Skip to toolbar

言説形成 そして突破口

ちょっと思いつきで書いているので、右往左往する。 

言説、言説と言っているが、もともとはミシェルフーコーの用語だ。大学時代によく読んだ。代表的なものとして、DISCIPLINE&PUNISHというのがある。これは熱心に読んだことを覚えている。何が悪いか、何が罪かという概念だけでなく、処罰の方法も時代によって変わってくる。そして近代の処罰の方法は、医学的なパラダイムの変化もあって(精神科など)、変わったが、それが確実にベストというわけではない(個人の自由を奪う、新しい形のソーシャルコントロールが登場したというだけだ)というような内容だった(と思う、、、読んだのは20年前)。

 discipline.jpg

特に卒業後、英語教師をやり、多くの生徒を効率的にコントロールしなければいけない立場になり、言説形成とか実践ということの意義を深くしることができた。いかに、生徒を黙らすかとか、そういうテクニックの集積があり、それは「語られたたこと」ではないが、フーコー的な意味でも言説戦略の一部と理解している。

フーコー自体の諸作はなかなか読むのが難しかったが、特にエドワードサイードのオリエンタリズムに感銘を受けた。フーコーの言説分析を具体的に実践しているように思われたからだ。サイードは、いかに、ヨーロッパ人のもつ中東のイメージが、書かれたことや伝えられたことによって形成されていったかということを分析した。あ、思い出したが、似たようなことで、WAR WITHOUT MERCYというジョンダワー氏の本もいかに対戦中に日本人のイメージが形成されていったかというようなことが書いてあった。

言説分析の一番面白いところが、昔からあると思われている考え方が、実は近代になって発生したのだ、、、などということを暴くところである。

私達のすること、やること、語ること(語り方?)も実は歴史的な構築物である。古いということではなくて、例えば昔は無かったのに明治維新のころから起こったとか、そういうことを突き止めるのが言説分析になるだろう。とくに明治維新のころからの富国強兵のスローガンがいかに今でも生きているか、そしてそれどころが、あたかも大昔から存在したように自明のものとされているか、など面白いトピックはあると思う。

フーコーは大昔の人が以下に性を語ったかというようなテーマで本を書いている。「いかに語ったか、語られていたか」、つまり言説を分析しているのだ。

あ、あと、フーコーには言説の切れ目というような考え方がある。英語喉によってパラダイムに裂け目ができたわけだが、それが突破口的に全開することがある。シラブル、音節という考え方はこれまで全く考えられてこなかった概念である。辞書に載っているのにもかかわらず誰も注目していなかった。実はそれがものすごく大切なのだということを英語喉が示した。これは私が示したわけではなくて、共著者でネイティブのジーナさんが発見した。

そしてその音節の読むかたは、例外が生じないほどの正確さをもって英語喉の後半に描写されている。なぜ例外がないのか。ネイティブはレイジーだから、数の限られた法則でしか喋っていないのである。法則が多すぎるとネイティブでも英語が喋れないからである。これは私が発見したわけではない。私はネイティブの共著者の言っていることを日本語にしただけだ。

ネイティブ共著者は恐ろしいほどの正確さをもって英語の秘密を暴いていった。

この言説の切れ目、そしてパラダイムシフトによって面白くなるのが、これまで語られてきたことを客観的に考えることだ。

日本の韓国でしか言われていないことがたくさんある。

イントネーションが大切だとか、ネイティブの真似をする必要がないとか。

よく考えると、当たり前だが、イントネーションは適当でも英語は通じる。日本語でもそうだ。ふざけて、アホのようなイントネーションで日本語を喋っても通じる。ロボットのように平坦に喋っても通じるではないか。

これらの言説群が今後どのように浄化されていくだろうか。

言説というのは、正確には、語りかたということができるだろう。ある場所にしか存在しない語り方をさして言説という。その言説がある社会において、真ととられているのは、言説形成が起こっているからだ。色んな人が、それが真であるとよってたかって語っている様子である。

「イントネーションが大切だ」という言い方は日本と韓国でしか聞かれない。そういう意味でこれは言説である。

「ネイティブの真似をする必要がない。」というのも同じだ。

そういう言い方があるかないかということである。もちろん、例えばスペイン人にそういう質問をすれば、そうですね、というかもしれないが、そういうことではない。

日本と韓国以外では、そういう発想、語り方がないということだ。

 

Related Articles

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

ふと思う、、、なぜ他の人は、、???

昔アメリカで出会った日本人の知り合いが、SEE YOUと挨拶するときに、「すい~ゆ~」と発音していて、え?なぜSEE YOUと言わないのかなと頭をかすめたことがあります。でも当時、ネットがなかったので、そもそも、日本人が英語が苦手だということを知らなかった、、、。でも今思うと、なぜ自分は英語ができたろうのだろうと考えることができる。なぜ、SEE YOUを「すい~ゆ~」と発音しているの?と深く考えることがなかったのだが、結局、自分以外の日本人は当時英語を音として聞いていなかったのだろう。 同志社のときに、2年アメリカにいて帰ってきたESSの先輩がいて、先輩、聞き取り完全にできますか?と聞くと、「日本語でも分からんことがあるのに、できるわけない」とおっしゃったが、先輩も結局、英語が聞けていなかったのだなと思う。今思えば。 ttp://blog.with2.net/link.php?709532:1932 英語の音の深い部分を聴き、シラブルを大切にしながら英語を聞いているので、100%聞き取れるし、アメリカに住んで長いのもあり意味も100%分かるのだが、一つ悩みがある。 それは、日本人は英語をそもそも音として聞けていないが、他の人類は、ノンネイティブでも音としては英語が聞けているのだ、、、という点を言っても、英語が聞けない他の日本人に理解してもらえないことだ。 野球のイチロー氏が10年以上アメリカに住んでいても通訳を使っているのは、英語が音として聞けていないからだと思うのだが、そのことと対照的に、アメリカの体操競技のコーチをしている中国人達が普通にアメリカ人とコミュニケートしている。 アメリカの会社で働いていて、日本と全く関わりのない仕事をしている。中国と韓国にもまったく関係のない業務の会社だ、、、が、中国人と韓国人はたくさんいる。当たり前のように英語を聞いて、会議中に、英語に苦労して辞書を引いているひとは一人もいない。 それは、中学校で英語を勉強しはじめたとき、いやそれ以前から、自然現象としての英語の音は聞こえている。  それはシラブル構造がだいたい英語も中国語も韓国語も似ているからだ。 私自身、大学時代から、英語が正直なところぺらぺらだった。なぜか大学の1年でESSに入ったときから、全然、苦労していない。いや、高校で初めて、アメリカ人と話したときでも、ぺらぺらだった。アメリカではマイケルジャクソンはMAIK-KEL-JACK-SONだけど、日本語ではMA-I-KE-RU-JA-KU-SONですと言い放ったことを今でも覚えている。なんでそんなことが17歳のときに分かったのか???それは、きっと小林克也のベストヒットUSAを見ていたからだろう。 もちろんジーナに、その子音ー母音ー子音が全ての英語の発話に現れることを聞くまで、シラブルなんて考えたことがなかった。 よく考えると、シカゴで大学院にいっていたころ、昔はネットがなかったので、他の日本人が英語で苦労していることをあまり知らなかった。 なぜ自分が当時から英語ができたのか、、、今考えると、それは自分が広島出身で、広島弁のシラブルが中国語や英語に似ていたからだと分かる。 じゃ*けん*のお~~ というまるで中国語のようなシラブルのリズム、、、そして、そのリズムは英語と同じ。 じゃ、広島だったら、誰でも英語ができるのかということになるが、広島弁のリズムと英語のリズムが同じで、あんまり「学問的」にごちゃごちゃいわなければ、自然にできるようになるだろう。 あと、中学のときに英語の教科書よりも、ドリル教材のほうがぴんときた。教科書はごみのようにごちゃごちゃ表現がでてきて、そこから文法項目を引き出すかたちだ。ドリルは、その項目の大切な文法点がまずあって、例文がのっていた。 私はその文法のポイントを理解し例文を覚えた。 よく考えると、私がとったやりかたは、日本人以外の世界の人々がやっているやりかただ。アメリカ人で日本語を勉強している人たちは、そういうやりかただ。 日本はまずテキストを読み、訳し、そこから先生が説明を加える。しかし、これは、先生が活躍するフォーマットで、生徒は先生の話を聞かないと、理解できない仕組みになっている。 ところが、私がやったやりかたは、先生を必要としない。文法はすっきりしているものだ。そして例文を理解し、覚える。 先生がいらない。 まるでギターを独学で覚えるときのようだ。 ただし、このやりかただとテストで良い点がとれない。中学のときの英語の成績は10段階で7だったと思う。これは自分でもやや意外だった。高校に入っても、英会話のNHKラジオを聴いていたし、洋楽も聴いていたので、英語は好きだという感覚があるのだが、成績はトップにならない。あるときに、成績トップの友人がこう言った。テスト前に教科書を何回も暗記するまで音読せよ、、と。それをしてみると、実際、テキストを暗記することになり、定期テストで満点近い点がとれるようになった。 な~るほど、成績トップの人たちは丸暗記しているのか~~と気づいた。実際丸暗記するとテストの点がとれる。それはそうだろう。先生は教科書をベースにテストを作っているのだから。しかし、学校の成績が良くても、実際に英語が喋れるかどうかに関係しにくいのは、丸暗記した知識は、実際に英会話をして使っていないと力に結びつかないではないか?と思う。それは高校のときだったのだけど、そのときに、「な~るほど中学で英語の成績のよかった友人たちは丸暗記してたのかも」と思ったのでした。 しかし高3のときになると英語の定期テストの勉強はやめた。あえて普通に英語の勉強をしておけば、定期テストの問題もとけるはずだと思ったからだ。一般的な受験勉強をしながらも、短波ラジオでVOICE OF…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.