Skip to toolbar

今週末は4人の人を国産ネイティブの入り口へと、、、

がんばります。一人一人、喉のパラダイムが分かる人を増やしていきたいと思います。

Related Articles

一人一人、少しづつ

この1年ぐらいフェースブックやTWITTERで英語喉の存在を知っている人が増えていると思うが、それは存在を知っているということであって、実際に革命を経験してくれたということとは程遠い。その難点は、 1.ゲップエリアに到達できない場合に、意味が分からない 2.聞き取りが向上しない人がいる。 1に関しては、もともとの方言、喋り方の関係上、声帯を力ませずに喋るということが想像を絶するほど難しいということ。これについては、私は実は理解できる。歌となると、私自身声帯が力んでいた時期が長くあり、どんなにがんばっても無理だった。しかし、深呼吸を利用すること、特に、空ぶかしで練習することをやりだして、ついに、歌いながらでもリラックスできるようになったように思う。 この経験から分かるのは、どんなに練習しても、本当に脱力していないと練習の意味がうすいということ。練習するから、脱力ができるようになるというより、本当に自分の体を理解し、脱力できて始めて、できるようになるということだと思う。 剣道で分かるが、大人になって始めた人は、何年たっても脱力が難しく、いつまでも肩に力が入ったようなフォームを続けている。 これは人が言うことではないが、本当の意味でまじめにやっていない。どんなに力を抜けと言われても抜かない。それはたぶん、大人だから、人の話を聞いても、言われても本気にしていないからではないだろうか? 脱力のためには、発想の転換がいる。犬や猫を飼っておられるかたは、観察してほしい。動物はリラックスが得意だ。 うちの犬に、長いあいだ噛むためのえさ?トリート(豚の皮みたいなやつ)をやると長時間かんでいるが、よく見ると、その皮が喉の奥まで入り込んだままでかんでいる。ほとんど胃袋に入っているんじゃないか、、とも思えるが、たまにまた出してきて、噛んでいる。 日本人だと、喉にちょっと異物がはいると、げろっとなるところだ。 これは犬の喉はリラックスしきっているので、皮(食用)を自由自在に出し入れしては噛んでいるようにみえる。 さて、もうひとつの難点の2だが、英語喉をやっていても、革命的な聞き取りの瞬間が訪れない場合、また、これも発想を転換してほしい。本当にゲップエリアで発音しているだろうか?ゲップエリアの音を体感できているだろうか?従来のやりかたも少しぐらいは正しいと思って口先でやっていないだろうか? 音程を無視して音を聞いているだろうか? ネイティブ同士の会話は分からなくて普通と思い込んでいないだろうか(それはオカルト的発想ですw)? ネイティブ同士の会話が分からないということは、それは英語力がゼロだというぐらいの厳しい態度で臨んでほしい。せっかく英語を勉強しているのだ。ネイティブが日本人用にゆっくり話している英語だけで、このまま進みたいですか?それとも、普通に英語が海外の人と喋れるようになりたいですか? まず、一度、赤子の気持ちになって、取り組んでいただきたい。 喉PROJECTのおかげで、一人一人大切に喉的成長を見守りたいという気持ちが強くなってきました。

MASAさん音声UP+機関銃英語38ページ

最近、英語喉を始められ、コメントも当BLOGに残してくださるMASAさんが、音声UPをされているので音声で指導。喉発音ができていて、かなりいけている。今の状態で、決してネイティブに聞き返されることはないでしょう(GOOD JOB!)。指導の点は、トランペットのようなつながった音にすること(たくさんの息を伴うゲロプッシュで)。音がつながれば国産ネイティブレベルです。ぜひ、またUPして、私に国産ネイティブ宣言をさせてください。 www.estat.us/blog/masa_03_08.mp3 さてと、、、 以下はバチェラーという番組で、私のうちではかなり熱心に見ている番組です。この番組を見ていると、女性が全員、がまがえる声なのですが、やはりネイティブ同志の会話のときは、がまがえる声なのだなと納得できます。番組の目的は、一人の男性(バチェラー)が、番組で求婚する女性を選ぶことです。この番組は来週がフィナーレーですが、彼の声を聞いていると(この動画じゃなくて、番組で)、金髪のエミリーさんのことを語るときに、特にのど声に感情が乗るので、結果は見え見えだ。 http://www.youtube.com/watch?v=HFGtFVX2QDE  さてと、、、 英語喉を教えるときは、グループで教えるときであっても、一人一人、見ていくのが普通だ。最近は、1人か2人で教えることが多いが、7人で教えたこともある。それでも、例えば、個々の発音は、一人一人やってもらう。 しかし、一箇所だけ例外がある。それは機関銃英語の37ページだ。簡単な単語を使いながら、どのように単語がシラブルに分けることができるかを確認しながら読む練習だが、簡単な単語といえども、私自身が、え?こんな読み方だったの?とびっくりした単語を集めてある。例えば、アイルランドとかニュージーランドのランドが、ランドじゃなくて、あえてカタカナを使えばリンドだということなど、本当に驚きだ。カタカナで考えると、とんでもないと思えてくるが、i_なので(L-i_-ND_です。あ、Lは小文字で書くべきだけど、大文字で書かないとIとの区別がつきにくい、、、)、首の根元。すると、ネイティブが発音している音と同じ音が出る。 この37ページ、38ページだけは、一緒に読んでもらっている。これは私が2時間教えるとすると、1時間20分あたりにあたる部分で、それまでで、受講者は、喉発音はカバーしている。かなり真剣にこのページを読むことになる。その真剣さの度合いは、かなり高い。 喉発音のメカニズム自体は、ラジオ体操的には教えにくい。グループレッスンであっても、個々の人への指導が大切となる。しかし、ちゃんとメカニズムを押さえた上でなら、シラブル・3ビートの読み方をラジオ体操的に指導することはありえる(日本の学校教育は、最初から最後までラジオ体操的であるのが弱点だ)。 さて、その様子を音声によって、再現してみた。一緒に読んでみましょうか(前にもこのページは読んだかもしれないけど)。ただ読むだけではだめだ。まずシラブルの分割を意識して、おおげさに読む。そして、そのあとは、喉の根元の肉をうまく響かせて、それを音にし(響き=音)、トランペットの音がそうであるように、個々の音で切らずに、またシラブルのハザマを切らずに、読む。 気づいてみると当たりまえだが、語学の習得は、ダンスや音楽などに似ていて、究極t系には感覚的にできるようにならないと実践で使えない。 www.estat.us/blog/kikanju_p_38.mp3 日本人は、間違って読む場所も同じであるので、それも指摘した。

ワシントンDCの日本人用掲示板で受けたアンフェアな批判

ワシントンDCにおけるボランティア講座も、広告を出す段階で、問題が起きていて、全然、新しい人が集まらなくなってしまいました。でも、2回目のかたがたが、来てくださるので、がんばります。 例えば、明日は木曜で、初めての人のためのボランティアの日ですが、以下のとおり(私が出した広告です)ですから、誰も来てくれません、、、残念です。 英語聞き取り教室(完全無料ボランティア) Name:かず ( 12/04/10 09:15 ) 69.143.104.34 返事を書く 英語聞き取り教室(完全無料ボランティア)VA ROSSLYN駅・コートハウス駅の近くで、完全無料ボランティアの英語聞き取り教室をしています。だいたい木曜日の7時から7時半までです。こちらからご予約お願いします。 http://www.doodle.com/cenndcx3bvwqzmvc 初めての人用クラス 4月12日(木)夜7時~8時半 2回目以降のかた 4月19日(木)夜7時~8時半 初めての人用クラス 4月26日(木)夜7時~8時半 2回目以降のかた 5月3日(木)夜7時~8時半 お願い 私の広告には批判メッセージが来てしまうのですが、あまり、場所をとってしまうと、他の広告が見難くなってしまい、削除対象となってしまいます(昨日、出しましたが消えました)。ご批判の理由は、私がステマを演じているという疑惑ですが、実際、していません。この点、ボランティアのための広告を出せなくなってしまうので、勘弁してください。また過去に、私の言動が、なんらかの苦痛を与えた件、すみませんでした。これまで、好意的な書き込みをしていただいた皆さん、ありがとうございました。「ステマ」批判をさけたいので、静観のほうをお願いたします。ボランティアを続けたいという思いです。できるだけ宣伝と取られるような要素をさけながら、続けさせてください。 [New][Re:1] overpost Name:と思いますけど ( 12/04/10 14:24 ) 50.83.126.46 削除されたのは、ただ単にoverpost だからなんじゃないですか。overpostはspamとみなして削除されるのはよくあることです。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.