カントリーミュージックは俳句だ

ENGLISH BOOTCAMPのYUMIさんや、歌手の東エミさんが、英語の歌詞をBLOGで紹介されている。私も、同じようなことをしてみたい。

特に、最近、カントリーミュージックを聞くことが多い。特に感銘を受けるのはZACK BROWN BANDとBrad Paisley だ。

何が言いたいかというと歌詞が深い。いや、深いというと、我々の手が届かないほど天才だという感じと思われるかもしれないが、感動のタイプとしては、、、

わかる、わかる、、、あ~、なんで、俺が思いつかなかったんだろう!

という感じだ。

言葉で伝えるのだけど、多くの人の心に、「あ~わかるな~その気持ち」とじーんと感じさせる。

俳句にちかいんじゃないだろうか?

古池や、かわずとびこむ水の音

と来ると、う~ん、わかるなあ、その静けさと思うだろう。

同じようなのりで、う~んわかるわかる、、、と感じる。

ZACK BROWNの歌の歌詞で

「ぴたっとフィットしたジーンズをはいて」

という部分があるのだけど、それが分かる、分かると感じる。ジーンズって本当に楽だ。洗濯したばかりのぴたっと合うジーンズをはいていると気分がよい。

スーツの窮屈さを知っているからこの部分に共感するのかもしれない。

同じ歌のなかで
「金曜の夜の冷たいビール」「それとチキンのからあげ」
と彼は歌う。

日本人だって、わかるんじゃないかな。口のなかで味わってしまうような感覚が歌で伝わってくる。

彼の歌を聞いていると、人は、人生を道場的にとらえる傾向があると思うけど、もっと日常を、一日一日を大切に生きたいという気になってくる。

ジーンズのフィットした感覚を楽しむことだって、幸せの一部だ。

そして彼は自分の故郷を、生活を歌う。

実際の歌もYOUTUBEにあった。歌詞が画面に出てくるのでよい。

http://www.youtube.com/watch?v=wAPoP_l3VGk

歌詞だけはここに紹介されている。
http://www.metrolyrics.com/chicken-fried-lyrics-zac-brown-band.html 

アメリカの国語の授業では、詩とか小説をとりあげて、先生と生徒がディスカッションをするそうだ。

音楽の歌詞なんかをあ~だ、こ~だと話したら楽しいだろう。自分でも詩をつくって、歌をつくってみたい気分になるだろう。

だって、プロが歌っている内容って本当に、日常生活のことだ。だから自分も表現してみたいという気持ちになってくる。

国家の品格の藤原さんとか、渡部昇一氏的な感覚では、日本人にしか俳句は分からないんじゃないか?みたいな感じだと思うが(ちがっていたらすみません)、

気づいてみると、、、

そして英語が聞けて発音できて、交流できて、文化が分かりだすと

俳句的感覚は外国にもあることがわかる。

当たり前だが、、、。

藤原氏が西洋は合理主義だと言っているけど、それも英語が聞けない、発音できないから、心の交流ができないから、そう思ったんだと思う。

Related Articles

歌、テレビ、映画から学ぶもの 喉革命以後

喉革命を自分で経験して以来、歌や映画、それから、テレビのリアリティーショーなどから学ぶものが多い。 まずは歌。えー、こんなに歌の意味って深いの?と感動するものが多々ある。これまであまり意識していなかった歌の構造まで分かってくる。例えばだが、テイラーさんという若手女性歌手の歌で、ラブストーリーという歌がある。喉革命以前だったら、なーんだ、こんなラブソングと思っていただろう。 ところが、英語喉で獲得した「努力なし聞き取り100%」で聞くと、歌の背景が浮かんできたり、へえー、こんな面白い構造があるんだ、、、誰が作ったんだろう?テイラーさん自身?ものすごい才能だなあ、、と感心する。 テイラーさんの歌を聞いてみてほしい。これはオフィシャルビデオ http://www.youtube.com/watch?v=KlbB7qt6v_0 これは歌詞つきのYOUTUBEビデオ 一番みやすいかも。 http://www.youtube.com/watch?v=9a2jwRwd0kg これは歌詞だけ http://www.metrolyrics.com/love-story-lyrics-taylor-swift.html   例えば、最初の歌詞で、「私たちは若かった」と来る。最後にも繰り返される。この部分だけで、この歌は全ての世代に通用する歌になる仕組みだ。実際は、テイラーさんはまだ若いので、私たちは若かったと言っても、ピンと来ない。ところがこの最初と最後があるために、年配でも、自分の若かりしころの思い出に照らしあわせながら、歌を聴くことができる。 最初と最後にこのセリフを入れることである構造をつくっているのだ。 先日、NHKでアンジェラ アキさん(ピアノを弾きながら歌う日本の歌手、ハーフの人)が言っていたが、英語の歌をつくるのは頭がいる、、、と。 それを思い出した。 あとこの歌には、ロミオとジュリエットとか、スカーレットレターという文学的なモチーフが使われていて、しゃれている。 SAY YESというセリフが出てくるが、最初のほうに出てくるときは、主人公の女性が男性に向けて言っているが、あとで、男性が、結婚してくれというようなことを言っているらしい場面がでてきて、今度は男性のほうからSAY YESと発する、、、という構造になっている。 なんと凝っているのか!ものすごくしゃれている! さて、こういう構造的、立体的にちりばめられた歌詞を自分で分かるというのはやはり喉革命以後だ。英語がすっと努力なしに頭に入ってくるという状態があるからこそ、この歌のよさ、アンジェラさんの言う、頭を使ってうまくつくられている、、、ということの意味が分かる。 しかし、英語が努力なしに理解できるようになったというだけではなく、喉以後、アメリカ社会に溶け込んだのでアメリカ人の考え方などが前よりよく分かる。そういう文化理解があり、この歌を聴くと、その意味がよくわかる。 先日、ジョニーキャッシュの映画を見ていたのだが、その中の場面にものすごく心を打たれた。ジョニーは本当の歌手で、もう亡くなったのだが、彼の伝記的映画だ。彼がオーディションに行って、ある歌を歌った。 それは、神様、ありがとう、、、、みたいな歌で伝統的なゴスペルだった。 それに対してレコード会社の人が言った。 今の時代の人々、大変な生活をしている一般の人々が求めているのはそんなテーマじゃない、、、と。 そこでジョニーは、「軍隊のときに作った歌なんだけど聴いてくれ」と言って、もっと現実的、軍隊生活の大変さを語ったような歌(だったと思う)を歌いだした。…

カントリーコンサートに行った感想

週末にカントリーミュージックのコンサートに行ってまいりました。今回はのラインアップは、Rascal FlatsとThe Band Perry。オープニングは、最近、VOICEというオーディション番組で合格して、キャリアをスタートさせようとしているCassadee Pope まずは、Cassadee Popeさんですが、美人。カントリー音楽界、あるいはアメリカの音楽界では、そもそも美人だから、かっこいいだけで受けるというのはありえず、音楽的な才能がまずいりますが、彼女の場合、美人なのですが、そのことが逆にハンデになるかもしれない(?)。歌唱力的には、ちょっとだけCDで聞くレベルには達していないようでした。彼女のリアリティーショーもテレビで始まりますので人気がでるかもしれません。 http://www.youtube.com/watch?v=EJZOeTnvq4k The Band Perryは、良かった。3人、一人のシスター、二人のブラザーからなるバンドですが、非常によかった。歌もCDレベルだったし、ステージ上で存在感もばっちりでした。ブラザーたちのほうはバックシンガーとしてはよかったですが、ソロ的に歌うときはCDレベルではなかった印象。シスターのボーカルはCDレベルでした(CD録音の音と同じで、かなりの歌唱力)。 http://www.youtube.com/watch?v=4emYaDbaJ8w さて、最後に登場したRASCAL FLATSですが、シンガーの歌がうまい。すごすぎでした。 http://www.youtube.com/watch?v=17VudJ6lr4k THE BAND PERRY はシスターと2人のブラザーがいて、プラス雇われミュージシャンがバンドを構成。RASCAL FLATSも、3人のコアメンバーがいて、あとば雇われている音楽家。 ロックバンドは、バンドメンバーの全員が、バンドのメンバーであることが普通ですが、カントリーの場合は3人ぐらいで演奏可能なので、駆け出しのときからのコアメンバーだけがコアメンバーのままでいるのでしょうね。

心温まる話 番外編(メンバーオンリー記事)

ワシントンDCでボランティア活動で英語喉を指導していることは、周知のとおりですが、直君との会話を紹介したあと(http://www.youtube.com/watch?v=d2JWkAOOhfI&feature=plcp&context=C42f30bcVDvjVQa1PpcFNEUKaATngbG9mo84VFwl5Ku6La7SiASjw%3D)、以下のような展開になりました。全然、心がアタタたまりません、、、。ま、今風邪中なので、しばらくは教えていませんが、、、。 最近感じているのは、この批判する人たちは、本当に英語が喉なことがワカラないのだかということです。前は、意地悪でやっていると思っていましたが、今はわかります。英語が立体的な音であることを聞いていないのです。   広島県人は、英語を勉強していなくてもネイティブ発音? Name:うえかわ ( 12/03/04 11:50 ) 66.44.5.75 返事を書く ( 12/03/04 08:43 ) 69.143.104.34 管理者移動 英語発音と聞き取りをボランティアで教えている上川です。私が書くと、掲示板があれるので、さくっと紹介だけさせてください。私が教えるときに、広島とか九州の出身のかたは、英語の発音(喉発音)がけっこう簡単に出きてしまうのです。東京付近の出身のかたは、結構、発声が硬い感じなので、それを意識してもらいながら、ほぐしていっています。  そのことをどうやって伝えようかと悩んだ結果、昨晩、以下のYOUTUBE番組を作りました。タイトルは、  広島県人は、英語を勉強していなくてもネイティブ発音?  http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=d2JWkAOOhfI  私が書いて、荒れるのは、例えば日本人以外は、英語を聞いて、勉強していなくても、音としては聞けている、、、ということで、このことは、来週あたり、証明?してみたいと思います。上のビデオは、広島弁風に英語をしゃべると、ネイティブ発音が比較的簡単ということです。 [Re:1]ごめんなさい Name:じゃけえの ( 12/03/04 13:30 )…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 紹介ありがとうございます。
    カントリーは,言葉を大切にしているので,英語学習の面からもいいですよね。明日の私のメルマガで「今週の歌」で採用させていただきます。

    私は英語でやりとりしているときは,なかなか心の交流ができませんが,
    映画や歌を通じて,相手の心を察すると,世界中の人とは,心の多くの部分が共通かなって感じます。

  2. ジャンさん

    どうもありがとうございます。ジャンさんに注目していただき、また私の紹介した歌をメルマガの皆さんに紹介していただき、とても光栄です!

    ジャンさんの英語のメルマガはこれですね。私のBLOGにいらしているかたが、興味があるかもしれないので、URLを載せさせていただきました。

    http://juku4toeic.g.hatena.ne.jp/keyword/training_mail

  3. 上川一秋さん
    メルマガ紹介ありがとうございます。

Skip to toolbar