英語の勘1について

英語の勘1は名詞ということですが、名詞そのものというよりも、THEとかA、あるいは単数形、複数形をどうするかと言うことです。普通の感覚ですと、冠詞と単・複の問題は別のように見えますが、どちらも名詞をめぐる現象ですね。

タイトルがつけにくかったです。

名詞、、というと受けがわるいような気がして。退屈なイメージがあります。

さて、この本を読むとそういう点で間違いにくくなると思います。間違ったとしても、間違った瞬間に、気分が悪くなり、言い直すことでしょう。

絶対間違わないとは言えませんが、かなりの正確度で正しくなります。また、英語を話すのが楽しくなるはずです。

従来の解説ですと、例えばですが、I play the pianoと習いますよね。楽器の時にはTHEを付ける、、、と習うと思います。ところが、私のように大学生のころからアメリカ英語であれば、聞きとれて理解できるというレベルに達している場合、I play pianoという表現は普通に聞くんです。

それを従来の文法では、「例外もある」と言い放って責任を果たした感じになるわけですけど、

おいおい

って感じですよね。

さて、この本の中では、THEにも2種類あるとしました。

同じ種類の物のなかで(ピアノが10台あって)、これだ(この特定のピアノだ!」と言う場合、、、と

違う種類のものがあるなかで(ピアノ、ギター、バイオリン、、、)、これだ!(他の種類の楽器ではなくて、ギターだ!)と言う時。

つまり、

I play the piano

だと、(他の楽器じゃなくて)ピアノを弾きますと言っているわけです。

同じTHEでもそう理解できますね。

I play this pianoという意味でI play the piano (that belongs to my mom)ということもあるでしょう。

このように2種類あるのだと考えて練習し、最終的には、2種類あるけど、どちらもそんなに違わなくて、この特定の、、という意味があると理解すれば、使いこなせるようになります。

さて、I play pianoだと、この場合はPIANOはPIANOと言う楽器の呼び名、名称、ニックネームということです。

「先輩~」と言う時の「先輩」が呼び名であることと一緒です。

「出口」と書いてあったとすると、それは実際の出口の名称なのです。

英語の勘1に詳しく書いてありますので、ぜひゲットしてくださいね。

Related Articles

まずは米国標準英語の音を学ぶのが楽

英語喉では、米国の標準英語をマスターしてもらうわけですが、まずは、一つのシステムを学んでおくと楽です。 この単語のときは、イギリス風、あの単語のときは、オーストラリア風というのは、逆に大変です。 ところで、実は、多くの人が、英語の多様性を、音が発音できないEXECUSEにしているのではないでしょうか? 例えばですが、イギリス人はRを発音しないという神話があります。実際はイギリス風のRを発音していますが、日本人が聞くと、聞こえにくいので、信じてしまうでしょう。 日本人がRが苦手な人が多いので、例えばCARをKA~とRなしで発音しておいて、イギリスではRを発音しないからだ、、、と納得するわけです。NURSEをNASと発音しておいて、イギリスではRを発音しないからいいのだと納得するのです。 さらにNURSEだと、Uの部分も日本人にはいいにくいので、そんなとき、英語の種類によっては、アでいう、、、などということを言い出すのです。 つまり、英語の多様性を、自分が発音できないことの言い訳として使うわけです。 米国の標準英語ではWHATの母音はCUTの母音と同じです。が、多くの日本人は、これをアで発音します。それは、米国でももしかしたら、アでいう地域があるからだ、、、というよりも、発音ができないから、あるいはできても、注意して英語を聞いていないから、アで言っているわけですが、それを、まるで、アメリカのど田舎でアということがあるかもしれないから、自分はアで発音しているんだというような方向にもって行きます。 私が言いたいのは、嫌味ではありません。英語は有限の音を忠実にマスターし、そして、それをシラブル内に束ねればよいわけです。ところが、英語が厳密に聞けない人が、あーだ、こーだと色々言って、EXCUSEの言説を作り上げてしまっているのです。 多くの日本人が、えんえんと英語を勉強していますが、その原因は、最初のところで、個々の有限の音を忠実にマスターしていないからです。マスターするどころか、開き直って、個々の音は大切ではない、全体のリズムだとか、開き直るわけです。 英語は激しく簡単な言語です。最初の入り口を間違わなければ。 ギターの習得でも同じです。ちゃんとスケールを弾けて、初めて、複雑なものが弾けます。スケールという単純な初歩の段階で、いや、琉球では、ドレミが違うとか、アフリカではこうだとか、いちゃもんをつけている人がいたら、困ります。 何年も前に、TAUGHTの母音の発音の話をすると、すぐに、米国のある地域ではCAUGHTとCOTだったか、忘れましたが、同じになっている地域があるといいたがる人がいました。 つまり、そういう地域があるので、TAUGHTの一般的な発音をマスターする必要がないといいたいわけ+自分の知識を披露したい願望、、があるわけです。 しかし、英語ができないのに、英語について延々と語るのは、とても迷惑な話だと感じます。 まずは、一つの英語の変種を選び、その音を覚える、、、難しそうですが、子音はだいたい同じなので、母音だけ、、それも、どのときにAPPLEのAなのか、CUTのUなのか、、、とかそういう、限られた数での話です。

英語で考えるとは?

YATTAMONさんに質問を受けました。英語で考えるとは? http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 そもそもですが、YATTAMONさんが英文をよく書いておられます。例えばこれ。 http://yattamon.cocolog-nifty.com/english/2012/06/post-488a.html で、私は感じるのですが、え?なんでこういう間違いをするの?という思いがたまにしています。 文法を気にしない、、、というのが王道の考えです。私も思います。しかし、その私が、「え?なんでこういう発想になっていて、こんな間違いになるの?」と感じるのです。 私が矛盾しているのか?としばらく考えていました。しかし、思うに、YATTAMONさんが英語で考えていないのじゃないかと思うにいたりました。 例えばですが、 I hadn’t been thought that I was going to start learning English so far when I started…

英語喉で長年喋っていると英語の文法感覚がネイティブ化??

フェースブックで、SPEAK SLOWERと言ってしまったエピソードを書きました。正しくはSPEAK MORE SLOWLYですが、実際、そういう風にアメリカ人は言うのです。フェースブック上では、アメリカで生まれた友人たちは、全員、SPEAK SLOWERでええよ~と言っています。 思うに、書き言葉的にはまずいのでしょう。それにしても、実は、私が本能的に、SPEAK SLOWERって言ったのですが、それは、逆説的に、英語の文法が本当にINTERNALIZEされてきたからじゃないかなと思います。それも、SPEAK SLOWERと誰かが言ったから、それで正しいと思ったんじゃなくて、感覚的に正しい、いや、それほど間違っていないと思えるからです。 おそらくですが、英語喉ではっきり聞けて、正しく発音できる状態が7年ぐらい続いていますから、感覚もネイティブ化してきたんじゃないかな。 似た現象に、英語喉をする前は日本語英語だった人で、Rの喉発音を教えてあげると、まちがってWになる人がいます。 でも、これこそがネイティブの子どもの間違いかたなのです。 本物の発音をしているから、ネイティブの子どもの間違い方を経験できると。 SPEAK SLOWERにしても、アメリカ人以外のFBフレンドは、それは文法的におかしい~~と言っているんです。 でも、アメリカ生まれのアメリカ人はそれでいいという。ジーナもそれ、言う!と言っている。 もう一つ。こないだ番組したとき、思わず、REACH TO THE LEVEL、、、と言ってしまった。でも日本ではREACH+目的語と教える。 言った瞬間に、そう思ったけど、感覚的に正しいと思った。ジーナに聞いたら、それはそれでいいとのこと。 ネイティブの感覚がついてきているのかな

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar