Skip to toolbar

シラブルはパクパク?

youtbeでなんでも良いから、外国人が喋っているのをみてほしい。

音を消して、見てほしい。

すると、口がパクパクしているのがみえる。

そのパクにあたるのがシラブルだということが分かる。

なるほど、視覚的にも確認できるのだな。

ただし、これは確認程度にしておくべきだ。

というのは、おおげさにしゃべっているときにそれが確認できるというだけの話だからだ。パクパクさせずに喋ることも普通である。
口をパクパクすれば英語になるということではない。

外からみた口の動かし方は、表情にしかすぎない。

歌でみると、1パク=1音符=1シラブルだ。ジムで運動をしながら、テレビスクリーンをながめていて、そうおもった。

英語はあくまでも音声なので、あまり視覚情報にとらわれるべきではない。

だから、このエントリーは面白いなと思うぐらいで忘れてほしい。

日本人が口の動き(外から見えるもの)にとらわれすぎると、いいことはない。

 

 

Related Articles

ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀

今日のトピックの一部を読みながら、即興英語で言ってみました。 http://www.nippondream.com/file/kaz_08_03_2011.mp3 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_03_2011.mp3|titles=kaz_08_03_2011] 実は、数ヶ月前から書いて見たいトピックがあった。それは「ちょっとだけ難しいほうを選ぶ」ということについて。 その前に、新しいコーナー、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」です。米国コンサルタント会社勤務の日本人サラリーマンのuさんが、昨日、通勤のため電車に乗ったところ、目の前の黒人青年の左腕に以下の刺青をしているところを発見しました。 「恐い」 なぬ~~??「恐い」と書いてあるのです。おもわず、じ~~~と見てしまいました。 アメリカ人が漢字で刺青を入れているのは普通ですが、普通は、漢字だけです。例は新活とか、わけのわからない組み合わせですが、uさんは、普段だと「日本語だと意味を成さないけど、たぶん中国語であるのかも」と納得するのですが、今回は 「恐い」 と、どう考えても日本語の「い」が書いてあります。 「すみません、その(恐い)という言葉の意味をあなたはご存知なのですか?もしかして、あなた、俺は恐ろしいぞ~という意味でそれ彫りました?じゃなくて、恐いは、scaredと言う意味ですよ。あなた、もし日本に行ったら、周りに大笑いされますよ。それでもいいのですか?あなたは、恥をさらすことになるんですよ」 とuさんは、心のなかで言う練習をしましたが、その青年がちょっとだけ恐い感じがしたので、実際には言いませんでした。 uさんが、よく見る漢字の刺青に「力」があります。しかし、uさんには、まず、それはカタカナの「カ」に見えてしまうのです。「ちから」じゃなくて。でも、この場合は、中国語とすれば、「力」以外の何者でもないですから、納得が来ます。 以上、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」コーナーでした。 さて、ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀ですが、何かをするときに、二つ選択があるとすると、ちょっとだけ難しいほうを選ぶとうまくいくのではないかということです。 私は、これを実践しているのです。というのは、人生を振り返ったときに、楽なほうばかり選んだのではないかなという思いがあります。ただし、楽なほうは、世間的には、大変だと思われていることが多い。 例えばですが、「暗記」というのは、世間的には、楽じゃないと思われている。でも、実際は楽です。考えなくてもいいから。逆に難しいことというのは、例えば、英語だと、ネイティブと喋りながら頭のなかで文法や語彙を自分のものにしていくことです。 これは、ちょっとだけ難しいでしょう。勇気がいりますし、本当に使える表現を自分で選ぶ必要があります。 中学校のときに、級友にたたかれていたことがあります。小学校のときから、いきなりたたいてきたりする人がいたので、その延長でした。 しかし、それは、小学校のときからよく知っている級友です。中学校で、他の地域の知らない生徒がたくさん集まったわけですけど、やはり叩いてくる奴がいるのですが、その場合は、「なんでお前にやられる筋合いがあるのか?」と思いますから、まず叩いてきた段階で徹底的に反抗が起こります。 いじめっ子達は、たたいたときに、反抗するかをチェックしているのです。 大学の1年生のとき、知り合ったばかりの級友が、会うたびに「巨人の桑田に似ている」と言ってくるのです。からかう感じで。そのときは、彼の胸倉をつかんで、ぶち切れてしまいましたが、それで、彼はそれを言うのをやめました。お前のことあまり知らないのに、なんで、そんなに大きく出てるの?という疑問だったのです。結構、楽でした。全然、勇気がいらなかった。一発でカラカイが止まりました。全然勇気がいらなかった。しかし、これが正しい行動だったのかな~~。疑問が残ります。 小学校のときからたたかれている場合ですが、これは反抗しないほうが、楽だったのです。その人には、家などの位置も知られているから、まちぶせなどされたら終わりです。だから、その場をしのぐために、がまんする。 がまんするというのは世間的には難しいと思われているけど、実は楽なのです。短期的にはね。 しかし、知らない奴がたたいてくると、これはその場で反抗するほうが、楽です。ほっておくと、大変なことになるでしょう。…

私自身の文法の勉強の仕方

週末英語喉セミナーの申し込みはこちらから。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 英語喉をやると、アメリカ人が話しかけてくる。それは、やはり自信のようなものもあるかもしれないし、姿勢もあるだろう。このことは何度も書いた。 昨日も、近所で突然、「あなたはここのアパートに住んでいるのですか?」とアメリカ人(インド系の学生っぽい女性。近くにジョージタウン大学があるので学生さんだろう。)が問う。「実は、もう申し込みはしたのだけど、ネットで、悪い評価が出ていたんです。住み心地はどう?」。「全然、心配することはないですよ。きれいですし、庭なんかも手入れされているしね。虫も蝿ぐらいです(ごきぶりは出ない)。」と言ったら、安心していた。 DCではどこのアパートでも、だいたいエルサルバドルかホンデュラスあたりの移民(不法移民だと思う)が、ものすごい勢いで朝から晩まで掃除をしているのである。 プールがあるが、その横を通るたびに、ライフガードの黒人のおじさんが、会釈をしてくる。まるで親戚か何かのように。 犬の散歩をしていたら、向こうから、日本語の書いてあるT-シャツを来た白人の若者が歩いてくる。ちょっとめずらしくてなんて書いてあるのかな~なんて(気づかれないように)見ていたら、「ハ~イ」とか言いながら会釈をしてくる。 このように、周りから話しかけてくれると、本当にアメリカ人と私が平等なる立場にあることがわかる。いや、本当は最初から平等だったのだろう。今思えばね。 さて、今日は私の文法の勉強の仕方について述べる。 MIXI上ではRONさんのhttp://mixi.jp/view_bbs.pl?id=63775066&comment_count=52&comm_id=1301094 で熱い議論が交わされている。 もともとの発端は、英語喉会議(アット広島)で文法が大切かどうかみたいな会話から始まった。 よく発音の次は文法だとか語彙だとか言うが、実際は、ネイティブと会話をしだすのが一番だと思う。というのは、文法や語彙は会話をしながら覚えるものだからだ。その模範というか、例を示したい。 RONさんの影響で、昨日、中国語を勉強してやろうと思いたった。それも、中国語の文法書を一度も読まずに会話ができるようになってやろうと思った。 そこで中国人の同僚にちょっと聞いたのだ。 まず、私は、It is interesting to watch TV という文を持ってきて、それを中国語でなんと言うかを問う。 すると、中国人の彼女は、 カン、デン、シューがどうのこうのと言った。 私はもうその時点で、中国語が聞き取れていた。恐ろしいことに英語喉をやっていると、聴き取れる。 大昔の大学時代に中国人の学生が、映画を見るは…

久しぶりに驚いた「英語に聞こえる日本語の歌」動画 英語喉実践者必見

あまり驚くことはないと思っていたけど、この動画を発見して、ものすごく驚いた。 英語に聞こえる日本語の歌だそうだ。この動画の中間から以降に歌があるので、さくっと前半は飛ばしてみてください。 最初に聞くときは、字幕を見ながら歌を聴いてください。すると、え?全然、英語に聞こえないじゃん、、、と思うことでしょう。 私はそう思いました。なんやねん、これ~。 たもりさんの外国語のまねを喉発音と3ビートを知ったあとで、きいたら、全然、にてないじゃん、、、と思う感覚でした(これはタモリ氏のスペイン語の真似だけど、全然似ていない)。。 ところが、2度目聞くと(字幕を見ないで聞いてください)、 えええええええ 確かに英語(あるいは西洋言語)に聞こえる!!!!!!!意味はめちゃくちゃですけど、たしかに英語に聞こえるんです。 なぜ、なぜ、なぜ????? 字幕を見ないで聞くと、歌だから、1音符=1シラブル。わざと、英語の子音ー母音ー子音にのりやすい日本語の歌詞(めちゃくちゃな歌詞)が選んであるために、 3ビートの感覚で聞いてしまう! すると、なんと英語に聞こえてします。 皆さんのなかには、英語喉をやっているのに、音が100%聞けていない人がいますよね。 それは、英語を日本語として聞いているからです。 音が100%聞けるようになった人は、後戻りしにくいわけだけど、この歌で、字幕を見ながら聞くと、後戻りできる!!! 英語が100%音として聞けない人達は、もしかして、字がじゃましているのかも、、、。 英語を聞いたときに、素直に音を音としてとっていますか?????やはり一瞬日本語にしているのじゃないかな???? (そういう人は、英語をしゃべるときにも、頭に字が浮かんでないですか?左から右に、、、私は口発音時代はそうだったかも。) 今、これか書きながら、上の動画を流しているけど、字をみながらじゃないから、完全に英語に聞こえる(意味が全然わからんが)。 あ、これが聞こえると、意味を考えずに音を聞くとは何かがわかります! 興奮です。 ただし、口発音度がまだ残っているので、音程が狂っているのがおしい(とはいえ、私も口発音時代は、その音が微妙に狂っていることさえ聞こえなかったけど。)。 口発音では音程をコントロールするのが無理。 あ、あと、上を発見する前は以下の動画を紹介しようと思っていたのです。先日、英語喉稽古の一環として、だら~~んと英語を読むことを紹介しました。それをしたら、後で、ある方が、「ミュージカルを見たら、80~90%分かった!」と報告がありましたので、皆さんも、音が100%聞こえないかたは試してみてくださいね。 お経で、練習するとよいのかもしれません。手順は以下のとおり。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.