Skip to toolbar

三羽氏 対 私 で朝まで討論の申し込み + 英語喉と歌

最近、三羽氏のブログで私にとっては、精神論的な言説論者のかたがたの本が紹介されているのだが、どうも、賛成できない意見が多い。

例えば、偉い先生によると「古典を読むべし」ということになっているが、私の意見では、それを言うことで、「ど~や、わし、えらいんやぞ。キミ達は机について古典でも勉強していなさい」ということじゃないか?

それは私自身、ニーチェやフーコーに言及するとき、「わしはえらいぞ、おまえら、よんどらんじゃろ?」という気持ちが100%で書いているからだ。

三羽さん、これらの論点について朝まで討論の企画どうでしょうか?

何か人の役に立つアドバイスというのが出せるかどうかというのだと思うのだが、じゃあ、私は、それらの偉い先生に対抗して、来週あたり、音楽理論教育の革命につながると思われる動画を発表することにする。

わくわく。

外人声強制ギブスは、あの動画とったとき、これで何かが変わると思った。で、菅原里奈先生のミラクルボイスメイキングにつながったし、また最近はアーティストのかたの肯定的な意見ももらった。

今朝発見したんだけど、ENGLISH BOOTCAMPのYUMIさんのブログで英語喉を発見された東エミさんという歌手のかたから評価を受けている!どうもありがとう。

http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html

YUMIさんは、神崎先生を通じて英語喉を知ったのですよね。喉つながり万歳!

歌唱の専門家の永田先生からも以下の評価をもらったのは、去年のことです。

http://ameblo.jp/molto-piu-acute/entry-10615535104.html

Related Articles

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

永田孝志さん、ご紹介ありがとう

ボイストレーナー、永田さんが、口発音と喉発音の違いについて、紹介してくださっています。永田さん、ありがとう! <もしかして、ボイストレーニングの世界では、喉で発声したらダメというような言説状態になっているのかな?と思いました。> http://ameblo.jp/molto-piu-acute/entry-10615535104.html 私自身の歌は以下で披露しております。恥ずかしながら、喉発音の練習として。2度聞くに堪える質ではありませんが。 http://nippondream.com/estatus/wordpress/?p=925

喉発音は「きもい」?

数週間前に、あるかたに、喉発音は「きもい」んじゃないか?とコメントをいただいた。ちなみに、そのかた自身、喉発音なのに、、、という、オチもあるのだが。もともと喉発音の人は、喉発音ですね?と言われても、え?っとくる場合も多い。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 たしかに、練習のときには感情を入れないほうがいい、イントネーションをわざとしないほうがよいので、きもいかもしれないが、、、 たまたま、例えばWHAT?(u_を含む音)を例として発音した後だった。 HAVE A GOOD TIME!というようなポジティブな発言をするときに、喉発音は変じゃない?というようなコメントをいただいたのでした。 しかし、やっぱり日本人的感覚では、ゲロをする感じの発音、発声でネイティブは喋っている。 他のネイティブだって、ゲロをするような響きで英語を喋っている。 ゲロをするときのような発声法こそ、世界スタンダードであり、また哺乳類スタンダードである。 ただそのゲロ声はよく聞くと、いろんな感情を表現できる声だ。 オープンマインドで聞けると、感情がどんどん聞けてくる。 さて、ここまで書いたことを、アドリブ英語で喋ってみました。聞いてもらえると、伝わるものがあるかもしれません(いや、喉発音が信じられない人には、聞こえないのかも、、、汗。) [audio:http://nippondream.com/file/kaz_04_13_2012.mp3|titles=kaz_04_13_2012] http://nippondream.com/file/kaz_04_13_2012.mp3 永田先生が以下のように書いておられるのでした。タイトルは「高い声で喋る日本人」。 http://ameblo.jp/molto-piu-acute/entry-11221698332.html この高さで、日本人は、丁寧さ、SINCERITYを表現する。 しかし、この高さ、甲高さ、声のひらたさは、他の外国語を習得するときの障害になる。第2次世界大戦(前)で、戦争回避のための外交努力なども、難しかったんじゃないだろうか? 相手(外人)の言っていることに、命令文が含まれているなら、それを声の感情をきくことなく、その文字通りのまま、受け取って、外人は、横柄だ、生意気だと解釈してしまうのではないか? アメリカ側も、日本人の声を聞いて、その感情をうまく理解できなかったかもしれない。 声の意味が全然違うのだ。日本人は、声を甲高くして、SINCERITYを示す。アメリカ人は声のリラックスさで、SINCERITYを示す。 最近、喉発音プラス、喉の声から伝わってくる感情を聞いているので、腹が立つことがない。 前は、アメリカ人の店員などが、ふてぶてしく感じていたので、腹が立つことが多かった。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 上川さん、はじめまして。東エミと申します。
    リンクを貼ってくださり誠にありがとうございます!

    書いてくださった通り、YUMIさんのご紹介で上川さんの「英語喉」を知り、心から感銘を受けました。

    喉は歌唱の善し悪しにも直結するので、ボーカルにとっても本当に価値のある素晴らしいメソッドだと痛感しております。

    またこちらのサイトにお邪魔させてください!
    今後ともよろしくお願いいたします。

  2. EMIさん、どうもありがとうございます。

    私も英語喉以来、自動車運転のときに練習をしてきましたが、口発音時代に比べるとやはり全然違います。口発音時代は、大学時代など、歌うと次の日が喉がやられていましたけど、喉だとそうでもないです。

    これからもよろしく御願いします。

  3. > これらの論点について朝まで討論の企画どうでしょうか?

    朝まで生テレビ的なやつですか?問題はどちらかが朝だとどちらかが夜ということですね。(・ω・)