Skip to toolbar

アキさんのご質問

アキさんにご質問をいただきましたので、また解説してみます。 

 ***
ところで今回も恐縮ですが、以下の2点、新たに質問させて頂きたく存じます。これは前回のものとは違って深刻な疑問ではありませんが、昨今のハリウッド映画や英語放送などを見聞しているときに気づいて、とても気になっていることです。
 
 
(1)カップル(二重)母音の発音について
 二重母音は、後の方の音を弱く言えばよいと説明した発音教本が昔から多かったのですが、カズ先生の英語喉のご説明によると、2つの母音を発音する喉の範囲内で両方の音を響かせたら良いとのことですね。私は、カップル母音は、前の方の音を少し強めに言って、後の音は自然に喉から(前の音に引きずられるような感じで)出すのが良いのではないかと感じているのですが、どうでしょうか? 単なる考え方・感じ方の違いかなあ?
日本語で気合いを入れる時の「エィ、エィ、オゥ」という掛け声がありますが、英語のカップル母音も、そのようなものではないでしょうか?

回答です。やはり感じ方の違いで、厳密には、どちらでもよい。もっといえば、考えて、こうやって音を強めに、弱めに読むぞ!と意気込むと、難しすぎて実践ができない、、、ということになると思います。実際に、教えさせてもらっていて、ジーナが二重母音で直さねばらならい人がこれまで存在しなかったという点からも、適当でよいということができます。
 
 {AI, OI, a_U} の発音は、{Ai_, Oi_, a_u} とそれぞれの後の方の音が違って聞こえることが頻繁にあります。特に、イギリス人の発音に多いように感じます。また、私自身もそのような後者の言い方の方が自然に発音し易いのです。アメリカ人と短い会話をしてみても、それで通じなかったことは一度もありませんが。
しかし、このような{Ai_, Oi_, a_u} の発音は間違っているのでしょうか? やはり、{AI, OI, a_U} と後の音を発音するべきなのでしょうか?
回答です。全体的に深めのところで発音しておれば、厳密に上だ下だという感じで決定するというよりは、自分で言っていて、音が同じかどうかで判断するのがよいかと思います。深めで発音しているので、Ai_と感じられるのであれば、それはそれでよいのかもしれません。また、混乱するような音のぺアがないということもいえますね。

(2){Au_} の発音について
 従来は、オを長く伸ばしたような(オープンオーと言われる)発音が、英語喉の解説では、{Au_} になっていますが、これは現代的なアメリカ英語に特有のことではないですか? アメリカ人にもイギリス人にも、オーと言う人も多いように感じますが。しかし今後は、なるべく現代的な{Au_} を使った方が良いのでしょうか?
 その方が、たとえば law を「ロー」と言って low と区別できない心配がありませんからね。従来は、low は「ロゥ」と言って区別しろとやかましく注意する英語教師がいましたが、あれは可笑しいのですかね。

回答。やはり、、{Au_} が正しいということです。LOWをロウというと通じませんね。低いという意味ととられてしまいます。
 
 ところで、ball, call の母音も、{Au_} で良いのでしょうか? 私には、「オー」と言うアメリカ人も多いように感じます。しかしこれは、{Ow_} では無いと思いますが?

回答:これはAですね。 
 また同様に、door の母音は、オーにしか聞こえませんが、これも{Ow_} では無いと思いますが、いかがでしょうか?

回答:Oの最後の部分がそういう風に聞こえるのでしょう。言うときは、あまり考えず、Oのライフサイクルを発音すればよいでしょう。
 
 最後に、英語喉の発音練習表にある、result の母音は、{Au_} ではなくて、{u_} ではないかと思いますが、違いますでしょうか?
 

回答:まだジーナに聞いていないですが、たしか、これで正しかったと思います。

後日談:ジーナに確認しましたが、正しいということでした。やっぱり言い比べてもらったら、感じが違いましたよ。これは音声で示したいところですが、ご自分でもやってみてください!

以上、今回もよろしければぜひご回答を頂きたく、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

どうも!

Related Articles

アキさんのご質問

英語喉出版以来、するどいご質問をいただいております。アキさんからご質問をいただきましたので紹介します。  最近、ロシアからのスパム攻撃のせいで、コメント機能を停止しておりますが、もしご質問がありましたら、メールでお知らせください。question あっと estat.us まで。 ***以下、アキさんからのメールの引用です*** ところで最近は、上川先生の著書で発音練習を続けていたおかげで、私の英語発音がずいぶん改善されました。先日たまたま初対面の英語ネイティブと簡単な挨拶を交わした際に、「あなたはアメリカのどこの学校に留学していたのか?」と質問されました。私は一度も、アメリカへ行ったことはありませんが。 <回答: ジーナが前に、西洋人は、本当にうまいと思わないとほめない、、、みたいなことを言っておりました。アメリカの大学へ留学したのかと思われたということは、すばらしい成果だと思います。それも、簡単な挨拶で、そこまで言われるというのは、喉実践者からよく聞く言葉です。ヒロさんだったかな?前、似たことをおっしゃっていました。二言、三言で、おー!とくる。結局、喉と3ビートを開いては聞いているということですね。 NHK喉自慢で、鐘がすぐなる人がいますが、似ていますね。> 最近、発音に関してとても気になっている問題がありますので、以下に3点、質問させてください。 (1){a, a_} の発音の使い分け方について 「英語喉50のメソッド」のp39~41 によると、アクビエリアの最上部の {a} を使うのは、スペル上で a の後に m, n が来る部分だけとなっていますね。しかし実際にアメリカ人が喋るのを聞くと(映画やテレビ放送など)cat, back, fat などでも、アクビエリア最上部の {a} を使っている人が非常に多いようです。イギリス人は、あまりこんな喋り方はしないようですね。back のアメリカ式発音は、「ベエアーック」みたいに長く強く伸ばして言う人も多いようです。 <回答:ジーナに確認しましたが、やはり米語において、二つの区別は厳密にされるようです。ただし、地域によって深みが微妙に違う可能性はあるといっていました。ですから、区別をするのが無難です。アキさんに、なぜそう聞こえるか、、、という点ですが、ギャーみたいだったら、アクビエリア、という感じで、捕らえてらっしゃる可能性はありませんか?あくまでも音色の質を聴き比べてみてください。ただ、ノンネイティブとしての私としては、おっしゃっていることは分かるように思います。>…

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

今日はアキさんのご質問への回答です。 

ご質問 喉発音の本では、n,t,d の子音は舌の角度などにこだわるな、と解説されています。この3音は、昔から学校では、口蓋前方の歯茎の位置に舌先をちゃんと当てて息を吐くように指導する教師が、多かったと思います。しかし、私が喉発音の練習を始めて感じたのですが、必ずしも口蓋に舌先が付かなくてもよいのではないでしょうか?   回答 そのとおりです。喉革命以前の私はNといえば、強調するほど、舌を屋根につけて発音していましたし、そうすることが、ネイティブ発音と思っていました。例えばPENであれば、ペンヌという感じです。ESS仲間などの間ではそうすることが*一つのステータス*だったような気がします。日本人の間では「俺は発音がうまいんだ」、、、というような。 Sのときに、やたらとすーっと音を鳴らす、、、というのも、その手のアピールとなりましたよ。昔ESSでランチタイムに英語会話をしていたのですが、静かな教室に響き渡るような風の音がします。高校のときに留学していたという先輩などはそういう発音をしていましたから、おーネイティブっぽい、、、と感動したものです。で、私も真似をしていました。      ちなみに、喉の本を書いているときに、共著者のJEANAさんに、カズが喋るとき、そのスースーする音はなんじゃ、、、と聞かれました(笑)。で、JEANAさんは、カズは口の奥に銀歯があるから、その銀歯に風があたって、そんな音を出す(Sの発音のときに)、、、と納得していました(喉をまだ発見していなかったときのエピソード)。今考えてみると、それこそがSを口発音していた証拠ですね。これが抜けるのにちょっと時間がかかりました(外人声強制ギブスを使うとすぐ直るでしょう http://nippondream.com/estatus/wordpress/?p=219)。英語耳の松澤さんは、Sのときに、摩擦の音が10メートル離れていても聞こえるようにと指導されていますが、これでは口発音傾向がたかまってしまい、英語がますます通じなくなります。 (なんで銀歯の話になったかというと私と同年代か、下のアメリカ人は、むかつくほど、虫歯がないんです。一箇所も治療の跡がない、つまり銀歯などがない、、アメリカ人はざらです。もっと若い世代では当たり前でしょう。うらやましい、、、)             ありゃ、N,T,Dの話をしていたのに、Sの話になってしまいました。ポイントは日本人が思い込んでいる発音法は、ネイティブに対して、「あー、そうやったらうまくなったねえ」と言わす効果があるんじゃなくて、日本人同士で、そうやったらネイティブっぽいよ、、、と思い込んでいる部分にアピールしているだけ、、、ということです。             教師が舌の位置にこだわるのは、それは、なにかやっている気になるということです(ごめんなさい)。舌の位置ならば、誰でも動かせますから。野球でノックをするときに、腰をおとせ、、、と指導するのに似ています。腰をおとしても球がとれるようになるわけじゃないんですけど、監督の立場から見ると、何かをさせて、それが実践可能なので、何かをしているような気に慣れます(炎天下でも水を飲むなとか、泳ぎに行くなとか、、も言われていましたよ、、、体が弱ると)。アメリカの大リーグで全然腰をおとさず、ごろをとっている選手などがいて、なーんだありゃー、、、と思ったことがあります。実際は舌を右におこうが、左におこうが、N,T,Dの発音ができないとダメだということです。喉でがんばりましょう!             教師バッシングみたいになってしまいますが、そういう意図ではありません。本当の気持ちは教師がプロとして何かを教えるときに、メソッドを開発しましょう!ということを言いたいんです。予習や復習はメソッドではなく練習法です。メソッドのない練習法はただの練習です。繰り替えすことも練習法にすぎません。メソッドとはプラモデルを組み立てるときの説明書と同じ。こうやって、こうやったらできますよ、、、というメソッドです。             私は中学校の数学の授業をよく覚えていますが、予習するにも、わからん、授業うけてもわからん、復習するにも分からん、、、試験前になってもわからんから勉強する気が起きない、、、とう憂鬱な気持ちをよく覚えています。数学を生徒が理解するメソッドが確立されていないのです。かわりにあるのは、予習せい、復習せい、態度を直せ、とか、、、そういう精神論ばかりでした(ずっと自分のせいだと思っていましたが、アメリカにきて統計学をとったりして、今はその分野なんですが、ありゃ、わし、数学が不得意じゃったんじゃなかったんかいのお、、、とショックを受けました。)   ご質問 たとえば、I can go there.  I…