Skip to toolbar

産経新聞で紹介されました 米国の後方支援 (+MASAさん歌UP)

さて、数週間前から仕事で、米国のある機関のコンサルタントに関わっているということは書きましたが、その取り組みを産経新聞さんが記事にしてくださいました。米国が、日本の心のケアを支援しているという内容で、そのタイトルは

心のケア、敵は「根拠ない恐怖心」 米が放射能被害ケア「日本語版」

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110407/amr11040708560001-n1.htm

 

さて、その肝心のサイトですが、以下です。ぜひアクセスして、心のケアに関して読んでみてください。今後も日本語に訳したアメリカの資料がUPされると予告されています。産経新聞さんがおっしゃるように放射線関係もありますが、その他も、色々です。放射線関係はまだ英語版だけなので、英語で読んでみてください。

www.samhsa.gov/DTAC/dbhis/dbhis_idr_japan_intro.asp

昨日、ちょっと寒かったけど、今日はまた暖かくなりました。被災地の皆さんの地域も暖かくなることをいのります。

さて、MASAさんが再UPされました。

なんとこれは弾き語りです。
http://voon.jp/a/cast/?id=n77vin35djznyhat#seal 

弁当素材の再UP
http://voon.jp/a/cast/?id=jsvbo0e06j4krlyj#seal

弾き語りのほうにコメントしました。歌をトランペットみたいに、切らずに歌うことをアドバイスしました。

www.estat.us/blog/masa_04_07_2011.mp3

次に弁当BOXのほうにコメントしました。本当に細かい点の指摘ですが、全てが喉を全開状態でなおります。

www.estat.us/blog/masa_04_07_2011b.mp3

あと、最近、私がやっている歌の覚え方も紹介しました。書いておきます。

前は歌詞カードを見て、英語の歌を覚えていました。しかし、ジーナがそんなことをしなくても、歌を覚えていることに気づきましたし、そもそも、多くのCDには歌詞カードがついていません。

あと、ヒントになったのは、LOUDNESSのニイハラ氏が、曲をつくるときに、最初は歌詞は適当に歌うそうです(はなもげら、、、という言葉を使われていました)。あとで歌詞をつけるそうです。

自動車でCDで同じ歌を流します。まず、喉ミング(ハミングを喉でやる)で歌詞をなぞるかんじで歌います。そのとき、歌詞を正確に歌うのではなく、なぞる感じでやります。

何回も聞いているうちに、最初は喉ミングだけだったのが、少しづつ単語を明確にしていきます。

そのうちに覚えてしまいます。

 

Related Articles

いのりつつ (2)

アメリカでは、専門家が、日本の情報を受けて、原発に関して、とても心配しているが、チェルノブイリレベルのことは絶対に起こらないとしている。それは、リアクターが止まっていることと、それを囲んでいる容器があるからだとしている。ベストシナリオとしては、スリーマイルアイランドのような形で収拾することと今CNNが言っていた。結果としては、人体には大きな被害のない形で収まったそうだ。結局のところは、スリーマイルアイランドも現地の住民には、1回のレントゲン分以下の被爆であったそうだ(と1時間前にアメリカ人の専門家が言っていたが)、それと同じことを日本人のかたが今NHKでおっしゃった。 http://voon.jp/a/cast/?id=4wfmechxvivgwxi2#seal 現在、被災にあわれているかた、そして、リアクターで活動されているかたを祈りつつ応援するしかない。フェアファックス郡からの救援隊も、今日は、日本の沿岸の街のほうに向かっていると今朝テレビで行っていた。でも途中で、日本の警察が危ないからと2時間ぐらい待ってくれと言われて、待っているということがアメリカで報道された。緊急隊は危険があっても行くという覚悟で行っている。朝日新聞サイトで、米軍が、施設の火事を消しているという記事を読んだ。アメリカでは全く報道されていない。 現地に50人ぐらいの日本人が残ってやっているという。このかたたちのことを祈ろう。 石原東京知事が、津波は「天罰」だと発言して、謝罪撤回していた。今朝、自動車でラジオをつけたら、その発言が紹介されていた。 この復興への努力は時間がかかると言われている。そんなときに、昔ピースボートを主催していた女性の議員のかた(今、ちょっと名前を忘れたが)、首相の片腕となって復興のリーダーシップをとるというニュースを聞いた。 日本は男性社会と言われている。アメリカもそういうところがあるけど、女性がかなり進出している。男性的な感覚で、例えば、メキシコ湾の石油流出事故があったけど、世界一深い石油田を掘るということは得意だ。しかし、事故があったあとのことを対処はあまり考えていない。男性的なる本能は、戦争にしても、攻撃するプランは立てるし、そのための武器などを設計したりするが、負けたときのプランは不得意だ。 女性的感性は、最悪の事態を想定してシナリオを立てる傾向がある。また、複数のことを同時にあやつることに長けている。男性的感性はアルゴリズム人間で、理論でこうして、ああして、この道具を開発して、それをこんなに使ってという一直線的思考には長けている(例えば、真珠湾攻撃では、かなりテクニカルな工夫がゼロ戦に加えられて、浅瀬でも魚雷が撃てるように工夫された。)ゲイの人は、この二つの感覚を両方備えていたりする。 まだ、現在進行中のことなのだが、復興は長丁場になるだろう。国民全員が、さまざまな才能、それも持って生まれたものを生かすことで、今後、この10年、やっていく必要がある。 現在進行中に、理論的コメンタリーをすることは、不謹慎だと思うが、近所の人が、10年かかりますよと言っていて、そんなことを考えてしまった。 現場で作業にあたっているかたのことを祈りたい。 また、被災地は寒いという。これも大変だ。 さて、この大騒動のときに、確かに英語発音どころではない。しかし、英語喉コミュニティーというか、ファミリーみたいなのが現にあり、あまりに、何もしないと、逆に不安になる。大丈夫かなとか思ってしまう。 だから、あえて、MASAさんがUPされていた音声に指導を入れた。 MASAさんは、兵庫の地震のときの経験を生かして、MIXI日記で情報を発信されておられる。 http://voon.jp/a/cast/?id=4wfmechxvivgwxi2#seal これは私が音声でコメントした。 www.estat.us/blog/masa_03_15_2011.mp3

ゆっくり教えるときのネイティブ発音と、普通のネイティブ発音が違う件

MICHYさんが音声UPされていて、国産ネイティブ寸前です。 個々の音についてまた後で指摘します。 Bento Box: http://voon.jp/a/cast/?id=qr7psq7tsqh0eyee#player 少しスピードアップ Bento Box: http://voon.jp/a/cast/?id=ykoml2nuzjiegznb#player 音を大切に読んでみた Bento Box: http://voon.jp/a/cast/?id=8hym6dl8wrhhkcko#player     MASAさんに以下の質問をいただきました。 「海外映像を見ていてbelieveやbeforeがバリーブ、バフォアと聞こえることが多いのですが、あれってIrelandのaがi_と発音するけどアっぽく聞こえるのと同じですか? (余談ですが、かず先生が前にguitarの発音のことをブログで書いておられたのを受けて、先日英会話カフェのアメリカ人にguitarの発音を教えろと迫ったところ、guitarのui部分をイのように発音するのが一般的でアのように発音すると南部っぽくなる、カントリーミュージックのイメージだと言われました。しかしこれもひょっとしたらかたやIでギターに聴こえて、かたやi_ゆえにIrelandのようにガターと聞こえるのかなとも思ったりです) 」 答えは、YESだと思います。実際、確かに、IRELANDのLANDってアに聞こえる感じがしますが、実際、喉の奥でL-i_-ND_と発音してみると、やはりi_だと実感できます。もしかしたら、Bの発音の影響かもしれません。Bだけを発音すると日本人の耳にはブっぽく聞こえますが、その影響???? ま、いずれにせよ、できたらOK? ただ、GUITARの件ですが、アメリカ人がゆっくり発音してくれるときの英語と、普段使っている英語が違うということがあります。ですから、そのネイティブの人が実際は、間違っていると言うことだと思います。日本人に外国人用に「陽子」と発音してくれというと、はっきり、くっきり、よ、う、こ、と区切って言うでしょうが、実際はヨーコですよね。それと同じでしょう。 ITALIANという単語も似ています。最初のイはu_です。イタリアンと発音するアメリカ人はいないと思っていいでしょう。でも真顔で聞くと、イと思っているかもしれません。実際は、アメリカ人は外来語に関しては、一番楽な発音をしているのでしょう。 アメリカ人は、英語の母音がいくつあるかさえも、把握していません。 まあ、しかし、英語喉をやっているとそのうちネイティブに聞かなくても、自分で分かるようになります。 OBAMAという名前の発音にしても、こないだ、アフリカ人の人と大笑いしたのですが(なぜアメリカ人はアフリカの人の名前など単純なスペルなのに正しく読めないのかと)、でてくる位置でAの発音が違います(O-B/B-A-M/M-u_-#)。外来語の場合は、そうしたら楽だという発音で発音しているので、そういうことになります。 例えば、機関銃英語の収録のときに、TELEPHONEとナレーターさんがゆっくり発音したときに、TELEのLEがどうしてもエになったので、ジーナが御願いして取り直しました。しかし、これは間違っていると言えるかどうか、すれすれですよね。日本人が陽子をゆっくり言うと、よ、う、こ、、、ですが、これは間違いではないです。ゆっくり言うと、確かにそうです。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. かず先生

    先生の取り組みが世に紹介されて、なんか私も嬉しいです。
    誇りに思います。

    で、アドバイスも有難うございます。
    でも、URLがnot foundなので聞けないのですが。

  2. かず先生

    アドバイス、聞けました。ありがとうございます!

    トランペットのように、やってみますね。

  3. 弁当BOXのほうもコメントしました。細かい点です。しかし、それにしても音は違っての全て原因が同じで、喉をハローボイスにすると(勝手な造語です)直ります!

  4. はい、ハローボイスエクササイズもぼちぼちやっておりますが、まだまだですね(汗)
    でも、録音せずに練習してるときはリラックスしてるのか、もっと発音位置が低い気がしますが、どうしてもマイクをオンにすると構えてしまいます。これも課題ですね。いかなる場合でも喉全開目指します。

  5. そうそう、全くの余談ですが・・・アドバイスの流れでひとつ20年振りに思い出したことがあります。
    当時の友人からの「又聞き」なのですが、彼の知人が結構長い間アメリカで仕事続けていて(レジャー関係だったと思います)、かなり英語が通じていてもやはり時々聞き返されるのが悔しいということで、日頃「ピンポン玉」を口に含んで発音練習をしていたそうです。
    もちろんそれを聞いても当時は「へぇ~?」という感じでしたが・・・・今思うにそれは理にかなっているんじゃないでしょうか?
    「外人声強制ギブス」とか「ハローボイス」の意味合いがあるのでは?
    かず先生はそんな練習法を聞いたことはおありでしょうか

  6. カラオケのアイディアを使わさせていただきます。ありがとうございました!