Skip to toolbar

聞きにくいのはグループ子音ではないですか? ウイリアム王子インタビュー最聴

ウイリアム王子とフィアンセケートさんのインタビューを聴いていて思ったのだが、もしかして、日本人として聞こえにくいのはグループ子音ではなかろうか?

とくにイギリス英語はアメリカ英語でアクビエリアのものがゲップエリアの深いところで発音されているようなとこがあり、日本人の耳にはこもってきこえる。こもってきこえるなかでグループ子音があると、ますます分かりにくいのではないか?

という仮説を立てた。英語喉初心者さんが、Hが聴きにくいという診断をされていたが、私も、日本人学習者になりすまして、まだ英語喉に慣れてないとしたら、どこが聴きにくいだろうか?と想像をした結果、グループ子音ではないだろうか?と思うにいたった。

例えばだが、BREAKFASTは2シラブルだ。BREAKを一拍で言わないといけない。するとBRのところなどが、喉の中で発音されないとスムーズにつながらない。

日本人の音が切れがちなのは、喉で音を切っているからだ。これこそが、日本人英語、いや日本語がチョッピーな原因であり、メカニズムである。

さて、またしてもウイリアム王子のインタビューを聞きながら、グループ子音をとりあげて、一緒に練習してみましょう。

www.estat.us/blog/william.mp3

あと、まず私がアメリカ英語でゆっくりはっきり読んだあとで、ウイリアム王子の英語を聞くと分かりやすいかと思い以下のを録音。うん、たしかに、ウイリアム王子が早くささっと喋るところがある。

www.estat.us/blog/william2.mp3

Related Articles

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

久しぶりに音声コメントできました。

実は、先週は過激に忙しかったのです。なんと連日徹夜でした。3時間ぐらいしか毎日寝れなかったほどです。職場の仲間も一緒に連日2時や3時の仕事をしていました(家で仕事をするわけですが)、夜中にメールが行きかったりで、いい意味で連帯感が生まれました。 時間ができたので、録音しました。 KENJI Nさん http://eigonodo.seesaa.net/ http://www.estat.us/blog/kenjiN_10_03_2010.mp3 http://www.estat.us/blog/kenjiN_10_07_2010.mp3 http://www.estat.us/blog/kenjiN_10_10_2010.mp3 ENGLISH PATIENTさん http://ashrafieh.seesaa.net/ http://www.estat.us/blog/englishpatient.mp3 英語喉1号さん http://nodo1gou.at.webry.info/ http://www.estat.us/blog/nodo1gou_32.mp3   GOOGLEして、見つけたら、音声コメントをつけているので、GOOGLEで引っかからない場合、私が、UPされていても知らない場合があるので、そのときは、ご連絡ください。

「くっつけておいて、離す」スタイルが日本語のスタイル

英語革命さん(http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/)は、英語の聞き取りがほとんど100%となっているという。一方で、発音のほうはネイティブに完全に近づいたといいにくいので、英語喉に書かれていないことがまだ存在するのではないかということをかんぐられている。 私の感じでは、英語喉に書かれているのに、実践していない、、、ということが、ネイティブ度90%に近づかない原因ではないかな。特に、子音の始まりの切れにも注目してほしい。 どういうことかというと、日本語の音は前後で両方切れている。特に、前の部分だが、「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」スタイルが日本語のスタイルだ。例えば、Mは、唇を合わせたところから突然始まる。突然始まるということは、Mの直前の音も、そのせいで切れているということだ。 ライフサイクルを大切にしており、口をリラックス口にしておれば防げることだ。酒を飲むと英語がうまく聞こえるというのは、口が自然とリラックス口になるからだろう(未成年のかたはお酒をのまないでね)。 英語では、「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」スタイルじゃだめだ。Mなど確かに、くっつけるスタイルに見えるかもしれないが、そうでもない。全然、力がはいらない。THEがザになる人は、英語においても、「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」スタイルで発音しているからそうなるのだ。 英語喉をやっていて、日本語を聞くと、音と音のあいだに切れが入っているが、これは、この「(おもいっきり)くっつけておいて、(しっかり)離す」というプロセスも一因だと思う。喉ブレーキにくわえて。 口ブレーキみたいなもんだ。 口ブレーキと喉ブレーキで、完全なるスーパー口発音が完成するのだろう。 中国語や韓国語などは、喉ブレーキが主だろう。 前は、日本人と韓国人だけが英語ができないと思っていたが、最近、まわりを見渡すと、韓国人には英語がうまい人が少なくないということだ。国連の総長もそうだが。 英語がここまでできないのは、日本人だけだったのか、、、学校で休憩時間に一緒に小便(しょんべん)をしに行っていた親友に、「もうおまえとは一緒につれションはしねえ、、、と宣言されたような悲しい気持ちだ。 もしかして、もしかして、韓国人がチーズをCHEEZUと発音したり、サービス(無料奉仕という意味)をSAR-VI-SUと、シラブル数を間違って発音するのは、もしかして、もしかして、日本語経由で入ってきた語彙とか????????誰か教えてください。間違っていたら失礼なのですが。 ところで、音声学が全く発音向上に役立たない理由がここにある。破裂音というのや歯擦音などと、子音の一部を呼んでおいて、摩擦を強くしろとか、しっかり破裂させよとか指導している点だ。 そもそも西洋でそういう専門用語が生まれたときは、破裂とか 歯擦とかいうのは、口のなかで起こるプロセスを記述しただけであり、実は、しっかり破裂させよとか、おもいっきり強く「磨れ」と言っているわけではないのである。  例えるなら、焼き魚という料理の「焼き」はただたんに調理法のスタイルをいっているだけなのに、炭になるまで焼くということだと勘違いしているようなものだ。 そこで音声学は大きく間違ってしまった。勘違いである。この勘違いが前面的にですぎているので、英語は摩擦の多い言語だと、学習者が勘違いするだろう、、が基本的に他の従来の教材と全く同じアプローチなのだから、別に、音声学のアプローチだけが間違っているわけではない。 従来の音声学が広まると、ますます日本人の英語がダメになってしまうだろう。 笑える点がある。Mの発音で両唇音*だから*、唇をしっかり破裂?させろとかそういう言い方が書いてあるのだが、こらー日本語でも英語でもMは両唇音じゃねえかよお。なんで英語だけ強く発音せにゃいけんの?論理が破滅してないか?

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. イギリス英語は癖があって聞き取りにくい場合がありますね。
    しかも、個人差が激しい。
    いわゆるRPを話す人はごく少数で、何が聴き取りにくくしているのか、
    私も色々考えたことがありますが、グループ子音になるほどと思いました。
    あと、ケイトさんを見ていると、ほとんど口が動いてないですよね。
    イギリス人のほうがアメリカ人よりも口が動かない印象があります。
    私自身、いまだにブリッツアクセントは苦手です(苦笑)

  2. KAZさん

    音声の解説、ありがとうございます。
    質問してくる人に対して、解決の道を一緒に探そうとしてくださる応対に、いつも感謝しています。
    甘えてしまい、つい質問攻めにしてしまい申し訳なく思っています。

    実は、自分はprivate, surprise, proposeは聞き取れるようになりました。
    たぶん「r」が出来るようになったからだと思います。

    苦労しているのは
    this was my way of keeping her sort of close to it all.
    のような最後の方、「sort of close to it all」というような、部分で、「so-clo-tall」のように聞こえてしまうことです。
    この問題をクリアできたとき、自分の英語喉は完成するのでは、と感じています。

  3. イギリス英語においてはTの発音が若干違いますね。またYUMIさんもおっしゃっているけど、色々あります。

    私の表現では、イギリス英語を聞いていると、しゃくっている?ようなかんじがするときがあります。

  4. >イギリス人のほうがアメリカ人よりも口が動かない印象があります。

    YUMIさん、前歯を完全に出したままで、イギリス英語を喋る人がテレビに出ていました。

    日本人の印象でいうと、イギリス英語のほうが、はっきり発音しているという感じがあるのに、聞き取りになると、逆に、アメリカ英語のほうが聞きやすいような感じがします。

    イギリス英語って特有のイントネーションがあるように思います。アメリカ英語には、この特有なイントネーションがなくて、アクビエリア+ゲップエリアで自然に出てくるものだけのような印象です。

    このイギリス英語の特有なイントネーション?というか、音程の雰囲気だけは、日本人にでもコピーできるので(音程の問題なので)、日本人の学習者で、イギリス英語っぽい感じで喋っている人がテレビに出ていました。

    でもジーナが聞いていて、まったく典型的な日本語英語だと言っていたので、皮肉だなあと思います。

    結局、言語の核の部分、ネイティブが聞いて、もっとも情報を含有している部分は音程ではないのだなあと思います。

  5. 私が思うに、日本人でブリッツアクセントのある人は、
    そのほとんどがカタカナ英語になっているパターンなんじゃないかと。
    例えば、野田秀樹なんかが話す英語は「おお、ブリッツだなぁ」と思いますが、
    そういう人のほうが例外です。
    あの独特の高低と、しゃくっているような感じ、いわゆる、
    glottal catchですね、あれがパキパキとした音感を与えるために、
    はっきりしているように思うだけで、音は籠っています。米語よりも。
    英語喉を実践するのに苦労している日本語母語者にとって、
    glottal catchはさらに難しいと思います。

  6. ベターをべラーと発音せず、ベターと発音するとイギリス発音になる、、、という感覚の人がいるかもしれません。あるいは、HEREとかを極端なイントネーションで読むとイギリス発音になる、、、とか。

    PRIORITYの問題で、イントネーション・音程自体はどんなにがんばっても、基本の喉発音とシラブルができていないと無意味だと言うことだと思います。

    喉発音とシラブルができてから、イントネーションを工夫すると、よいかもしれません。ただし、最近、よく書いてきましたが、日本人は、すべてを音程の問題に還元しがちですが(あるいは強勢)、実は、声の音色などに感情を込めることも可能であり、そっちのほうが大切なのかもしれない。