英語喉と文法の脱構築

現在、英語文法の本の企画をしているが、英語喉においても、すでに従来、「文法」と信じられていたものが、実は、音声現象であったことを明らかにしたように思う。正確に言うと、経済音声学と呼べばよいかもしれない。ゲップエリアを定位置とし、どうやったら楽かを追求すると、自然とネイティブらしくなるわけだが、従来、「文法」の守備位置だと思われていたものまで説明した部分がある。
 

例えばAANの使いわけ。これは文法というより、喉でやっておれば、ANにすると楽になる、、、という感じだ。
 

そもそも母音からはじまる名詞においてANになるというが、3ビートの法則によって、AMになったりAGになったり、ABになったり。
 

例えば、A BENTOAB-BENTOである。A GUITARAG-GUIT-TARと発音される。
 

従来は、AANになったときだけ一喜一憂していたのである。

これは英文法の脱構築と呼べるのではなかろうか???

ここで発想の転換をして、英語喉パラダイムがどのくらいすごいかを実感してほしい。

従来の感覚 ANが自然に言えるのは、訓練による。できる人は天才だろう、、、という感覚。言語の習得に王道はないという感じで、結局、英語が自由にしゃべれず、練習だけで終わるか、あるいは3日坊主。

英語喉パラダイムの感覚 逆にANが来るべきとき、ANと言わないほうが難しい。だって、喉をゆるめにしておれば、Aのあとに、どの単語でも自然に何かの音がくるのだから(例はもうだしたけど、AB-BEN-TOとか)。母音から始まるAPPLEなどの前にAがくると、Nが自然と思わず出てしまう。

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

英語喉の応用 中国語の発音にも使えます

上海在住のかたから、メールをいただき、中国語のLとRの区別に関してコメントを求められた。さっそく、中国人の友人に確認した結果次のことが分かった。 中国語のRの発音 舌をやや丸めるようにしながら、音をアクビエリアあたりから前にかけて響くようにする

難しい、というイデオロギー

さて、東京ではYUMIさん、兵庫(というか関西地域?)では天満さんが、英語喉を活用してくださっている。もしかしたら、その他でも活用してくださっているかたがいるかもしれない。大学の教科書で使われている?といううわさも聞いたことがある。

アキさんのご質問

アキさんにご質問をいただきましたので、また解説してみます。   *** ところで今回も恐縮ですが、以下の2点、新たに質問させて頂きたく存じます。これは前回のものとは違って深刻な疑問ではありませんが、昨今のハリウッド映画や英語放送などを見聞しているときに気づいて、とても気になっていることです。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.