Skip to toolbar

英語喉と文法の脱構築

現在、英語文法の本の企画をしているが、英語喉においても、すでに従来、「文法」と信じられていたものが、実は、音声現象であったことを明らかにしたように思う。正確に言うと、経済音声学と呼べばよいかもしれない。ゲップエリアを定位置とし、どうやったら楽かを追求すると、自然とネイティブらしくなるわけだが、従来、「文法」の守備位置だと思われていたものまで説明した部分がある。
 

例えばAANの使いわけ。これは文法というより、喉でやっておれば、ANにすると楽になる、、、という感じだ。
 

そもそも母音からはじまる名詞においてANになるというが、3ビートの法則によって、AMになったりAGになったり、ABになったり。
 

例えば、A BENTOAB-BENTOである。A GUITARAG-GUIT-TARと発音される。
 

従来は、AANになったときだけ一喜一憂していたのである。

これは英文法の脱構築と呼べるのではなかろうか???

ここで発想の転換をして、英語喉パラダイムがどのくらいすごいかを実感してほしい。

従来の感覚 ANが自然に言えるのは、訓練による。できる人は天才だろう、、、という感覚。言語の習得に王道はないという感じで、結局、英語が自由にしゃべれず、練習だけで終わるか、あるいは3日坊主。

英語喉パラダイムの感覚 逆にANが来るべきとき、ANと言わないほうが難しい。だって、喉をゆるめにしておれば、Aのあとに、どの単語でも自然に何かの音がくるのだから(例はもうだしたけど、AB-BEN-TOとか)。母音から始まるAPPLEなどの前にAがくると、Nが自然と思わず出てしまう。

 

Related Articles

英語喉の応用 中国語の発音にも使えます

上海在住のかたから、メールをいただき、中国語のLとRの区別に関してコメントを求められた。さっそく、中国人の友人に確認した結果次のことが分かった。 中国語のRの発音 舌をやや丸めるようにしながら、音をアクビエリアあたりから前にかけて響くようにする 中国語のLの発音 舌は平らのまま、日本語のラ行のような音を出す。 考察1 日本人は中国語のRを発音しようとして全部Lになっているだろうと思われる。 考察2 中国語のLで舌は平らだとのことだけど、きっとアメリカ人などは舌を口の屋根につけるだろう。そこで気になって確認したのだけど、舌は事実上、平らでも、口の屋根についてもどっちでもいいみたい。というのは、喉のほうが緊張しているので、舌をどうしようが、Lになるのである。また事実上、日本語のラ行でいける。  、、と色々書くと面倒なので、とにかく、上の最初に書いたことを実践すればよい。 さて、音声で説明するが、下の例を使う。 動画で説明すると www.estat.us/blog/chinese2.wmv これは音声だけバージョン http://www.estat.us/blog/chinese.mp3 例  日本人 RI-BEN-REN 例子 LI-ZI (私はイントネーションを知らないので、音程自体は間違っているかも)。   例2 日本人 RI-BEN-REN 日本人(わざと間違って)LI-BEN-LEN    

難しい、というイデオロギー

さて、東京ではYUMIさん、兵庫(というか関西地域?)では天満さんが、英語喉を活用してくださっている。もしかしたら、その他でも活用してくださっているかたがいるかもしれない。大学の教科書で使われている?といううわさも聞いたことがある。 私自身が、ジーナと一緒に直接教えたときは、喉発音ができなかった人は皆無だ。ただし日常会話で使うときの定着というのは苦労されていただろう。しかし、私達の目の前で繰り返してもらっている環境では、全員が発音を比較的簡単にマスターされた。それをもちろん定着するのが難しい。 いや、お一人、もともと日本語でSを言うときに、舌足らず的になられるかたがおり、そのかたは苦労されていた。教えるほうとしても、ぜひまた来ていただいて1対1で指導させてもらいたい。 練習中はなんとかできるところまで言っても、実際に使うとどうしても緊張されるかたはおられた。 たぶん30人ぐらいは直接教えさせてもらったが、初日にLとRで苦労されたのは、お一人だけだったが、そのかたは、2回目のレッスンのときに、驚異的に上達して、私とジーナをびっくりさせた。これは、不思議だ。日本人が1番難しいと思っていたLとRが一番簡単な感じがする。喉を意識して、緊張させなければ、誰でもRが言える。犬のうなり声が出せない人はいない。だからできるのだろう。 お一人だけ、スカイプで教えさせていただいたかが、どうしてもできなかった(失礼、、、おそらく読んでくださっているのでは?)。そのかたでさえ、LとRだけは、できていたと思う。しかし、そのかたがいつかできるようになるならば、すばらしいことだ。できたときに、なぜできなかったのかを聞いてみたい。 本を読んだだけで、ピンときてできる人もいる。が、やはり手ほどきがあったほうが、分かりやすい。だから、天満さんや、YUMIさんのところに行くのが良いのだと思う。 多くの人が、「できているかどうかわかりにくい」と思われると思うが、おそらくそれは出来ていないのだと思う。というのは、喉発音は、できていたら、喉における響きかたが全然違うので、分かるのだ。だから、できているかどうか微妙だったら、きっとできていないだろう。 従来の教則本はこの点は非常に甘い。できているかどうかわかるどころか、とにかく口を動かすということなので、その口を動かすこと自体はできるだろう。だけど、だからといって正しい発音ができるわけではない。そもそも、例えば、口を大きく開けてと指導している先生自体ができていないだろう。だって、本当に英語ができる人ならば、口を開けたら正しい音になるかどうかなどは自分で分かるからだ。 分かりやすい、実践しやすい、、、という方法はあっても、だからそれで正しい英語ができるようになるか、、、ということは違う。しかし、日本人は一生勉強だとか、一生、英語を鍛えるという考えがあるので、その点が分かりにくいだろう。 これまで聞こえず、発音できずで日本人は英語を勉強してきたからこそ、英語が難しく感じるのだと思う。これが聞けて発音できたら、実際、外国語はそれほど難しくない。 英語喉が難しいとおっしゃる気持ちが分かるが、それはしかし、正確に言うと、「難しくて、すぐに出来ない」ということではないだろうか?説明が難しいというよりは。実際の実践が、これまで何十年もやったことのないことだから実践がややこしいということではないだろうか。それはありえる。 信じていただきたいことがある。それは英語のどは、本当にステップのそれぞれが大切なのだ。だから、例えば、息を吸いながら喋るというヘンなことをできない人は、その後のステップに進んでも無駄だと思う。息をすいながら喋ることは、例えば、西洋人なら誰でもできることだ。それが出来ない場合、次のステップに進んでも、できないだろう。 だから、できるまでやることをお勧めする。そのときに、難しいと感じるとすると、それは、実践がややこしいということであり、テキストが難解だということではないと思うがどうだろう。 ただし、あるレッスンの内容ができなくても、次のレッスンで気づくということがありえる。だから、それは英語喉に明記してある。例えば、i_ ができなくてもa_でピンときて、またi_に帰ることも可能だろう。 ただし、3ビートのほうが即効性があるという話はよく聞く。だから機関銃英語が聴き取れる!をやってから英語喉をやるというのもありえる。だって、英語がよく聞こえるようになれば、喉の音もよく聞こえてくるだろう。 勘のいい人は、英語喉って結局、喉でできたら後はまねるだけでしょう?とおっしゃる。これは正しい。個々の音を練習してもらうわけだが、結局、喉の深みを到達できたら、全部が直る。これは2年以上前、空さんにアドバイスしたら、え?そんな???と疑われながらも、練習をつづけ、非常にうまくなられていた。 あと、英語喉ができていたら、起こることがある。それは、きっとKATSUさんも経験されたと思うが、あ!あれはこういうことだったのか?!というのが、色々と頭に浮かんでくる。三修社さんに最初に紹介したときも、そういう会話があった。私は、最初のころ実践につきあってもらったかたがたとそういう話を始めると、話がとまらなくて困る思いをした。 今、実際、書いていて、とまらない。 1ヶ月に一人ぐらい、キャラの強い人が登場してくれるテンポになっていて面白い。今回は、YUMIさんが登場してくれた。次は誰かな??? きっと、今、どこかにいらっしゃるのでしょう。 まだ英語喉をことを知らないかもしれないですね。 タイで日本語を教えてらっしゃるかたも、英語喉の存在は知っていたけど、1年ほどほっておいたと書いてらっしゃった。 私のたくさんの友人達も、英語喉は知っていて、持っていたりするけど、本気にしていないと思う。ふーん、って感じだろう。そもそも、英語を毎日NHKラジオで聞いている母、あるいは、英文科だった二人の妹でさえ、きっと本気にしていないし、また親戚で英語のできるオジサン、オバサン、それから帰国子女の従兄弟だって、きっと、その効果を信じていないだろう。 …

アキさんのご質問

アキさんにご質問をいただきましたので、また解説してみます。   *** ところで今回も恐縮ですが、以下の2点、新たに質問させて頂きたく存じます。これは前回のものとは違って深刻な疑問ではありませんが、昨今のハリウッド映画や英語放送などを見聞しているときに気づいて、とても気になっていることです。     (1)カップル(二重)母音の発音について  二重母音は、後の方の音を弱く言えばよいと説明した発音教本が昔から多かったのですが、カズ先生の英語喉のご説明によると、2つの母音を発音する喉の範囲内で両方の音を響かせたら良いとのことですね。私は、カップル母音は、前の方の音を少し強めに言って、後の音は自然に喉から(前の音に引きずられるような感じで)出すのが良いのではないかと感じているのですが、どうでしょうか? 単なる考え方・感じ方の違いかなあ? 日本語で気合いを入れる時の「エィ、エィ、オゥ」という掛け声がありますが、英語のカップル母音も、そのようなものではないでしょうか? 回答です。やはり感じ方の違いで、厳密には、どちらでもよい。もっといえば、考えて、こうやって音を強めに、弱めに読むぞ!と意気込むと、難しすぎて実践ができない、、、ということになると思います。実際に、教えさせてもらっていて、ジーナが二重母音で直さねばらならい人がこれまで存在しなかったという点からも、適当でよいということができます。    {AI, OI, a_U} の発音は、{Ai_, Oi_, a_u} とそれぞれの後の方の音が違って聞こえることが頻繁にあります。特に、イギリス人の発音に多いように感じます。また、私自身もそのような後者の言い方の方が自然に発音し易いのです。アメリカ人と短い会話をしてみても、それで通じなかったことは一度もありませんが。 しかし、このような{Ai_, Oi_, a_u} の発音は間違っているのでしょうか? やはり、{AI, OI, a_U} と後の音を発音するべきなのでしょうか? 回答です。全体的に深めのところで発音しておれば、厳密に上だ下だという感じで決定するというよりは、自分で言っていて、音が同じかどうかで判断するのがよいかと思います。深めで発音しているので、Ai_と感じられるのであれば、それはそれでよいのかもしれません。また、混乱するような音のぺアがないということもいえますね。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.