次の目標について ローティーさんをネイティブ化することが夢である

天満さんとYUMIさんが、英語発音のセミナーで活躍されている。

天満さんの東京セミナーに参加されたかたのBLOGなどを読ませてもらったが、天満さんの指導テクニックがさえているということだった。YUMIさんのほうも、需要にこたえるため、ブートキャンプを充実されているようだ。 

私としても、国産ネイティブの産出のスピード、率においてトップを走りたいという願望があるので、負けずにやりたい。しかし、今年は、明日(日曜日)が3人、それから来週の日曜日(お一人+ネイティブのご主人が横に座っていただき、確実に弱点などを理解してもらう)という企画で終わりそうだ。あと、数人、直接、合わせてもらうという話はあるが、基本的に、今年はこれでスローダウンしそうだ。というのは、アメリカって11月、12月って、いや、まじで全体的にスローダウンする。11月は感謝祭の連休。12月はクリスマス、、、そして新年。

私の次の目標だが、明日、3人やって、ネイティブ化成功率が100%であれば、ちょっと方向を変えるかもしれない。それは、英語喉をがんばっても、まじでできない人を、できるようにすることだ。

具体的には、ローティーさんのように、本当に、喉が硬い人を、できるように導くテクニックを考えることだ。

あと、ローティーさんは違ったと思うが、日本語でサ行が舌足らず的になる人、、、この人達をどうやって指導するか????

日本語は殆どの音が、突然、強く出す音なのだが、Sだけは微妙に弱い。だけど、そのS音でさえ、強烈に出す癖があり、結果、舌足らず的になっている人が、日本人には10人に一人いる。

この人達は、母音はOKだけど、子音にかなり苦労される。

ローティーさんは、喉がとても硬く、母音が難しい。母音はあ、い、う、え、おしか発音できないという喉になっている。

私の今後の目標は、ローティーさんをネイティブ化すること。あるいは、ローティーさんと同じ問題を持つ人をネイティブ化することだ。

そのためには、まず、これまで参加してくれたなかでその症状を持っていた人にコンタクトすることだろうか、、、。

Related Articles

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

で、英語喋れるの?

と聞きたいと思うことがある。 ある英語指導者のかたが、たらたら、英語勉強論を述べているのを聞いていたのだが、で?それやって、あなたは英語が喋れるのですか?と問いたくなる。 これを言ったらおしまいだと思う。でも、アンフェアである。勉強の仕方は、その先生の本を買うということに直結しているからだ。 なぜ私の逆鱗に触れたかというと、英語の発音は色々あるので、気にするな。発音の重要さをあまりに強調しすぎると、間違いを恐れて日本人はますます英語ができなくなる。 しかし、間違いが恐いから日本人が英語ができないのだろうか?皆さんは、そんなこと信じる?日本人が英語ができないのは、純粋に英語ができないのだ。間違いが恐いからとか、そういうのは言い訳であり、誰も、こわい、こわいと思いながら英語を勉強していない。恐いからできないのではなく、単にできないのである。  このことで分かるのは、この人自身も英語があまりできないだろうということ。さらに、ちょこっと英語の例文も読まれていたが、本当に、ちょこっとしか披露されない。本当に英語が好きだとは思えない。 結局、何を言おうと、その人を英語をただ、ただ勉強さすというだけだと思う。結果を出すことなしに。 ラジオ体操があれだけ普及したのも、簡単に全国の国民を総動員できるからだと思う。だからラジオ体操が難しかったらだめ。 英語教材はラジオ体操に似ている。著者がそばについていなくても、何かを作業できる形でしか、知識を提供できない。 そういう意味で本当にできるようになる英語喉は不利だ。というのは、できない人もやはりいるだろうからだ。できているかどうか分からないのがもどかしいわけだが、しかし、そう悩むかたは、ぜひこう考えてほしい。できているかどうか分からなかったら、できていない、、と。喉が立体的な音を出し始めるとやはり、分かる。分かる。 出来ていない場合、出来ている人を探してほしい。例えば、できるだけ、勉強がきらいなロック青年などがよい。きっと喉がゆるいだろう。その人にやってもらって、それから今度は自分に教えてもらう。1,2歳の子供さんがおられるなら、その幼児に教えてもらえるだろう。子供は喉発音をしているのだから。犬のマネをするのも手だ。30分ぐらい犬と犬になったつもりで遊んでみよう。泣き声をまねてみよう。 英語の勉強の仕方を国家総動員法的にしてしまっているのが、現在の英語教育言説だと思う、、、というと、総すかんを食うだろうが、一人ぐらいは言っても良いと思う。 だから、まあシンプルに、で?英語喋れるんですか?と聞きたくなる。 例えば、語彙が大切だということで、それはリスニングに効くのだというある企画が人気だと思うが、じゃあ、その企画者さんに聞きたい。 で、そういうあなたは、英語きけるん?英語喋れるん?語彙増えたら、本当に英語聞ける???? それを信じて、国民総動員して、やっているんですけど。 そこが学習者としては知りたいのではないだろうか??? 80年代に英語を勉強していた我々の世代?がラッキーだったのは、それ以前の世代の先生達も根性論に見えながらも、実にリーズナブルなことを言っていたと思う。 松本道弘先生の影響で英字新聞やら、タイムやら、ニュースウィークを、分かる分からんは別問題で読みまくったのは私だけだろうか? 英語で考えろ!というようなことを、その当時よりちょっと前ぐらいの大家の人達は言っていた。 外国人に話しかけるというのは、当たり前のことだったと思う。松本先生も、学生時代に、外人ハントと称して挑戦されていたということを書いていた。 いつから、英語が机についてする勉強だけになったのか?受験英語は別として。 我々が80年代に英語を勉強していたときの、先生方は、英語をアメリカ軍?から直接学んだ人達ではないだろうか?あるいは、アメリカから当時入ってきた音楽などを通じて、比較的、理屈なしに、直接的に学んだ人たちではないだろうか? 私の場合、中高生のとき、テレビをつければ、英語が喋れて、なんと外タレと、インタビューをしていた小林克也氏がいた。いや、今YOUTUBEで見ても、本格的だ。 ごまかしではない。今見ても、本物だ。今みたら、あれ?思ったより下手糞だったなんて思うひとはいない。マドンナのとインタビューなんて、今にも、お互いに抱きつきそうなコミュニケーションの密度ではないか。…

ジュリアロバーツ

本日は2度目のエントリーです。  ユミさんが、BLOGでジュリアロバーツの動画を紹介されています。 http://ameblo.jp/englishbootcamp/entry-10626360951.html 私のほうからは、皆さんに以下に注目してほしい。 最初に、ロバーツさんともう一人の女性がコニチワといったときの発声が、日本人的な感覚では、下品で、ゲロゲロゲロって感じの声であることを確認してください。西洋人の感覚では、あれは下品ではないのです。 途中でジュリアさんが、爆笑していますが、そのときの笑いも喉から豪快に出ています。これも確認してください。 日本人の通訳さんの平たい感じの日本語の音と、ジュリアさんの喉発音の音を比べてください。 ジュリアさんの首の根元、、、より下の、鎖骨と鎖骨が交差するあたりの喉の筋肉の動きに注目してください。文の終わりで、そのががくーんと下に落ちている感じがします(発音位置が定位置に戻っている感じです)。 音を消してしまって、ジュリアさんをみてください。唇の動きや、体の動き、時には、手の動きに、シラブルのリズムが一致しています。音を聞いていなくても、ボンボンボンのシラブルのリズムが聞こえるようです。 以上です。 あ、アシュラさん(http://ameblo.jp/englishbootcamp/entry-10626360951.html)、3ビートは暗記の対象ではなくて、喉をゆるめていれば、かってに子音がつながる感じです。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 上川先生こんばんは。私は先生のupされた動画で先生が文章をゆっくり読んで同時に手拍子を打つ場合や隣りの部屋から聞こえる英語音声など不明瞭な場合などにはボンボンボンを感じることが出来ます。しかし通常スピードの明瞭な英語音声では全くボンボンボンを感じることが出来ません。どうすれば聞こえるようになるでしょうか?アドバイス頂きたいです。

  2. まいさん、こんにちは。

    私が実際に教えているときには、以下が効果的に感じます。

    1.実際に拍手で日本語のシラブルに合わせてしゃべって、日本語は速いなあ!と実感し、次に、英語でやってみて、英語は遅いなあと実感する。

    2.足ふみ、いや歩きながら英語を喋ってみる。1歩=1シラブルで。言う表現などは、何でもよいですが、例えばMAIN-NEIM-MIZみたいな単純あものでよい。英語は遅くてもいいんだなあと言い聞かせがら。

    3.テレビを聞く。そのとき、手をテレビ機に当てて、ビリビリというのを感じながら聞く(ビリ=1シラブル)。

    どうでしょうか?

  3. こんにちは
    私の場合
    意味を取ろうとしたり、知ってる単語に反応するとボンボンのリズムが取れなくなってしまいがちで、意味はどうでもいいからボンボンだけに集中するとシラブルを感じることができて、知ってる単語の意味も後からついてきます。
    目をつぶって聞くのもいいですよ。
    ためしに目をつぶって母音だけに集中してみてはいかがでしょうか。

  4. 上川先生、こんばんは。
    私も子音が弱く、dやrが舌足らずで文章を早く読むと「なんて言ってるかわからない」と言われます。(たぶん音も切れてる)

    このタイプををどう喉発音に導かれるのかまた追々UPされるのを待ってます!

  5. REIさん、ぜひ、、音声聞かせてください。舌足らずというのは日本語でですよね?

    実は、今回、教えているとき(この2ヶ月ほど)、一回、ありゃ、これはてごわいかも?と思ったかたが、全然、問題なかったのです。でも、その人は、舌足らず系というより、日本語でSHとかを強く発音する人で、口での発音がとても強い人。でも、喉でやり始めると全然問題にならなかった。

    私の感じでは、困難を覚えるのは2種類です。
    1.喉が硬い感じ(LORTIEさん)
    2.舌足らずな感じ(今のところデータが少なすぎる、、、REIさん?)

    でも、その他の場合、例えば喉1号さんがちょっと苦労されているけれども、おそらく、直接お会いできれば、2時間でいけると思っています。