Skip to toolbar

助動詞は動詞を助けているのではなくて、主語を助ける

「英語の勘2」の内容ですが、どう考えると、考えながら話せるかを示しています。例えば、CANとかMAYは助動詞と呼ばれていますので、日本人の感覚では、まず動詞を決定してから、その後でさかのぼって、CANをつけるかな、SHOULDをつけるかなと悩ことになります。

そうではなくて、Iのような主語を言ったあとに、その主語に関して補足するためにCANとかMAYと言うのです。CANであれば可能を表すわけですから、I CANだと、私は可能だ、、と言うことで、、その後で、え?何のこと?という疑問に答えるために、SINGとかSWIMとか言うのですが、どの動詞を言うかは現実が決定しますので、CANを言った後に考えます。h

そういう意味では助動詞は助主語と考えたほうが良いのかもしれませんね。

英語の勘2

こちらをクリック

Related Articles

イギリス在住のSさんと英語喉SKYPEセミナー!

KAZYのSKYPE GROUP、また開催されます!詳しくは、前回のエントリーを参考に。再び予告を掲載します。 KAZYさんからのメッセージです。 *********************************** おはようございます。大変申し訳ございませんが。11月26日 午前の部に関しましてですが、私情により延期させていただきます。次週12月3日(土曜日)AM11時~PM1時に延期いたします。申し訳ございません。夜の部8時~10時に関しましては予定どおり開催いたしますので何卒よろしくお願いいたします。 *********************************** こんばんわ。第2回 KAZY の英語クラブ開催します!! 日時 11月26日 (土曜日) 第1回 AM 11時~PM 1時くらいまでこちらはアメリカ在住のネティティブ 4人ほどを呼びます。 第2回 PM 8時~10時くらいまで こちらは日本在住の僕の友人のアメリカ人(某大手英会話スクール講師です!)にきてもらいます。彼は日本語が本当にうまいので(読み・書き 両方)いろいろと込み入った英語の質問ができると思います。僕もします(笑) 参加希望の方はご一報いただければと思います。 *********************************** 以下の参加表明のための簡単なサイトを準備しました。ただ、一部の人で以下のサイトがなぜか機能しなくなっていると聴きましたので、その場合は、とりあえず、KAZYさんにスカイプリクエスト(Kazkaz130)を送ってみてください! http://www.doodle.com/skt9a2mc8ctmdg2v さて、イギリス在住のSさん(女性)をSKYPEにて英語喉指導させていただきました。最近、NZ、アメリカ西海岸、そして今回のイギリス、、、と世界をかけまわっていますが、(今朝はヨーロッパから問い合わせがありました)。全員が女性です。 さて、Sさんに許可をいただいたので、部分的に紹介します。練習中は、あまり直すところがない感じでよかったです。実際の会話になったときに、やや口発音的になってしまうので、定着を目指して、喉の奥でごろごろという感じで音をつなげるように練習してください!! 英語喉講座前 [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_s_11_23_2011_before.mp3|titles=eigonodo_seminar_s_11_23_2011_before] 直りんはこちらをクリック。 i_ u_を練習中。 [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_s_11_23_2011_practice_i_u.mp3|titles=eigonodo_seminar_s_11_23_2011_practice_i_u] 直りんはこちらをクリック。 E_r_…

英語喉セミナー 西日本からのご夫婦を喉革命に導きました!

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 ワシントンDCにて、だいたい毎週木曜の晩、7時にボランティア講座を開くことにしました。その調子でやれば、1年で、喉実践者を100人以上生み出すことができます。数年やっていれば、何か起こっていると文部科学省さんも気づくことでしょう。 さて、西日本出身のご夫婦を指導させていただいたのです。   喉セミナー直前の英語 [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_before_12_01_2011.mp3|titles=eigonodo_seminar_before_12_01_2011] 直りんはこちらをクリック。 a_を指導しているところ [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_12_01_2011_a_lesson.mp3|titles=eigonodo_seminar_12_01_2011_a_lesson] 直りんはこちらをクリック。 機関銃英語が聞き取れる!を使って3ビートの説明 [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_12_01_2011_kikanju_part.mp3|titles=eigonodo_seminar_12_01_2011_kikanju_part] 直りんはこちらをクリック。 セミナー直後の聞き取り力! [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_after_kikitori_12_01_2011.mp3|titles=eigonodo_seminar_after_kikitori_12_01_2011] 直りんはこちらをクリック。 ドリルを読みながら、発音の成果を確認! [audio:http://nippondream.com/file/eigonodo_seminar_after_pronunciation_12_01_2011.mp3|titles=eigonodo_seminar_after_pronunciation_12_01_2011] 直りんはこちらをクリック。 セミナー後、質問に答えているところ。MARYLANDの発音について。奥さんが、どうしてもMARYLANDという発音が通じないとおっしゃいました。どこに住んでいるの?とアメリカ人に聞かれて答えても通じないということです。英語喉発音記号で書くと M-eI-r_  /  r_-u_-l  /  l-i_-ND_です。…

英語喉 魔法のごとく 1時間で聞き取り能力がUP

英語喉セミナー1時間でどのくらい英語聞き取り能力(と発音)が向上するのでしょうか? さて、Mさん、英語喉セミナー受講前の英語です。 [audio:http://nippondream.com/file/m_09_16_2011a.MP3|titles=m_09_16_2011a] 直リンはこちらをクリック。 1時間の練習の後、テレビを見ていただきました。感想は、クリアに聞こえるということでした。大成功! [audio:http://nippondream.com/file/m_09_16_2011b.MP3|titles=m_09_16_2011b] 直リンはこちらをクリック。 その後、英語喉ドリルセクションを一緒に読んでいただきまして、アドバイスをしながらも効果の具合を録音させていただきました。正しい発音をさっき知ったばかりですので、ちょっと修正をさせていただいています。 [audio:http://nippondream.com/file/m_09_16_2011c.MP3|titles=m_09_16_2011c] 直リンはこちらをクリック。 喉発音、定着のほう、ぜひがんばってください!!!!  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.