ60歳代かと考えると、我々日本人は、教育レベル、スキルレベルにおいて決定的に遅れがあるのではないだろうか?だって、本格的に経験をつみ、学び、、、としていると60歳ぐらいになってしまう。そもそも、中学、高校は暗記主義、受験主義、大学はなんだかわからない状態だ。 だから、普通の日本人が本当に役立つ知識を見につけるのは大人になってからだ。するとリーダー的立場になるのが決定的に遅れる。最近では大学を卒業しても、なかなか経験を積めて、スキルアップできる仕事がない、、。 一方で、オバマ氏などは、もう小さいときから、職業経験をつみ、さくっと弁護士になり、若いうちから経験をつみ、そして、40歳ぐらいでもう完成しているのだ。 アメリカのゲットー地域(貧困地域)の小学生が理科の宿題だと称して、仮説をたて、実験し、結果を出し、それをプレゼンテーションするからとポスターを準備していた(ちなみにこの少年はスペイン語と英語が当たり前のようにできる、、親がヒスパニックなので)。 一方で、私自身は、仮説をたてるなんてことをしたのは、25歳をすぎて、アメリカの大学院にきてからの話だ。いや、正確には修士論文をやっているあたりだから27歳、28歳ぐらいで初めて科学的な思考のトレーニングを受けた。遅すぎた。 日本人は、適切な教育をうけ、経験をつむ時期が遅すぎるのではなかろうか? だから、40歳台の人をリーダーになんて認識不可能なのだ。 さらに、日本のオピニオンリーダーも古すぎるように思う。 で、昨日の議論は、日本人は、もっと会社にガイジンを登用して、違った価値感を入れたらどうなのか?ということになって、私はふと思った。 日本人がガイジンになればいいじゃないかと。 そのためには英語喉しかない。英語喉で英語ができれば、日本人だって、ガイジンのセンスが学べる。外人になっておいて、そしてその感覚を戦略的に使うのである。 例えばだが、日本語で目上の人をクリティークするのは不可能のように思える。へりくだらないといけないからだ。しかし、英語なら簡単である。…

日本語を英語に訳すのではなく、心を訳せ(ということを真顔で言いたい)

さて、英語喉を直接教えていて、発音は、2時間でネイティブレベルにする自信がある。聞き取りは、人によって異なるのだが、この土曜日は、小さいッや、伸ばす音に惑わされない!ように指導して、音の聞き取りの成功率も精度をあげたい。このあいだは、最初はご主人に指導させてもらい、それで、その2週間後に奥さんに指導させてもらい、そのときに、「あれ~、聞き取れてる~~」といううれしい言葉を聴いた。しかし、この成功度を高めたい。 やはり直接教えるというのは効果が速い。日本で今英語喉を参考にしてくださっているのは、天満さんとYUMIさんだが、なかなかの成果を上げられているようでうれしい。もちろん、喉が開ききらない人も出るだろう。開く、、、という表現が正しいのか、、、日本語でするようにピコッって感じで緊張させない、、、ということなのだろう。もう、ご存知だとは思うが、念のため: 天満さんはここ http://processeigo.com/ YUMIさんは http://ameblo.jp/englishbootcamp/ (天満さんもこないだ書いてはったけど、勝手に紹介しています。内容などは、ご自身で確認してください!) 教えるときのこつは、どれだけリラックスしてもらうかということではないでしょうか?こないだ、ジーナが質問を受けて、ネイティブは体に力が入っていたとしても、喉はリラックスしたままだと言っていて、ピンと来たのだが、ジムで体を鍛えているとき、顔をしかめながら、トレーニングしているは私だけだということが判明(前から気がついてたが)。で、ワザと、喉だけはリラックスさせて、腕立て伏せとかしてみたのだけど、これって結構、可能だし、きっとネイティブはそうしていると思う。 体の緊張が、喉(首の中のパイプ)に連動していないのではないだろうか??? これって、喉発音の練習になるかもしれない。腕立て伏せしながら、意識して、喉の力を抜き、ありゃ、喉に力を入れる理由ってないんだな、、、と。 さて、今日のテーマだけど、最近、聞いていて、あれ、それ違うんじゃないかと思う言説だけど、英語を喋るときに、日本語の細かいニュアンスも訳す、、、とか、「よろしく」は英語でなんと言いますか?とか、日本語にあるけど、英語になりにくいことをどういうかとか? TWITTERで、よく、これはこういうみたいなのがある。どれもこれも、日本語から英語になりにくいもの。例えば、「つーかさあ」をどう言うかとか(今、これ例として作ったのだ)。 そういうのは、日本で英語を勉強する立場だと、覚えにくいし使いにくい。 さらに、日本語があって、それを英語に訳そうとするやりかたは効率が悪い。 もっと、言語になっていない、体、心のなかにある原始的な意味のようなものを英語にするとよい。例えばですが、アメリカに来て、英語が得意でない人が、子供の学校に行き、アメリカ人と交わり、そのあとで、「よろしく御願いします」と言いたいとする。 でも、それは、日本で社交辞令用の言葉であるところの、「よろしく」を訳そうとしている。 そういうときのコツだが、一体、じゃあ、アメリカ人が何を言っているのかを観察。よろしくとか言っていないと思う。 そういう決まり文句を日本語から英語に訳そうとするのでなく、日本語で、、、というか言語はとりあえず、横においておいて、体、心、頭の中に、抽象的にある意味を大切にする。 すると、言葉じゃないけど、「また会いましょうね」とか、「息子の友達になってください」とか、そういう意味の塊が心のなかにあるはずだ。 その意味を英語にするのである。 日本語を介入させずに。 今、例えば、頭の中をからっぽにしてほしい。実験で。そして、意味が浮かんでくるのを待って欲しい。それは例えば、「え?どういうこと?分からんなあ」という不安の気持ちが浮かぶかもしれない。あくまでも言語になっていない気持ち。 それを英語で言うのだ。 トイレ行きたいと思うかもしれない。それは体で感じることだ。 その原始的な意味を英語にするのである。 会話のとき、う~ん、この理由を分かって欲しいという欲求が、言語を解さず、心のなかに生まれるなら、そこで、BECAUSEと言うのである。 日本語を英語にするのはやめよう。あえていえば、心を英語に訳す?のだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar