Obama’s Hiroshima Speech 2016

Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed.  71年前、明るく、雲のない朝、死が空から降ってきて、世界が変わってしまいました。

A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.  光線と炎の壁が街を破壊し、そして、あることを示しました。人類が自分たち自身を破壊するための道具を手に入れたということを。

Why do we come to this place, to Hiroshima? 私はなぜこの場所に来るのでしょうか?広島に。

We come to ponder a terrible force unleashed in a not-so-distant past. 私たちは(ここに)来ます、、、ある、ひどい力について考えるために、、、その力とは、それほど昔ではない過去に、解きはなされてしまったものです。

We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans, a dozen Americans held prisoner.  私たちは(ここに)来ます。死んだ人を弔うために。その死んだ人というのは、10万人の日本人男性、女性、子供、何千人もの朝鮮人、数十人ぐらいの捕虜とされていたアメリカ人。

Their souls speak to us. 彼ら、彼女らの魂が私たちに話しかけます。

They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become. 彼ら、彼女らは私たちに尋ねます。よく考えるように、自分たちが誰なのかを考えるように、どのように私たちがなっていくのかを考えるように、、と。

Recommend0 recommendationsPublished in Uncategorized