Skip to toolbar

ONの意味

ONは~に上にと覚えておいて、それほど差し支えがないと思いますが、実際のところ、接しているということですね。公園の看板にPets must be on leashとありました。Leashは犬をつなぐ紐(ひも)のことです。

Related Articles

意味の意味

今日は意味の意味と称して、抽象的な話をします。学者のかたがた、感動しても、ぱくらないでくださいね(笑)。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 NASHITAROさんの書いてらっしゃることに膝をうちました。 http://blog.livedoor.jp/nashitarou/archives/6794459.html NASHITAROさんいわく、昔、帰国子女のかたが、日本語を英語に訳してと頼まれて少し時間がかかる理由は 英語をまず、意味にして、意味を日本語にするから、時間がかかるとおっしゃそうです。 これは、非常に有意義な点です。 NASHITAROさんは、以下のようにおっしゃっています。 「英語と日本語は一対一ではないのです。 英語と日本語は本来つながりません。 もしつなげるなら、間に意味が必要です。」 これは本当に正しい。まず具体的に言うと、私が教えるとき、最後にいつもYOUTUBEなどから音声を聞いてもらい、「意味は考えないでください」とお願いします。気が散るからです。さらに、知っている単語だったら、どうせあちらから意味がやってくる感じになるからです。 厳密に言うと、日本語に訳そうとしないでください、、、というと、NASHITAROさんの書いたことと同じになります。 でも、そういう意味とややこしいので、意味を考えないでください、、、どうせあちらから勝手にやってきます、、、と言っています。 意味というのは、人間として、あたり前のように、脳が判断してしまいます。 例えば、背後で、ご~~~とトラックの近づく音がしたら、人間として、「危険だ」と日本語に訳さなくても、直感的に、その「ご~~~」という音の意味を脳が理解してしまうでしょう。 もちろん、ぼ~としていたら、その音も聞こえないこともありますから、脳はスイッチがONだったりOFFだったりですが。 皆さんのなかには、英語がぺらぺらと出てこなくて、困っておられるかたがおられるかもしれません。 思うに、私の頭のなかでは、日本語を英語にしていないのです。 日本語を英語にしていない世界というのは、意味でつながっているんです。 例えば、あ、時間がない、行かないとと感じるのが意味ですが、その意味は、 I gotta go I…

広島県人はもともと喉から発音しているという証明

私は最近、兵庫県よりも東の言葉をしゃべる人と音が平らであり、だから喉発音がしにくいのではないか?という仮説を追求している。そのことを意識したうえで、英語喉にとりくむと、効果が高いのではないかと感じるからだ。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 去年、広島に帰ったとき、70歳代のうちの父と母でさえ、私が30分教えたらネイティブ発音になり、CNNを聞いてもらったら、父は、「なんかゆっくりにきこえるのお」、母は、「え~、これはたまたまゆっくりの英語なんじゃろう?」と言っていた。父は英語を勉強していない。母はラジオ基礎英語とかで英語を勉強してきたが、英語は喋れない。 広島の同級生に教えたら、いとも簡単に、英語喉をしてのける、、、。 そこで、私は、さっき、広島の親友、なお君に電話して、私の言うとおりに発音してもらったのだが、 かえってくる英語がネイティブレベル99%なのだ。 なお君は、たんに私の英語を繰り返しているだけであるが、実際のところ、日本でトップレベルの英語発音じゃないだろうか??

英語喉パラダイムでは英語は「たかが英語」です

数えていないのだけど、これまで二百人ぐらいは英語喉指導をしただろうか? http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 同じ単語、文章で教えているので弱点のパターンが見えてくる。 まずは、大阪より東の地域(東日本)と、西の地域(西日本)で違うのは、a_ i_ u_が、すぐできるかどうかだが、西日本の場合、音を聞いて喉をリラックスさせるだけで、できるようだ。東日本の場合は、喉の奥の広げ具合を説明している。 口の動きに連動しているとおもうので、例えば、map のa_だと、喉がリラックスできない人は、口を横に広げたくなる衝動にかられるだろうが、それは、首の底の筋肉が似たような方向に動いていて、首が口が硬いので、それに連動して口も横に開くのだとおもう。 ある友人に、教えたのだが、大阪出身の彼女もかなり硬く、口を広げないでと数回言っても、広げて発音されていた。 これは、コミュニケーション不可能状態だと感じた。なぜかというと、口を広げないでと言っても、口が広がっていたからだ。 あと、コミュニケーション不可能状態だと感じたのは、アメリカ英語以外の発音を覚えているかたに、とりあえず、英語喉で頼んでも、その例えばイギリス英語的な発音を維持して、変えてくれないことが、これまで2回あった。 やっぱりそれもコミュニケーション不可能状態かもしれない。 英語喉は、おもうに、従来のパラダイムを超えてしまっていて、コミュニケーションが不可能になるのかもしれない。 英語喉パラダイム的には、 口を広げずにMAPと言ってくださいと、いっても、広がる場合は、コミュニケーション不可能状態。 でもきっと、従来の考えから見ると、口を広げても、同じような音が出ているので、それを変える必要がない??ということなのかな? 英語喉的には、とりあえず、いままでやっていることを、やめてください、、、というお願いがある。じゃないと、色々、矛盾が起こるのだ。 さらに、英語喉はアメリカ英語のこだわっているのではなくて、ま、とりあえず、物理的なモデル音として、真似してくださいといっているわけで、極端な話、例えば、あ、い、う、え、おを英語風に練習するときに、あえてスペイン語をつかってもいいのです。犬や狼のほえ声でもよい。 今は、COPY KEEP COOL KEPT COAL と英語を使っていますが、スペイン語をもってきてもいい。 英語喉=アメリカ英語とおもわれてしまうが、実際のところ、英語喉のパラダイムでは、「たかが英語」なのです。 i_ が最初できない人にi_ができるようになるテクニックを用意してあるが、これは、効果が個人によって異なる。 このあいだは、i_を言おうとすると、…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.