英語の勘1について

英語の勘1は名詞ということですが、名詞そのものというよりも、THEとかA、あるいは単数形、複数形をどうするかと言うことです。普通の感覚ですと、冠詞と単・複の問題は別のように見えますが、どちらも名詞をめぐる現象ですね。

タイトルがつけにくかったです。

名詞、、というと受けがわるいような気がして。退屈なイメージがあります。

さて、この本を読むとそういう点で間違いにくくなると思います。間違ったとしても、間違った瞬間に、気分が悪くなり、言い直すことでしょう。

絶対間違わないとは言えませんが、かなりの正確度で正しくなります。また、英語を話すのが楽しくなるはずです。

従来の解説ですと、例えばですが、I play the pianoと習いますよね。楽器の時にはTHEを付ける、、、と習うと思います。ところが、私のように大学生のころからアメリカ英語であれば、聞きとれて理解できるというレベルに達している場合、I play pianoという表現は普通に聞くんです。

それを従来の文法では、「例外もある」と言い放って責任を果たした感じになるわけですけど、

おいおい

って感じですよね。

さて、この本の中では、THEにも2種類あるとしました。

同じ種類の物のなかで(ピアノが10台あって)、これだ(この特定のピアノだ!」と言う場合、、、と

違う種類のものがあるなかで(ピアノ、ギター、バイオリン、、、)、これだ!(他の種類の楽器ではなくて、ギターだ!)と言う時。

つまり、

I play the piano

だと、(他の楽器じゃなくて)ピアノを弾きますと言っているわけです。

同じTHEでもそう理解できますね。

I play this pianoという意味でI play the piano (that belongs to my mom)ということもあるでしょう。

このように2種類あるのだと考えて練習し、最終的には、2種類あるけど、どちらもそんなに違わなくて、この特定の、、という意味があると理解すれば、使いこなせるようになります。

さて、I play pianoだと、この場合はPIANOはPIANOと言う楽器の呼び名、名称、ニックネームということです。

「先輩~」と言う時の「先輩」が呼び名であることと一緒です。

「出口」と書いてあったとすると、それは実際の出口の名称なのです。

英語の勘1に詳しく書いてありますので、ぜひゲットしてくださいね。

Related Articles

日本語論

主観的だといわれればそれまでだが、皆さんはどう思うだろうか? 日本語は圧倒的に表現が多様だ。英語は非常にシンプルでありえる。 もちろん、わざと多様に使うことができるだろう。言語学者と呼ばれる人には、わざと日常的には使わない表現を、机の上でつくってみて、ね?言語って多様で豊富でしょ、、、とみせるひとがたくさんいるが、そういうことではない。 例えば、THIS IS TASTYは、アメリカでもイギリスでもオーストラリアでも同じ表現だ。ISが他の言葉にならない。ところが、日本では地域によってちがうし、また時と場合によっても多様だと感じる。 私の仮説はこれである。日本語は、感情を移入するのが難しい言語である。口発音だから、平たい音しか出しにくいので、悲しみ、楽しさ、うれしさ、色んな気分、、、を音色に託すことが出来ない。例えば、笑いながら日本語を喋るのはやや難しいので、水戸黄門のように、セリフを言い終わってから、わははということになる。 ところが、日本語以外の多くの言語は、喉発音なわけだが、感情がすーっと音色に出る。悲しそうな声、楽しそうな声、、、。 だから、感情のニュアンスを語彙で表す必要性が低い。 よくREALLYという言い方にも5種類あるとか言って、学者と思われる人達が、音程によって意味をとろうとするが、実は、音程以上に、喉発音の音色で人類は色々な感情を表している。 だから、実はREALLYの発音の音程パターン、イントネーションがこうだったら、こういう意味ということではないのだ。 あるいは、MUSTとSHOULDの違いは、こうだ、ああだ、と日本人が定義する。しかし、実は、紙の上で、辞書長で定義できる違うよりも、より大きい度合いで、その単語が発せられたときの、声の音色というのが意味に関係してくるのである。 私はつい最近まで、その声の音色というか、こめられた感情を無視したまま英語を聞いていたように思う。 その結果、例えばだが、アメリカ人が命令形で何かを言うと、意味なく、腹がたつことがあった。しかし、同じ、例えばOPEN THE PAGEでも、音色を聞いていると、それが、かならずしも命令ではないということに気づいた。 一方で、日本人は、やれ、動詞の現形の前にYOUをつけたら、丁寧になるだとか、PLEASEをつけたら、こうなるだとか、そういうことを考えてきたのだが、それは、口発音だからこそ、感情が声に入れにくい言語を持つ話者の発想ではなかろうか? 実際、スペイン人、スウェーデン人などはそのような細かい文法論議をしていない。 日本人とアメリカ人の表情を見ていても、日本人のほうが、圧倒的に、表情が豊かである。例えばだが、私の会社のカフェテリアは、韓国人が経営している。なにかが切れていると、その女性が、苦しそうな表情で(あちゃーって感じ)あやまってくるが、これは日本でも同じだと思う。一方で、アメリカ人の人達は、ぼーとした顔で働いている。 日本人は、お互いがいきいきとした顔をしていないと、納得しないところがある。だから例えば私が行った小学校では、挨拶運動というのがあり、毎日、毎夕、いきいきとして、笑顔で挨拶をしなれけばならなかった。 それは、口発音なので、感情を言葉の音色自体に入れにくい、、、だから、顔の表情でフォローするという習慣なのではないだろうか? 私は自動車で音楽を聴いているときに、長調の曲だと、歌詞を無視して、あ、これは明るい音楽だなと勘違いする。単調の曲だと、歌詞を無視して、あ、これは暗い悲しい音楽だなと勘違いすることがある。 ところが、ジョニーキャッシュなどの音楽を聴いていると、長調なのに、実はとても悲しい歌詞であることがある。あるいは、ボブディランでもそうだ。 長調なので、日本人的な感覚では、明るい歌と勘違いしてしまうが、歌詞は悲しいし、よく聞くと声も悲しいのだ。 代表曲はこれだろうか。ボブディランの歌だ。 http://www.youtube.com/watch?v=RZgBhyU4IvQ これまで、世界で日本人が理解されにくかったのは、声に感情を込めることができないからではないか? ネイティブは日本人の英語に抑揚がないと言うとき、それは実は音程のことをいっているのではなくて、感情がないと言っているのではないだろうか???? それを勘違いして、日本人は音程を極端にしたり、強く読んだり弱く読んだりしているのではないか?

英語リスニングができない原因と強化法

リスニングができないのはどうしたらよいか?という質問がMIXIの英語教育コミュニティにあった(http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=15010242&comm_id=15156)ので、以下の文を書いたけど、言っても理解されないだろうと思ったので、やめたのだが、せっかく書いたのでここにセーブすることにした。 英語教育のコミュニティーでは、結構、理解されることが少ないように思うが、なぜか理解をしてくれるのは他の分野の人が多いように思う。 今日GOOGLEしたら、こういう理解を示した人がいた。フルート奏者のかたで、英語喉を認めていただいているようだ。 http://liocat.seesaa.net/article/141373675.html もちろん、英語を専門とされているかたの多くが、英語喉を認めてくださっているが、英語を専門とされていない方からの激励のメッセージが多い。 どういうこっちゃ。 そもそも何の専門知識ももっていない3歳だった姪に、英語を繰り返させたら、全くネイティブと変わらない発音、さらに正しいシラブル数でリピートしてくる。そもそもVの発音のほうが、Bよりも楽そうだったが(大人にとって難しそうな音のほうが、子供には簡単そうだ、、、というか、どの音でも簡単そうだった)、口元が安定していないので、かえって発音が完璧なのだ。 ***   私は英語の聞き取りが100%できますが、その観点から言いますと、英語の音節を日本語におけるヒラガナのように聞き取ることが基本です。   よくネイティブの人達で歌を使って英語の発音を教えようとする人がいますが、それは歌だと音符の一つが1シラブルに値するので、その練習にちょうどよいのです。   例えばgood byeという表現は、英語では2シラブルです。母音が2個あるので、当然ではありますが、それが2シラブルだと知らずに聞いていると、単純な単語の組み合わせでも聞き取りにくいです。   練習方法としては、母音に意識をあてて聞くというのがよいでしょう。ただ、二重母音は2シラブルではなく1シラブルですが、だからといって、シラブルの聞き取りの障害にはならない感じで、一拍で発音されているので、そんなに気にする必要はありません。   シラブルが日本語でいうヒラガナに値しますから、そのシラブルに注目せずには、英語の聞き取りは難しいです。   例ですが、例えば   どこで?   という日本語の音節の区切りは  …

KENJIさん、母音UP(LESSON6,7,8)

http://eigonodo.seesaa.net/article/139867632.html コメントです。まだ、先に出てくる項目も含まれますが、とりあえずコメントしました。そこまでで学んだ母音についてコメントがでなければ、パーフェクトだったと理解してください。 LESSON6 THがZA、DA,DAになっています(出てくる順番)。 WATERのTERができていませんが、これはまだ勉強されておりませんね。 WILLのWはゲップエリア発音に、Iはi_ですが首の根元です。 その他はパーフェクト! LESSON7 USEのZがちょっと違います。息=音が一瞬とまったような音になっています(日本語のDみたい)。実際はせきとめられない音です。何回か聞いてみて確認してください。 DAD、HAS、FATのAが違います。首の根元で。THAT,MADとCATのところはできているので、同じ音を使ってください。場所によってできていたり、できていなかったりする理由は直前の子音に影響されたりするのかもしれません。ゆっくりあせらず読むのがコツです(実際アメリカ人は、普段から、結構、ゆっくり喋っていますよ。従来の方法で、イントネーションが大切だとか、細かいことより、全体のリズムがどうのこうのと言っている変なアプローチの影響で日本人は、あせりすぎる傾向があると思います。映画フォレストガンプのガンプさんぐらいのスピードで練習するとよいかもしれません。あ、これは一般的アドバイスです。) LESSON8 i_のところ、もう1センチぐらい深くなりませんか?Iと i_の違いが、よく出ていません(音色もまねてくださいね、、、実は、下の録音をとったとき、最初のところでお手本を示したのだけど、まちがってただ単にIをゲップエリア発音してしまっていました。私自身が。そこの部分をあせってカットしたので、最初のところにあった挨拶などが抜けていて、コンテントがいきなりはじまります。つまり、ゲップエリアにしたら自動的にIが i_になるわけではありません。) ゲップエリアのマスターが課題です。すでにできているTHATあるいは、MADのときのa_を聞いてみてください(LESSON7)。その深さでi_を発音します(できれば、もっと深く)。 全体的には、よくできていますよ。いい感じです。きっと国産ネイティブになれます。 さて、音声による指導はこちら(i_をマスターするためのコツを指導。すでにできているa_を手がかりに。 www.estat.us/blog/kenjiadvice.wav  喉実践者の皆さん、ぜひコメント、アドバイスなどお願いします。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar