Skip to toolbar

アマゾンレビュー

アマゾンレビューで辛口の批評がありました。喉で発音なんてできるはずがない、、、ということがあるわけですが、まずはやってみていただければと思います。そもそも音を出す声帯は喉にあるわけです。口で響いているように思えるのは、実際10%ぐらいは口を使うということもありますが(本書を参照願います)、もう一つには、日本人は英語を喋るときに、口や喉を強烈に緊張させてしまう、、、ということも原因です。音は喉から出ていても、喉自体が緊張していると、確かに口で音が発生しているような感触がします。でも、音を出しながら、徐々に喉の力を抜いていってみてください。なーんだ音は喉でやっぱり響くものだということが実感できます。

ところで、辛口レビューをされた杉田さんが、「アメリカ人は歯の治療中に喋れるなんて信じられない」とおっしゃっています。正確に引用すると、

「本書に関するウェブサイトで筆者は、日本人は歯の治療中はしゃべることができないがアメリカ人はできると述べており、英語は喉で発音するという主張の根拠としている。これが正しいと思う人は本書を買って試してみても良いかもしれない。ほとんどの人は信じられないだろう。 」

西洋人が歯科の治療中でも喋れるというのは、本当の話です。日本人は歯科での治療中は完全に喉を舌でふさぎます。唾液を完全にシャットアウトしてしまいます。ところが西洋人の場合、喉は開いたままです。唾液は、舌の奥の奥あたり(アクビエリア付近)をカップのようにしてためます(説明しにくいので、いつか絵で示します)。

喉はあいたままなのですから、喉話者の西洋人は喋ることができます。もちろん口が使いにくいのではっきりとは喋ることはできませんが、歯医者さんとコミュニケーションをするには十分の喋り方ができます。

Related Articles

がんばってがんばらない 留学編

留学に関する言説というのがあるのだが、これも基本的に英語をめぐる言説と同じ性質を持っている。   とにかく準備しろ、目的意識を持て、、、というものだ。   私は準備や目的意識はいらないと思う。少し入ると思うが、準備しすぎたり、目的意識を、日本にいるあいだに、持つと大損である。   だって、(アメリカ留学を設定として話をすすめるが)、アメリカに来て勉強するのだから、アメリカの地で、アメリカ人と同じやりかたで、どんなことを勉強するかを決めたいものだ。現地の人がやっているやり方でやらないと、現地の教育制度の優れている点を素直に吸収できないのだ。そのやり方とはアメリカに来てみないと分からないのである。   ある程度、身を運命に任せないといけない。   理由はある。アメリカの大学、大学院で教えられていることというのは、結構、その時代の要請を表している。その時代ごとに大切なことが、教授たちを通じて伝わってくるところがある。   私が以下に大学院の1年めを無駄にしたかをお話することで、話を具体的にしたい。私は日本において、「日本の高校のエスノグラフィー」をしたいと決めてしまった。そこで、日本にいるときから、いろんな本を読んでいたのだが、これも自己流の読み方で、やたらと難しい理論家ばかり読んでいた。お化けみたいな名前の理論家とかを読んでいた。フーコーとか。それが日本では社会学の勉強だと思っていたからだ(アメリカに来てみたら、そういうことはやっていなかったのでビックリ、、、社会学は死んだ社会学者を研究する学問ではなく、社会現象を研究する学問だったのだ)。   まあ、それはどうでもいいのだが、1年目はアメリカにいながらにして、日本の研究をしようと、日本に関係のあるクラスをとっていた。まだ日本にいるときに、日本のことを将来研究しようと、早くから決め付けてしまったからそうなった。   が、もう一つには、自分の知っていることのほうが、成績がとりやすいだろうという考えがあった(シカゴでは、大学生も一緒に大学院の授業をとることがあるんだけど、大学生のほうが、完全に当時の私よりも賢かったし、テストの点でも負けたので、愕然とした。まあ、それはどうでもよい。)   で、2年から、たまたま研究助手をする機会を得て、そこからちょっと変わったという気がする。でも、ものすごくがんばったというのではなくて、その仕事に必要だから、統計学をやってくれとか、SASというソフトウェアでプログラミングをしてくれとか、、、いうことになり、研究に必要なことをいろいろと勉強した。   で、ものすごく不思議なのは、就職のときに、そういうことができる人を探している、、、という感じでアプローチを受けたことだ。   で、考えてみると、背後にはメカニズムがあるのである。私は単に、言われたままやっていただけなんだけど、シカゴの先生の下でやったことは、今いる業界で、そのまま通用する、、、そのことには意味があるのだ。   だって、その先生も、今の業界も、皆が皆、NSF(日本でいうと、学術振興会とかにあたる、、、研究費をくれる)とかからお金をもらってきて研究しているわけだ。だから、10年前、先生のもとで学んだことが、今でも大切なのである。…

米国の政治事情と経済

米国では、炎上スタイルでやっているトランプさんが連日大あばれで、、やや人々が疲れてきていると思います。日本語で食傷気味という言葉がありますかね。 トランプさんは炎上スタイル、、わざと人の悪口を言ったり、めちゃくちゃに振る舞うことで、人気が出て、大統領になりました。 ワシントンDCの野球チームがワールドシリーズに久しぶりに参加して、テキサスのヒューストンのチームと対戦中です。ワールドシリーズというのは日本では、おそらく日本シリーズと呼ばれていると思いますが、その年の最強の2チームが対戦します。 トランプさんは球場へと足を運んだんですけど、観衆の受けが悪く、ブーイングと「ムショに送ってしまえ」という大合唱にあいました。が、それがどのくらい聞こえていたのか、全体的にはどれぐらい多くの人が、その大合唱に参加したのかは分かりにくいです。 ムショ送りにせよ、、というスローガンはトランプさんが元々、発明?したもので、政敵のヒラリークリントンさんに向けて使っていたものです。 大統領が就任したのが3年位前ですけど、この3年間、一度も、そういう場面がありませんでした。というのは、大統領は批判する人がいる群衆の前には一度も登場しなかったからです。 ただ、トランプさんは共和党支持者の間では支持率が高くて、それは、共和党にはそもそも政府の役割を小さくしたいという願望があります。連邦政府の借金は膨らんでいるんでいて、元々の共和党にとっては、あまり好ましくない状況ではありますが、それでも、トランプさんが、法律を減らすという方向なので、共和党側としては、好ましいようです。 法律というのは、例えば、環境を守るために、森林を守りましょうとか、石炭の採掘はこの地域ではダメ、、、みたいなものがたくさんあるのですが、それらをなくすことで、ビジネス活動が可能になると、喜ぶ人が多いのです。 アメリカで大統領として再選できるかどうか、、は経済の状況に強く関わります。経済の状況と選挙が密接に関連していて、その理由は私の意見では、国民の半分が株式に関わっているために、株平均が上がった、下がったが国民の懐に直撃するからだと思います。 株式に関わっているというとカッコいいですが、そういうことではなくて、アメリカでは将来の退職後の生活のためにと、株式式場と連動した貯蓄制度みたいなのがあり、給料から引かれるかたちで、将来のために株式投資をするような仕組みになっています(といっても、一つ一つの株を買うスタイルではないもの)。月給から引かれたものが、株投資になり、その分は税金控除の対象になるというものです。 ですから、国民の株式市場への参加率が高く、株平均が上がった、下がったというニュースが、国民が退職(リタイヤ)できるのか、できないのか、、、に直撃するのです。 日本で言うと会社に正社員で働いていると、退職金の積み立てというのがあると思います。私も日本で英語教師をしているときに2年でやめましたが、それでも退職金が少し出ました。あれは、積み立てていたのだと思います。 あれがないかわりに、この株による退職金の積み立ての制度があるのです。退職金といっても、会社を辞めるということには関係ありません。私は大きな会社にはこれまで3つ所属しましたが、たまたま最初の二つは同じ株運用会社だったのです。したがって二つの業者にアカウントがあります。 転職を何回もしていると、会社によって積み立てをしてくれる会社が変わるので、人によっては、いわゆるretirement accountが色々なところにありすぎて、何がなんだか分からなくなります。以下のようなメールが来ていました。私たちの会社でまとめませんか?という内容です。 そういう制度になっているのです。税金控除の対象になります。将来、退職後にそのお金をおろすときに、課税の対象になりますが、退職後は収入自体が低いので税金も安くなることでしょう。 ニュースによりますと、これだけブーイングを受けているトランプさんですが、経済さえ今を維持できれば、再選されるだろうという予測が出ていました。 個人的には、政府が小さくなると、私のようなコンサル系は仕事が少なくなってきますので、困ります。 さて、英語喉の応援は、各種SNSへの登録か、英語の勘シリーズをゲットしていただくことでお願いします!Voicyでのフォローもよろしくお願いします。アマゾンレビュー、あるいは個人のブログなどでのレビューも大歓迎で、良い応援になり、英語の勘3を書くためのパワーにつながります。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. がくしんがんばれマニュアル、喉といつもお世話になっております。
    とりあえず息を吸いながらオハヨーゴザイマスはできるようになりましたw

    日本の歯医者でお馴染みの(?)状況、
     歯医者さん(以下歯)「痛かったら手を挙げてくださいね~」
     患者さん(以下患)「・・・」(痛いので手を挙げる~)
     歯「もうちょっとで終わるので我慢してくださ~い」
     患「・・・!」じゃあ挙げさすなや!(怒)

    が、ないのですか。「センセ、メッチャイタイデス~」とか言うわけですか。
    ぜひ聞いてみたいですね。

    (喉発音ができない^^;)日本人が英語圏で歯医者さんにかかる時は、要注意ですね。
    口に水を貯めて喋るようにすれば、喉発音のトレーニングにも使えるかもしれませんね。

  2. Kazさんが反論するのは、いつもこういう「頭ごなしに否定派」だけですよね。

    でも、アマゾンのコメントや他の掲示板(某スレ…)に多いのは、むしろ「一定の価値があるのはわかるけど、テキストがわかりにくい」「画期的だけど、いかんせん教え方がわるい」という批判ではないでしょうか。
    私はむしろ、そういう学習者目線ででてきた批判のほうに真摯に耳をかたむけて、テキストや教授法のどこに改善の余地があるのかを、じっくりと考えてほしいと思います。

    Kazさんの本を読んで、できる人はできる。
    でもできない人や、できているかどうか確認のしようがなく不安な人、発音記号を見てうんざりする人もいる。
    できるだけ多くの人をネイティブ発音ができるようにと本気で考えているなら、Kazさんが真剣に相手にすべきは、このテキストをやってもできなかった人やまだできていない人のほうではないかと私は思うんです。
    学習者の経験をちゃんと共有しようとしてほしい。
    反論や論駁ではなく、改良・改善に力をいれてほしい。
    その辺に、Kazさんの「本気度」が問われるのではないでしょうか。

    このままでは、教え方がわるいくせに、「やればわかるはずだから、おまえのやる気の問題だ、とにかくやってみろ」と生徒をしかる教師を想起してしまいます。