Skip to toolbar

数学は使うという観点から教えるべきではないか?

英語喉および機関銃英語では、シラブルを使う、実際に使いこなすという観点からの説明を加えている。

従来は、C+V+Cですよ、C+Vですよ、C+C+C+Vですよ、、、というぐあいに、言われなくても分かりそうなことにもとづいた分類で終わっていたといえるのではないか。実際にじゃあ、どうやったら運用できるのかという教え方はなかったといえる。似たようなやりかたはあったかもしれないが(歌をつかうとか)、実際には、日本でシラブルを教わりましたなんて人は、あまりいないのではないだろうか。

逆に、強調する、弱く言うみたいなことが言われていた。アクセントが弱いところでは、あいまい音に*なる*みたいな表現がされていた。そして、弱いところー>あいまい音になる、、という化学式みたいな説明のせいで、その説明が真とされ、正しいとされた。

なにかがなにかになるわけではないのだが。実際は、ただ単に、CUTのアは元々そういう音だから、そういう音なのだ。AがBになるわけではない。

英語喉および機関銃英語は、実際に日本人が英語を使えるようになる(聞ける、言える)にはどうしたらよいか、、、という設問から生まれたものだ。

数学も使うという観点から教えたらよいのに。最近仕事でROC CURVE分析というのをやっていて、これが数学の色々な道具を駆使しながら、分析するのだが、非常に、面白い。面白いのは、えーこんな風に、この式を使うのかあ!と感動がある。

何に役立つかというと、ある変数に基づいて予測をするとする。例えば、天気予報で、湿度がどのくらい高くなると、雨になるかとか(そういうふうに実際にはやっていないとおもうが、単なる例として)、あるいは、尿のなかのなんかのホルモンがどの数値以上になると妊娠していますと予測になるかとか、そういうテクニックがたくさんあるが、その基準となる数値を決定するのがROC CURVE分析。機会があったら解説したいが、そのテクニックのなかでユークリッドの式を使うところがあるんですが、これが面白い。

ROCについてはここに説明がありました。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~tbs-i/psy/tsd/node3.html 

面白いといっても、紙の上でやれといわれると、嫌気がさすだろうが、ソフトウェアを使って、自分なりに計算しながらやると、おー、本に書いてある例と同じ数字が出たぞ、わしのプログラミングは正しいな、、、とか、そのソフトで出た数値(SASを使う)を、こんどは、エクセル上でシミュレーションしてみて、おー、また本で書いてあるのと同じ結果になったから、さっきSAS上で書いた式はあってるなとか。

ある本を使っていて、その著者が、SAS上で走るマクロを書いていて、ためしてみたら、ありゃ、AとBの数値が私の求めたのと逆になって出たけど、これ、どういうこと?とか言って、メールで聞いたりとか。

そうな風に数学的な道具を使うと面白い。

ただし、これは、そういうのが好きな人にとって面白いというだから、数学が絶対的に大切と全然思わない。

そもそも、こういうのを数学というのかどうかわからん。

 

Related Articles

これってクールジャパン?どう反応していいかわからない

近所の人はクルド語を喋っているのだけど、どこの国の出身か不明。たまにやってくるお兄さんが自動車を止めていた。 このあいだはそのお兄さんの自動車が夜中に炎上する事件があったので、どんな人だろうという不安はあるのだけど、軍人だと思うので、ちゃんとした人だと思う。 その彼の自動車は、ぼろぼろな感じの日本車。 でも、プレートをよく見ると、、、なんと、アンチーク車用のプレーとだった(以下に置いたプレーとはネット上でみつけた例)。 黒色で、よくキャデラックなどのアンティーク車がつけているのと同じ。 https://www.google.com/search?rlz=1C1CHBF_enUS755US755&biw=836&bih=685&tbm=isch&sa=1&q=virginia+number+plate+for+antique&oq=virginia+number+plate+for+antique&gs_l=psy-ab.3…1952.4487.0.4674.12.11.0.0.0.0.185.1072.0j8.8.0….0…1.1.64.psy-ab..4.1.117…0i30k1.0.VJpZies4TNg#imgrc=CLWtJ-YgepM4IM: は???? 聞いてみると 1985年製のトヨタ・カムリー でも、それってアンティークって言うのか??? ただ単に日本車があまりにもよくできていて、1980年代に日本で生産されて輸入されたのが、たまたま、まだ走りつづけているってだけじゃないんかい? わしが前にのっていた1997年のカローラなんて、余裕でまだ走ってるのを見る(移民っぽい人が乗ってる)。 クールジャパンの例と思っていいのでしょうか? コメントお願いします。

HOTELの発音の仕方 従来の説明のしかたと喉パラダイムの比較

たこ焼き村先生が、スペイン語発音講座において、HOTELの発音のしかた、スペイン語のと、英語のを比べていらっしゃる。この機会を使わせてもらい、英語喉パラダイムと従来の指導法の違いを比較してみたい。 たこ焼き村先生のサイト http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktakuya/pronun01.htm の 番外編:英語の hotel とスペイン語の hotel とあるところ。音声ファイルを置いてらっしゃいます。 従来の方法は新しいものではない。私が同志社の英文科だったときに、音声学のクラスで似たことを勉強したとは思う。   先生が説明されているのは、HOTELという単語で、スペイン語のHOTELと英語のそれを比較されているが、私は英語の説明のほうに注目。   先生は、HOTELのO(英語のほう)はオウだとおっしゃっているが、これは、日本の辞書にもそう書いてあるし、私も以前はそう思っていた。しかし、ONLINEのウェブスター辞書には、単にOとされている。 実際には、このOは、オウではなくて、O(オ)だけなのだ。英語喉的には、。喉でOと響かせていうと、日本人が聞くと何となくウっぽい残響感が残る。そのウは、わざと言うウではない。   つまり、オウという二重母音は英語に存在しないということだ。 IPAのパラダイムでは、音を瞬間的にとらえる感覚がある。だからOにちょっと残響感があるならば、それをUだとして表現するのだろう。   次はTの発音。口のなかで、はげしく破裂させる感じは、従来の方法が教えるところである。実際のネイティブはそういう風にしていない。日本人が口の中で激しく破裂っぽくしないとTにならないのは、喉のほうが緊張しているために、首のパイプを楽器として、生かせないからだ。首のパイプを充分響かせておけば、舌のほうは、単にはずすという感じで充分、アメリカ英語のTが出る。   そして、Lの発音だが、先生は、HOTELのLは、舌が上につかないことがあり、舌のおくのほうが盛り上がる、、、と説明しているのだけど、それは事実と違う。それをするとホテウという感じになるが、やはり、実際の音とは違う。Lはウではない。   確かに喉をあけたまま、リラックスさせて、Lを発音すると、日本人が聞くとウっぽい音が聞こえるように思えるかもしれない(暗い感じがするかもしれない)。しかし、それはウといっているわけではない。   実際、文のなかでHOTELを言うとする。THE HOTEL ISとするならば、HOT-TEL-LIZという感じになるのが、その場合、全然、Lが暗い感じがしない。HOTELというと、Lが暗く感じても、HOTEL ISだとそう感じない。…