Related Articles

ベッド&ブレックファストの謎・怪

週末に2時間ほどのドライブで、ベッド&ブレックファストへ行ってきました。アメリカ人のカップル、夫婦がよくする週末の短い旅で、前から、会社の人が行ったとかいう話をしていました。どんなものだろうと思っていました。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 夜のディナーでは、カップルが複数来ていましたが、話しかけてきた人達は、結婚記念日だったそうです。 もしかしたら、日本語では、、、コッテージ?山小屋???これは、とまったところです。 行っている間に、雪が降りました。後ろになるのが、母屋で、ディナー、朝食をするところがありました。 ワインテイスティングというのに行きました。10ドルで15種類ぐらいのワインをちょっとづつ飲みました。 私はワインは良くわからないのだけど、やっているうちに、うわ~おいし~~なんて体験できないかな、、、なんて期待しましたが、、、。 同じ建物にあるレストランで食事をしたら、たまたま、となりの席にそのワイン会社のオーナーの人がいて(ポスターのように写真が張ってあったのでわかった)、へ~、毎日、自分の店で食べてるのかな~~と思って、あとでウェイトレスさんに聞くと、イタリアから、1年に一回ぐらい来るそうで、それに居合わせたのでした。イタリアで、1番の地主だそうです。 雪が降ったのもあり、寒くなりまして、暖炉に火を入れました。 コッテージというのですか?山小屋のなかには本もかざりものようにおいてあるのですが、なぜか、、、 日本の小説が、、、景山民夫さんの、ティンカーベルメモリー、、、それも、福生市立図書館のもの、、、 実際の図書館のサーチエンジンで探してみたら、、、ありました。 http://www.lib.fussa.tokyo.jp/cgi-bin/Sopcsvis.sh 意味不明です。さらに、部屋には、アメリカの南北戦争の時の絵と思われるようなものがかざってありましたが、トイレには、なぜか、、、 意味不明だ~~。 以上の写真2枚がタイトルの「ベッド&ブレックファストの謎・怪」というタイトルにいたった理由です。   雪景色がきれいでした。これは窓からとったのだけど馬小屋です。

スペイン語とカタカナ発音 考察

英語だけでなくヨーロッパ言語の全てが3ビートであるということが、なかなかピンと来ないかもしれないが、考えてみると、同じ仲間同士である言語であり、またどれをとってもアルファベットを使う言語が3ビートであることは驚くほどのことではない。 例えばSTELLAという名前はヨーロッパ言語話者なら、誰でもSTEL-LAと3ビートで読む。スペイン語になると急にS-TE-LAになるということはない。日本語でいうとSUSHIを英語ネイティブはSUSH-SHIと読むが、フィンランド人が急にSU-SHIと読む、、、ということは起こらない。SU-SHIは、ヨーロッパ言語ではつねにSUSH-SHIと発音される。子音―母音―子音を一塊と認識する3ビート言語だからだ。 ただし、言語によっては、3ビートであることが日本人の耳には分かりにくい言語がある。それがスペイン語である。スペイン語はたまたま母音が日本語によく似ている。あ、い、う、え、おの5音だ。 また喉の定位置はゲップであることは英語と変わらないが、やたらとアクビエリア発音が多い。アクビエリア発音というのは首の上のほうでの発音だから口に近いこともあり、これまた日本語に似ている。 ものすごく似ているからこそ、私は日本語とそうかわらない2ビートだろうと思い込んでスペイン語を20年ぐらい喋り続けてきた。ところが、英語が3ビートだということが分かったら、やはりスペイン語も3ビートじゃないか、、、ということがすぐにわかった。  例を挙げてみる。VAS A COMER。これを喉革命をまだ経験していない耳できくと、カタカナに聞こえるのである。  バサコメール つまりVA-SA-CO-ME―R と。 この要領で発音されたものを スペイン語のネイティブが聞くと、えらく、CHOPPYな発音をするなあと感じるのである。というか、世界の多くの人々は、お互いがどのような発声法をするか知っているので、日本人のスペイン語を聞くと、ああ、日本人っぽい発音法だね、、、と無意識に納得する。  上の例文をシラブルを正しく読むと次のようになる。 VAS-SAC-COM-MER 英語喉の後半で紹介している3ビートである。シラブルの連結部の子音の読み方は少し特殊。Sでいうと、最初のSはスウィングとして、2番目のSはフォロースルーとして読む(英語喉参照)  とくにシラブルとシラブルのあいだをスムーズに読むことが大切だが、そのこつは、喉に口があると想定して、口のことは何も考えずに、喉で発音することだ。一音一音きらずに、すーと発音してみるとよい。 スペイン語がカタカナに似ているという説は修正する必要があるだろう。スペイン語がカタカナに似ているのではなくて、日本語の感覚で聞いていると、あたかもカタカナのように聞こえてくるということである。 スペイン語を2ビートでなく、3ビートで聞き始めるためには、映画や日常会話などで使われている本物のスペイン語を聞く必要がある。直接、自分に話しかけているネイティブのスペイン語を聞いて、判断するのは難しい。というのは、喉発音と3ビートで話しかけてこない日本人話者に対しては、ネイティブ自身も、ちょっと違った話しかたで対応するからである。  誰もが持つ経験だが、「ネイティブが直接話してくれているときは分かるけど、ネイティブ同士が喋っている会話は分かりにくい、、、」ということがあるが、その理由がここにある。ネイティブが2ビート話者に喋るときには、あまりにもくっきりはっきりと大げさに喋るので(2ビートが移ってしまうということもある)、3ビートを感じさせてくれるための自然な流動性がなくなってしまう。  だから、まずは喉発音と3ビートを身につけないと、英語やスペイン語、その他のヨーロッパ言語が喉発音であり、3ビートであることが分かりにくい。これはやっかいであるが、英語喉50レッスンを終えるならば、ヨーロッパ言語の音ががんがんと頭に入ってくるだろう。意味がわかるかどうかは別問題だが、書けといわれれば書ける、、、というレベルになるだろう。 最初の喉発音への移行で戸惑う人がいるので、そのあたりをサポートできればと願っている。

フェースブック 英語喉ファンページできました

皆さん、フェースブックってやっておられますか?以下のファンページを作ったので、ぜひLIKEボタンを教えやってください!!! https://www.facebook.com/Eigonodo ちょっと実験です。 [fbnotliked] 上記のファンページのLIKEボタンをまだ押してない場合は、これが見えるそうです。 [/fbnotliked] [fbliked] 上記のファンページのLIKEボタンをまだ押している場合は、これが見えるそうです。 [/fbliked]  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar