Skip to toolbar

長崎の雨さん 喉パラダイムの地平に突然出現

 長崎の雨さんが先週だったか、喉パラダイムの地平に突然出現された。もちろん、これまでも多くのうまい人、とくにもともと喉を使っていたという人が出現していたが、なぜか長崎の雨さんの出現は、衝撃的だった。最初の直感は、「この人は実はネイティブに頼んで録音したものを送ってきたのではないか」ということだった。ところが、そうではない、、ということが分かった。

氏の許可を得たので、以下のメッセージを紹介したい。「前からうまかったのですか」という私の質問に答えていただきたものである。喉の感想文としてNIPPONDREAMのほうに紹介したいが、とりあえずはここで紹介させていただきたい。

現在、あまりにも新しい喉パラダイムが必要なのは、このメソッドをやりきればできるんだ、、、という確信のようなものだ。長崎の雨さんの感想は、その当たりの応援してくれている。

***

私も以前からある程度は喉でできていたのかも知れません。よく人から「英語を話す時は声の感じが変わりますね」と言われていましたから。特に3ビートに関しては自然にできていたんじゃないかと思います。(私の現在の理解が全てだとするとですが) それでも次のような点でご著書が大変参考になり感謝しております。

1.総じて言えばこれまで何となくそうではないかと思っていた  事を確認させてくれた。言い換えれば「何か違うなー」と  思っていた従来のやり方が矢張り間違っていたと気づかせて  くれた事。

2.子音を発音する際、特にT,Pなどの破裂音で、喉で発音する  為には極力舌や唇の力を抜く事。これは上述の1.に関係する  のですが、従来はこれらの音を発音する際に力を入れ緊張しす  ぎている為、ごつごつして引っかかる様な感じでした。例えば  Particularly,entertainment,Popularなど。まだまだともすれ  ば力んでしまうのですが、大分直ってきました。気づいてみる  とネイティブスピーカーは本当にそれ程力を入れている訳じゃ  ないんですよねー。以前は力感がある方が何となく英語らしい  と勘違いしてました。

3.ルート音や音のライフサイクルなどの新しいコンセプト。(本当  の事言って、私もこれらの考え方を理解しているか未だやや心もと  ないんですが・・・・)

Related Articles

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか?

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか? さて、今週末の1時間半スカイプセミナー、あと2人募集です。以下で申し込んでください! http://doodle.com/2drucx8q7ang7wm8 喉発音がまあまあ、できるようになったかたの目標は いかに流動的に喋るか、、、にしませんか? 長崎の雨さんと以下の動画を真剣に見ていました。 下記で出てくるヴィデオ の中の’A.J. Burnet after Yankees’ shut out loss to Indians’ http://www.yesnetwork.com/media/video.jsp?content_id=15867945 です。このBURNETという投手は、けっこう、分かりにくい部分もあり、ジーナに聞いてもらっても、あれ?今なんてった?って感じの部分が微妙にありましたが、それでも参考にしたいのは、流動性、全然口に重心をおいていない、ポーカーフェース、、、などなどです。 私がアメリカで仕事をしていて、会議などでは、みんなこんな感じの顔で喋っていますよ。 すでに英語喉がまあまあできている人の次の目標は、ゲップエリアの底あたりを意識して、流動的に話すことです。これができていると次の発想の転換が起こります。 分かりにくいと思われる英語は、なまりがあるからとか、教育レベルが低いからではなくて、発音位置が低く、声帯の下の部屋のゲップエリアで音がスムーズにつながっているからだ、、、、 私も口発音時代は、黒人なまりがあるからわかりにくいとか思っていたことがあります。ところが、私の会社で駅から会社まで会社専用のバンに乗るのだけど、その運転手さんは、お年寄りです。黒人なまりもあります。 でも、全然、聞き取りにくくない。 また、私は口発音時代は、話者の教育レベルで聞き取りやすい、にくいが決定されると勘違いしていました。 発想の転換をしてください。…

ネイティブ度97%、、、というかこの自信に満ちた私の英語を聞いて欲しい

ネイティブ度が97%、、、96%?95%? という問題ではなく、 私がこの2日ほど、圧倒的なる自信を持って英語をしゃべりだした! この私の英語を聞いて欲しい。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_try_native_01_09_2012.mp3|titles=kaz_try_native_01_09_2012] http://nippondream.com/file/kaz_try_native_01_09_2012.mp3 自分で聞いていて、分かるのは 圧倒的なる自信にあふれているということだ。 まずは、MASA氏に感謝したい。このテクニックにいたったきっかけは、数日前のMASA氏のと会話である。あの会話がなければ、今のこの自信に満ちた私の英語はない。 私は、たしかにネイティブのような話し方はするが、圧倒的に自信がなかった。 例えば、数日前の英語喉ライブだ。 確かにネイティブのような英語をしゃべっている、、、しかし、不安が声に現れている。声が小さくなったりする。 いや、今、意識的にしているあることを、実は、英語喉ライブで確かにしている。90%は使っている。 しかし、しっかりと意識した形でつかっていない。 だから声が小さくなったり、自信がなくなったり。 さっそく、時間帯の近いKATSU氏にメールを打ったら、KATSU氏の反応もよく、すげ~~~~ということだった。 とりあえずは、このテクニックを秘密にしたい。 私は実はMASA氏に挑戦をしている。 MASAさん、私が、あなたのおかげで、あることを意識して英語をしゃべっていますよ。その結果、圧倒的な自信を得ました。私は例えば、このあと会社に行きますが、アメリカ人の同僚たちよ、、、ついに、私はあなたたちが何をしているのか、ついに100%理解しました。私はそれを97%ぐらいの形で再現できますよ~~~。 一体何をしているでしょうか???? MASAさん、メールで答えが分かったら教えてくださいね。   ある意味で、ネイティブに近いかどういかというより、何をしているから、この圧倒的な自信が生じるのかということじゃないかと思う。 私が今していることをすると、圧倒的に英語がすばらしくなるかたがたの名前が浮かぶ。 MASAさん、YOSSYさん、KAZYさん、、、たぶん、私が今していることを、意識的にしておられない。…

シラブルが絶対的に重要

昨日、中国語話者の英語について書いたが、そのきっかけについて少し話したい。ある日本人の人に本のことを話していたら、その横にたまたまいた見知らぬ人が、「いや、でもインド人や中国人でもなまりがありますよ」とおっしゃったことが一つのきっかけだ。「日本人だけが苦労しているんではありませんよ」というメッセージがこもっていたように思う。 喉に関する話に触れた人は、きっとそう思うことだろう。日本人だけが苦労しているんではない。フランス人だってHが言えないし、皆アクセントがある、、、と。 ところが、、、日本人が英語で苦労するレベルと他の外国語話者が苦労するレベルは結構違っている。そして、このことは日本人の学習者にはわかりにくい部分だ。見えない部分といったらいいだろうか。 他の外国語話者は、例えば、アメリカに移民してきたとすると、ふつうの状況にある人であれば、英語を結構うまくマスターする。ふつうの状況と書いたのは、ケースによっては、毎日働きづめで、英語を勉強する時間のない移民もたくさんいるからだ。 ずばりいえば、日本人以外の殆どの外国語話者は、最初っから英語の音が聞けているのである(殆どと書いたのは、東アジア系の言語話者、例えば朝鮮語話者や中国語話者もも、西洋言語話者に比べると、日本語話者の比ではないが、苦労している可能性がある)。 例えば、TAKE IT EASYという発話を聞いたとき、日本人以外のほとんどの外国人はTAKE IT EASYをTAKE IT EASYと認知しているのである。そして発音するときも、それなりにTAKE IT EASYと発音する。 ところが日本語話者がTAKE IT EASYと聞いたときに、テイキリージーと聞いてしまうのである。これはシラブルの構造が日本語と西洋言語では根本的に異なることが原因である。この点は英語喉で力説している。 外国人は発音するときに、それなりに発音している、、、と書いたが、もちろんなまりはある。しかし、そのなまりは、ちょっと聞いていればすぐになれるようななまりなのだ。一度、ローマニアの人と喋ったが、彼らはTHをFで置き換えて発音していた。I THINKがI FINKとなる。ところが、ちょっとなれると容易に理解できるのだ。THのときにFがいつも出てくるので。 ところが日本語のカタカナを通じた英語は、ネイティブにとってそのシステム性が見えにくい。例えばだが、STICKだとスティックだったり、ステッキだったりするが、Kがクだったりキだったりするわけで、そのあたりがネイティブの想像力を超えてしまう。 日本人だけが苦労する、、、と極端に言ったが、誤解のないよう願いたい。もちろん、英語をマスターするのは、簡単なことではないが、日本人の苦労は本当に大きい。 これはシラブルの構造の違いが原因である。 英語を3ビートで聞くことになれると、あたかも日本語を聞いているかのように英語が頭にはいってくる。実はそんなに難しいことではない。シラブルの中心にはいつも母音がある。だから、シラブルには規則性がある。本能的につかみやすい規則性だから、誰でもできるようになるのだ。 いったりきたりするが、アメリカ人が日本語を聞いたとき、最初っから聞けているのだ。日本人の観点からすると、例えば、「わさび」という単語をアメリカ人に教えるとすると、何回も繰り返して、言ってあげないと、聞き取れていないと思ってしまう。だって、自分だったらそうしてほしいから。英語の単語を何回か聞きなおしたいものだ。ところが、アメリカ人が「わさび」という単語を聞いたとき、WASABIとしてすでに聞こえているのである。 昔、ツルコウのオールナイト日本という深夜のラジオ番組があり、この歌(洋楽)のこの部分はこう聞こえる、、、というコーナーがあった。品性下劣な例ばかりだったので、紹介はできないので、かってに作って説明すると、例えばレッドツエッペリンのWHOLE LOT OF LOVEはホラララララアに聞こえる。 このような冗談、、、というか番組は、西洋言語話者を対象としてはできない。というのは、例えば、日本語で、「ゆーきやこんこん」と歌うと、その個々の音は正確に聞き取られているからである。外国人にとって個々の音を聞き取るというのは、息をすうとかと同じぐらい基本的なことなのだ。 もちろん、歌詞がはやすぎたら、覚えきれない、ちょっと聞き逃した(音がちいさくて)、、、ということはあるかもしれないが、基本的に音は聞き取れているのだ。 3ビートの話者は2ビートの言語を聞いたとき、あ、これは2ビートだな、、、と分かるのである。分かるから聞き取れるのだ。 日本語話者も3ビートになれれば、どんな言語でも、意味はわからなくても、書けといわれれば書けるようになるのだ。  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.