国産ネイティブ 続出か? まりこ。ENGLISH LIFEさん

盆と正月が一緒に来たのか?三羽さんのBLOGを見ていたら、このかたが音声UPをされていた。さらに、喉以前の音声も聞ける。

http://mariko3englishlife.blog60.fc2.com/blog-entry-354.html

殆ど完璧に聞こえるのだが、、、あえてあげるならば(このレベルだとご本人でも分かるはず)、

  • BOXのOが微妙にオだーー>アにしてください
  • HASのAが弱くて、シラブル自体が消えかかっている
  • VEGETABLEのGETのところがやや曖昧?
  • BUSYのUのところのi_がやや浅い
  • ATのAが浅い
  • TAKING A TRAIN TRIPにでてくるTが少しだけ、口未練あり(でもOK)

しかしこの指摘は、指摘してやるぞ!と血眼になって探したもの。

ネイティブがリラックスしたまま、聞くことができる。もしこの音声をネイティブになんの説明もなく聞かせたとしたら、「で?」みたいに言われるだろう。「へー弁当ってあるんだあ」とかね。リラックスして聞くことのできる英語なので、なまりがどうのとか考えないからだ。

逆に、口発音の英語の場合、どんなにがんばっても、ネイティブがまず「よーし聞くぞ!」と構えないといけない。

だって、THとかSが単なる風なんだからしょうがない。その風とか、摩擦の強さで、この日本人の人は、音を区別しようとしているんだなと頭を切り替えないといけないから。

喉パラダイムを教えていて思うこと。

今、目の前の人ができるかどうかが、大事。

それ以上の大きな野望は忘れてしまう。

Related Articles

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

バハマから帰って来ました

バハマから帰ってきたと、電話で母に言うと、パナマ?とか言われたのですが、バハマです。 アメリカから見ると、イギリス領なので外国のはずなのですが、米ドルが使えました。さらに、現地通貨は、完全にドルと一致しているみたいでした(1ドル=1ドル)。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 景色はとってきた写真をごらんください。天気はまずまずでした。太陽がすかっとでているときは、海の色がバスクリンをいれたお風呂みたいな色になって気分がよい。これが一番大切だから、曇っている場合は、運が悪かったと嘆いてしまう。 これに写っている海で、スノークリングをしました。日本語では水中遊泳でしょうか?水中眼鏡と、パイプみたいなのを口に加えて、泳いでいる魚や、さんご礁の(劣化したようなもの、、、)を見て楽しむのですが、これは、私はかなり楽しいのです。 珍しいものとしては、エイというのでしょうか、泳いでおりました。ジーナはバラクーダをみたそうです。バラクーだは、水面近くを泳ぐそうですが、私は真下ばかりにとらわれていたので、見えませんでした。 (歩き方で分かるのですが)日本人らしき女性が二人いたような、、、。 これは、そのあとで、船に戻っているときの写真です。ちいさな船で、母船から、ある小島に行ったということです。 客船のたびは、4泊でしたが、一人、2万円程度です。食事などを含めてです。ただし、チップ代などを含めたり、ビーチでのツアーという感じの企画のお金を含めると、一人、4,5万円ぐらいまでなると思いますが、本土で、ニューヨークでホテル一泊するだけで3万円ぐらいかかるので、客船のバケーションが一番格安じゃないかと思います。 英語ではクルーズと呼びます。 これは、二つめに寄った港で、NASSAUということろです。 「かや」と呼ぶのでしょうか。英語ではストローですが、それで作られた手芸製品が有名みたいで、私たちも、おみやげを買いました。日本の家族に来週送る予定です。 現地の言葉は英語と、あとクレオールだと思いますが、店員さんたちが喋っていました。 残念ながら写真のとおり、曇りがち、、でした。 クルーズは3回目なのですが、今回は、フロリダから出発しました。DCからフロリダに下ること自体、2日かかりました。15時間のドライブです。全部で、1800マイルぐらい運転しました。日本縦断以上なのでしょうか???時速はだいたい70マイル(100キロぐらい)でした。うちのはダッジ車です。運転していると他のダッジ車で同じ機種に乗っている人達が、手で合図して挨拶してくれます(これはDCにいるときも同じ)。あるとき、ま~~たく同じ色の自動車が駐車場で止まってましたが、わざとジョークで、となりに、とめたのだと思います。 <タイヤが太めでしょう。日本でありえるのかわかりませんが、私の住むバージニア州では、冬の雪が降る時期、突然、高速道路のどまんなかに、子供の頭ぐらいの穴があいていることがあり(POT HOLEと呼びます)、カローラとかのタイヤの太さだと、こぽっと、一部、はまってしまうことがあります、、走行中にですよ、、、というか、実際、やられて、以前乗っていた、カローラの修理費に4万円ぐらいかかりました(90キロぐらいで走行中に、突然、穴に落ちるわけです。非常に危険です。今は、太いタイヤで安全度が増したと思います。> うちからだと、まず出発のバージニア州、次がノースキャロライナ、サウスキャロライナ、ジョージア、、、そしてフロリダ州です。 ほとんど民家がないようなルートでした。 サウスキャロライナあたりになると(いや、そこまで行かなくてもですが)、ガスステーションなどでトイレ休憩するときに、「このあたりでは、ちょっと気をつけないと」という気分になります。 それは、人種混合カップルに対する容認度が低いので。 日本では、「国際結婚」という言葉を使い、少しファッショナブルな感じですが、アメリカでは、「人種間」という言葉を使い、やや地味な感じがしますね。 ただフロリダあたりになると、いろんな州から人が集まっているので、気にならなくなりますが、フロリダは、引退して引っ越してきた老人の割合が多いので、運転に気をつけます。 クルーズでは、半分ぐらいが、アルゼンチンの若者たちでした。なにかの企画だったみたい。みんなが同じ顔に感じられてはっとしたのです。よく外国人が日本人がみな同じに見えるといいます。 あれは、アメリカが特殊なのだなと。この国はいろんな人種がいるし、白人にしても、色々です。…

私の学習法+しばらくUPできませんが、英語喉を体験されたかたのBLOG群

しばらくUPできません(と思う、、、???6月の6日ごろまでかな)が、英語喉を体験されたかたがたをぜひ応援してください!英語喉関係のBLOGのリンクを、今日のエントリーの下にコピーしました。コメント機能は以前にコメントを投稿したことがあるかたのみ可能というオプションにしました。なにかあったらメールください(すぐに見れるかどうかわかりませんが、、)。 あ、初めてこのBLOGにいらっしゃったかたは、国産ネイティブ集あたりから始められては? http://nippondream.com/estatus/wordpress/?cat=2 あるいはプロフィールかな。 特に英語革命さんと英語物語さんはUPをかなりされています。 脱!英語人間~英語喉に挑戦 アメリカ留学~日々雑感^^ サーフィン上達セミナー 三羽四郎二郎さん 天満さんの英語発音セミナーのお知らせ NKJMさん あおい英語 33歳主婦 中学英語から目指せ 小岩を愛する株先生のブログ 46歳 グータラ主婦のがけっぷち英検一級チャレンジ 英語喉チャレンジBLOG Native Speakerへの道 毎日30分英語speaking! KENJIさんの「英語喉をマスターしよう!」 ヒロさん hiroeigonodo’s Channel 英語喉は英語難民を救う!? 烏山重工株式会社 英語喉実践ブログ 英語漬けの日々(KAZ Yさん) 英語喉物語 英語喉革命 英語喉にトライ QPさん YK62901’s Channel   さて、先日、Sさんに、リスニングの練習法に関する質問をいただきました。ラジオなどを聴くときに、どうやると効率がよいか?以下の1でしょうか?2でしょうか(まあ実際にはMIXだと思いますが)? 1.聞いて分からなくても、気にしない。 2.聞いて分からなかったところは、原稿と照らし合わせてチェックする(ラジオに原稿はないので、映画とかでしょうか?)。 思うに、1のほうではないかと思います。私の場合はそうでした。聞いておいて、分かった部分で、単語の使い方など気になったら、知らべるという感じ。聞こえなかった部分はしょうがありません。もう二度と、同じ表現がラジオで流れることはないでしょうから、まあ、それはそれでよいのではないか?と。 ちなみに、私はスペイン語のラジオを聴き始めました。分かったところ、へーこんな使いかたをするのか、、、と思った部分を覚えようとしています。ラジオなので、分からなかったところはしょうがありません。 分かったことを参考にしながら言葉を覚えていくというかんじです。分かったことだからこそ、自分で使えるのかもしれません。 もちろん、自分の興味を大切にしたらよいでしょう。映画好きならやっぱり原稿をチェックしたいということであれば、それもOKでしょうね。 どちらが自分にとって楽しいかというのを大切にしたら良いと思う。実際には、気の向くまま両方をしたら良いと思います。 英語喉で聞けて、言えればそういう練習が意味をもってきます。 英語で言ってみました。 www.estat.us/blog/kikitori1.wav…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.