Skip to toolbar

シラブルが聞こえない理由 カタカナの影響か? +香蘭社さんの領収書(1947年のもの)

さて、昨日、親日家の同僚のDさん(アメリカ人)が、見せたいものがあるという。Dさんのご両親は戦後すぐに日本に住んでらっっしゃったそうだ。で、それが1947年だったそうなのだけど、そのときに、有田焼(だと思う)のコーヒーのカップセットを買われたらしい。そのときの領収書を見せてくれた。うわ~、古い、古い。佐賀県の「香蘭社」さんの領収書だ。電話番号が書いてあるのだけど、なんと4桁か、5桁だ!ネットで探したら、その会社はまだ存在していて、なんと130周年ということらしい。

http://www.koransha.co.jp

Dさんの家には、日本の骨董品などがものすごいあるんだって。日本の芸術、伝統が親日家を作り出している一例。Dさんのご両親(もうなくなっていると思う)は日本が大好きで大好きで、何回も、日本に結婚記念旅行へ行ったそうです。1947年というと戦後すぐですが、アメリカ人が旅行をしても大丈夫だったんですね。アメリカに住んでいても、大の日本ファンで、ちゃぶ台でご飯を食べていたという。

で、Dさんの息子さんは今、軍で日本に駐留されているそうです。

その領収書は今目の前にないんですけど(うろ覚え)、

陶?紅花草(漢字の順番違うかも) 散点 コーヒーセット 2200 と書いてありました。当時の2200円?っていくらだろう。散点って、3点のこと?領収書自体が、外国人用につくってあって、RECEIPTとか書いてある。外国人の需要があったんですね。たぶん、130年の歴史のある会社だから、戦後、外国人を相手にしだしたということではないんでしょうね。

Dさんと、これは香蘭社さんが見たら、興味ぶかいかも?と話した。歴史の1ページみたいで。

さて、昨日、シラブルが聞こえないということの原因、ボンボンが聞こえないのは、英語にも「伸ばす音」や、小さいツがあると思いこんでいて、それを期待して英語を聞いてしまうのではないかと書きました。

これは結構正しいのではないかと思います。

思うに、これが比較的楽に聞こえる日本人と、聞こえない日本人がいて、聞こえる私とか、例えばですが、英語革命さんから見ると、え?なんでこれが聞こえないの?と思ってしまう。

でも、聞こえないと聞こえない。

と、上では、私が聞こえる側の日本人と言ってしまったけど、実は、私も聞こえなかったというのが笑える。3ビートを教えてもらった段階で、すでに英語がかなりできていたために、よく意味が分からなかった。英語喉の出版前に苅谷先生に実験台になってもらったのだけど、苅谷先生のほうが私よりも3ビートの飲み込みが早かったので、正直あせりました。

<私は勘違いして、3ビートとは、スウィングとフォロースルーと、確実に聞き取ることかと思っていました。例えば、SUMMERという単語を聞いて、Mが二つあるかどうかが、分かることが大切だと勘違い。本当に大切なのは、ボンボンボンという感じのリズムを聴き取れること。その一つ一つの単位が英語のヒラガナなわけです。>

しかし、今は、当たり前のように聞こえる。え?なんでこれが聞こえないのと思ってしまう。

カタカナの影響をとりはらうための一つの方法は、まず伸ばす音がないんだということを自覚すること。別に伸びたら伸びたでいいんですが、それはあまり気にかけないこと(日本語と違い、伸ばすからといって意味が影響を受けない。英語では)。

まずはRからはじめよう。

CARのアーは伸ばす音じゃない。あればK-A-Rであり、RのところはRの音なのです。その練習に、

CARとRAC(CARを逆に言っただけ)のRは同じRだということを理解してください。

これまで出る場所で音が違うとか言われていましたが、Rを首の底で響かしてみるとRはどこに出てこようが同じ音です。

さて音声で確認してみましょう。明日は、小さいツが英語にはないんだということを自覚する練習です。

音声でCARとRACのRが両方とも同じ音だということを確認する練習をしましょう。音声ファイルはここ。

www.estat.us/blog/shiraburu2.mp3

<セミナー受講者さんが、「ボンボンボンが何のことかさえ分からない」とおっしゃったおかげで、このテーマが発展したので、本当に感謝です。>

 

Related Articles

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

聞き取り100%の件

1232 今週末の英語喉セミナーです。今回を逃すと7月の中半まで喉セミナーはありませんよ~~~。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm さて、英語喉で、すご~~~いと思った人は、きっと発音だけでなくて、音の聞き取りがよくできるようになった人じゃないかな。それも結構、短い時間で。 メカニズムははっきりしています。 1.今まで雑音として処理していた喉の深い響きの方に感心を向けたら、当たり前だけど聞けるようになった。 例えば、皆さんの部屋にクーラーがかかっているとします。クーラーは小さな雑音を出しているでしょう。でも、脳ってそれを雑音として処理するので、結構、聞こえてませんよね。でも聞こうとすると聞こえてくる。 今までIFとかいう発音を聞いても、その深い部分を聞いていなかったので、雑音にしか聞こえなかったわけです。あるいはSHE ISがSHEY-YIZみたいになるわけですが(喉発音なので勝手にYが生じる)、そういうのも雑音として処理していたら聞けませんよね。 2.シラブルはまさに、どこからどこまでが単位かを教えてくれるのです。シラブルを無視していると、音が大量にながれてきて、全然つかめないでしょう。例えば、 HOWAREYOUDOINGTHESEDAYS? と音が流れてきたとき、わけがわかりません。でもシラブルがあるということを理解すれば、 HOW-ARE-YOUD-DOW-WING-THEZ-DEIZ? とグループに分かれて頭に入ってきます。 だから、急に英語がゆっくりになったように聞こえるわけです。 このことは、結構、瞬間的に起こることで、誰にでも起こることです。 まだこれを経験されていないかたは、以下の工夫をしてください。 1.通勤のときなどに周りにある看板などの字を見て、ネイティブならどう読むかなとシラブル分けしてみる(3ビートに気をつけて)。 例 淀屋橋 --> YOD-DOY-YAB-BASH-SHIY 2.日本語をわざと3ビートで読んでみる。 3.実際にネイティブと会話する。ゆっくり、シラブルを大切にしながら喋る。 量をこなすから聞こえるようになるわけではありません。発想の転換で聞けるようになります。 よく女の人の横顔に見えたり、月面に見えたり(??でしたっけ)するような絵があって、最初は難しいけど、見ていると、見えるようになるのがありますよね。 ちょうどジーナの両親の家にも飾ってあるのだけど、一見、単なる木の彫刻で意味がないように見えるのが置いてあるのだけど、じっくり見ていると文字が見えてくる。一度、見え出すと、もう元には戻れない、、、というのがあるんですが、それに似ています。…

日本語は意味が薄い言語か? 日本語=掛け声論

1236 この週末から1週間ほど帰国しますが、7月の10日(日曜日)の12時半から2時間ぐらい、三羽さんとの対談をネットラジオで放送する予定です。カレンダーに書いておいてくださいね。 さて、 昨日、日本語は掛け声に近く、意味が薄いと言ったが、考えれば考えるほど、たくさん例が出てくる。 例えば、日本のミュージシャンの多くは、日本語の歌詞などどうでもよいのだと思う。これは本当だ。実際、何を言っているか分からない場合が多い。先日、日本語のラップをやっている人がNHK INTERNATIONALのJ-MELOに登場したけど、歌っていることが、分からない。 でも多くの日本人にとって歌が分からなくても、慣れている、そんなもんだと思っているから、気にならない。 昔、浅田彰さんの構造と力という本がはやったが、これも難解な本だが、結構売れたというが、多くの日本人にとって、意味が分からなくてもそんなもんだと思っていると思うから、気にならない。 よく英語教育論で、「発音より内容が大切だ」と言っている人の書き物をみたら、わけが分からない場合があるが、これも、日本人の読者の多くは、「えらい人が言っているのだから、意味が分からなくてもOK」と思ってしまうだろう。 日本語は掛け声的な表現が多いことに気がついたのは、それは、私が会社のカフェテリアを経営している韓国人へしている挨拶がきっかけだった。 あにょはせよ~ かむさはむにだ~ みたいな挨拶をする。 かむさの部分はたぶん「感謝」だと思う。「はむにだ~」は、「します」という意味じゃないかなと想像する。 つまり、朝鮮語では、「ありがとう」は「感謝します」と言うのだと想像する。 これは英語と同じだ。THANK YOUは「あなたに感謝します」という意味がある。 日本語では、「ありがとう」だけど、これは単なる音の集まりであり、意味自体はない。ありがとうというのは、「ありがたい」、「あまりない」という元々の意味があるのだろうか??? しかし、ありがとう自体には、英語や韓国語のような直接的なる意味がない。 日本語の表現の多くは「かけ声」なのだろう。 「あけましておめでとう」かけ声である。「あけまして」は「年があけましたが」という意味だとは思う。「おめでとう」の直接的なる意味は薄いがこれはスローガン的だ。 英語はHAPPY NEW YEARだが、これは文字どおり、幸せな新年を!という意味だ。そういう意味だから、年があける大晦日の日にだってHAPPY NEW YEARと言うことができるし、年が開けて、厳密には正月(アメリカでは1月1日だけ)が終わっていても、最初に人にあったときに言うこともできる。 「あけましておめでとう」は掛け声で、年が明けたときにしか言わない。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. Kazさん、それから、英語喉革命さん(ブログでコメントを受け付けられていないので、こちらで失礼します)、「ぼんぼんぼん」の説明をありがとうございます。

    「吃音と長音は英語にはない」というKazさんの説明、あっと思いました。
    昨日、「seif-taught」という単語が聞き取れず(taughtがどうしてもトーッツに聞こえた)、「ッ」は英語にないんだから・・・と自分に言い聞かせて再度聞いたところ、「taught」がするりと入ってきました。
    重要なヒントを得た瞬間でした。

    それから、英語喉革命さん、ブログでぼんぼんぼんを聞き取る工夫について説明をありがとうございます。
    ラップ、あまりに分からな過ぎて避けてきましたが、YouTubeでおっしゃるように耳を傾けたところ、知らない単語以外はほぼ聞き取れました。
    勢いに乗って、マイケル・ジャクソンの「Beat it」に挑戦しましたが、こちらは完全に白旗です・・・
    まだ、自分の中では、「子音」に未練が残っていて「母音」に意識が集中できない感じです。

    英語喉初心者で迷っていたところ、おふたりのエントリーを読んで、道が拓けたように思います。
    ありがとうございました。

  2. 英語喉初心者さん、このご報告、とてもうれしいです。

    というのは、この吃音と長音を気をつけるという点が、本当に効くかどうか、気になっていました。

    ボンボンボンというのが私には聞けるのに、なぜ聞けない人がいるのか、、、が概念的には分かっていても、実際に、真剣に「ボンボンボンの意味すら分からない」という指摘のおかげで、このアドバイスに気づきました。ただし、英語喉や機関銃英語を見ると、すでに書いてある、、、ジーナに言ったら、「じゃあ、それをはっきりと伝えないと」と言っていました。

    しかし、例えばですが、目の前で、JAPANがJAP-PANですよ、ひとつが、ボンでもう一つがボンでしょ?だから、ボンボンボンみたいな感じです、、、と2時間の授業で説明したあとで、

    「ボンボンの意味さえも分かりません」

    と、教えていただいたとき、これは何かあるに違いないと思いました。インテリジェントな人に、

    PIC-NICでボンボンですよ、、、

    と目の前で教えさせてもらい、、、

    「ボンボンの意味さえも分かりません」
    となるならば、

    そこには、よっぽどの障害物が横たわっているはずです。

    それが突き止められたのかな???

  3. Kazさん

    再度失礼します。

    コメントを残したあと、また、ぼんぼんが分かりかけたのがうれしくなって、YouTubeを見ていました。

    When he announced ・・・
    という英語が最初、分かりませんでした。
    #?$ ナウンス・・・?
    もう一回、木魚でポクポクを連想しながら、聞きなおしたところ
    (ぇ)ん (ぃ) (ぁ)な(ぅん)す・・・
    と聞こえました。
    以降は、苦手としていたwhenが楽に耳に入ってきました。

    そこで初めて、自分は普段、
    フェン/ヒー/アナウンスドゥ/
    (それも1単語をかなり強く切りながら)
    と発音していることに気がつきました。

    うまく文章に表せませんが、「ボンボン」「ぽくぽく」の威力は絶大です。
    ちょっと感動しています。