Skip to toolbar

NipponDream

KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)

Profile photo of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)
本日の放送

December 6, 2017

ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

Profile photo of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)
本日の放送

December 5, 2017

  https://twitcasting.tv/eigonodo/embeddedplayer/424007652   ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

Profile photo of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)
REMEMBER PEARL HARBORの意味

November 4, 2017

トランプさんが、日本に立ち寄る前のハワイでREMEMBER PEARL HARBORと言ったということで、日本では、パールハーバーを忘れるなと訳しているけど、そうではなくて、パールハーバーを思い出そうということ。忘れるなということではない。 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

Profile photo of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)
最後は自信

October 29, 2017

昨晩、ハロウィーンパーティーで歌を歌ったのですが、楽譜をコピーしたものを目の前に広げていて、まちがって2枚あるのに、折ったままでおいていて,半分が見えなかったんです。   で、途中まで歌って、ピタッととまってしまったんです。   でも自信まんまんで、おおげさな感じで、折ってあるのを直してから、歌い始めると、その自信まんまんな感じに、聴いている人が、受けてくれました。   やっぱり自信っていうのはありますね。   英会話をするときも、どんなに面白くない話でも、自信まんまんで話すと、意外と聞き手に喜んでもらえるのではないでしょうか?   その自信満々ってのも、リラックスしていて初めて可能になるように思います。 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

Profile photo of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)
コメディアンの道まっしぐら

October 28, 2017

今日は、コミュニティーのハロウィーンのイベントで歌ったのだが、自分のスタイルは自分だけが歌うのではなくて、SING ALONGで、そこにいる皆に歌ってもらうもの。 これは認知症デイケアセンターでやっているのと同じ。 歌ごとにクイズを出したり、コメントしたりして笑ってもらいました。 一番、笑いがとれたのは、「線路が続くよどこまでも」のオリジナル英語版を歌ったときに、日本語版もあると紹介し、「ところが、日本版は半分までしか訳していなくて真ん中あたりで終わる」、「その理由は日本人の翻訳者が、言っていることが分からないからここでやめると言ったから」で、どっと笑ってもらった。 実際そうなんです。線路は続くよどこまでも、は日本で歌われている部分は半分までで、実際後半は意味不明の歌詞なんです。 ダイナ、汽笛ならさんかい、こら~~ ふぃ~ふぁい~ふぃ~どる~お~~~ みたいなさっぱり意味がわからない歌詞なんです。 日本の90年代の歌で、「ぱっぱぱらぱら、ぴ~ひゃら、ぴ~ひゃら、おどるぽんぽこりん」みたいな歌がありましたが、あのノリです。 皆さんもこの歌で笑いをとるときは、このギャクを使ってくださいね。 以下、該当する部分です。 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

Profile photo of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)
アメリカのサービス

October 28, 2017

日本人がアメリカに来るとアメリカのサービスが悪いと感じがちだけど、確かに一部のスーパーとかでは、店員さん同志が私語を交わしていることはあるものの、メガネ屋さんとか、電話修理屋さんとか獣医さんとか、サービスは普通に良いと思う。自動車修理屋さんも。 自動車修理で今回お金がかかったけど、対応自体はすごくよくて、レンタカーを無料で貸してくれたし、時間がかかった本当にごめんなさい、、みたいに腰は低いし、聞かなくても修理費から割引をしてくれたり、至れり尽くせりだった。本当はレンタカーにガソリンを入れて返さないといけなかったのだけど、忘れていて、請求されなかった。 後方左のランプが一個切れていたのはわかっていたのだけど、対応してくれたかた(修理工じゃないくてカスタマー担当の人が、「自分が変えといたからね」と無料だった。 客としてコツもあると思う。信頼できる相手だったら、やっぱり信頼して、自分も謝るところは謝ったり、感謝するときは感謝したり、というように、自分がこう扱ってほしいなと思うとおりに相手に接すると、やっぱり相手のいい感じに対応してくれる。 メガネを買ったばかりなのに、壊してしまったんですが、メガネ屋さんに持って行ったら、ま、保険を買っておられるので、それで対応できるけど、ま、それ関係なしに、たった3日だから、取り替えてあげますよ、、と対応してくれた。 さらに、この店員さん、ワシの難しい日本人の名字も覚えてくれているのです。この店員さんが、ワシの担当だったのではないのに。 このときも、まずは自分が自分で壊してしまったと、捨て身の姿勢で下手にでた。もしかしたら、自分で壊した場合には、せっかく買った保険が効かないかもしれないともおもったけど、それが真実なので、まずは下手にでる。 そういえば、ヒーターとクーラーのメンテナンスをある会社に頼んでいて、ぼ~としている間に、契約期間が切れていた。電話して、自分のせいであるということを強調したら、相手が、ちょっとボスに相談してくると言って、待ったけど、契約きれてるけどOKってことになった。 悪い意味かもしれないけど、米国の会社って社員を大切にしていないから(その日でも首にできる)、社員がすっと、消費者の立場になってくれるんじゃないかな。間違っているかもしれないけど、サービス業の人と話していたら、お友達みたいな感覚で話してくれるのでそんな気がする。 サービスはとてもいいけど、一つには、最近、ネット・レビューとかあるし、サービスすればするほど、いい反応があるというのがあるかもしれません。 サービスが良いと思うことが多いので、ネットレビューなんかはこまめにしています。メールで後で、頼まれるので。 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

Profile photo of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)
基本に戻る

October 25, 2017

認知症デイケアセンターでは、ビートルズ世代が多いので、ビートルズとか、プレスリーで行くと思っていたのですが、今日は、もっと高齢のグループで歌ってと言われまして、それも歌集を持ってない状態で不意を突かれたかたちになりました。 歌集なしで80歳ぐらいの人たちが一緒に歌えるものが、あまりに自分の引き出しに少ないことに愕然。 HOME ON THE RANGE YOU ARE MY SUNSHINE 、、、う~ん、他には、、、 STAND BY ME、、、これは、新しすぎ。 週末はYOUTUBEで古い歌を勉強します。 YOUTUBEってすごいですよね。 さて、台湾のお婆さんもいたので、皆さんに事情を話したあとで、日本語で「ふるさと」を歌いました。手をたたいて喜んでくれました。 まわりもその様子をみて喜んでくれました。 とにかくこの台湾のお婆さんは英語ではおとなしい感じなのです。ところが日本語だと、元気が出るので、日本の歌も楽しんでくれて、その意外な姿に周りがびっくり。 「ふるさと」は内容的にはHOME ON THE RANGEみたいなのですと解説しました。 歌っていると、いつも歩いてばかりいるギリシャのお婆さんも隣りに座ってくれました。今回で2回目だったので、歌が好きなのかもしれない。YASU!とTI KANISというギリシャ語で挨拶したら、元気な声で同じ表現の挨拶が返ってきました。 実はギリシャ人の友人に頼んで、ギリシャ語の歌もしこむ予定です。 さて、もう一人の台湾のお婆さんとも話したのですけど、弟さんのことを指すときに、「彼は」という場面で、「彼氏は」とおっしゃるんです。私の世代の日本人だと、彼氏=ボーイフレンドですよね。もしかして、大昔は彼と彼氏が同じだったのでしょうかね??? ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

Profile photo of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)
信じられない話 もしかしてネタ???

October 3, 2017

今日はコンドミニアムの会議があって、選挙もあったので、住民がいつもより多く来てくれていた。立候補する人がいるわけでもないので、自分も再選されました。 vote of acclamation という単語を使ってました。確認するための投票みたいな。 さて、メキシコのワシからしたら若手の女性二人とスペイン語を話していて、これが今日のネタかなと思っていたのだけど、エルサルバドル出身の年配のかたが、 あなたはスペイン語上手ね。殆どなまりがないわね。どこから来たの? と聞いてきたので、 日本というと、その方の表情が変わった。 え~??? 日本に行ったことがある、、というだけにしては、えらく、大きなリアクション。 そのかたはたぶん75歳ぐらいだと思うんですが、彼女曰く、 14歳の時に、東京に1年半住んだというのです。 なんでやねん? と聞きますと、 エルサルバドルで14歳の時に結婚すると親に言ったら、逆上して、絶対にダメとダメ押しをされ、さらに、、、、 エルサルバドルからとにかく遠いところに送ると宣言されて(理由は、たぶん、その結婚したい相手から引き離すため)に、 東京に送られたとのこと。 罰で日本に送られたそうなんです。50年、60年前の話です。 ところが、これがオチなのですが、罰で送られたのに、東京での生活が楽しくて楽しくてしょうがなかったそうです。 鎌倉に行った、箱根に行った、、という話に花が咲きました。 どうも、従兄とかがおられたようです。それから、学校はインターナショナルスクールでSACRED HEARTとおっしゃっていました。 ネタではないと思います。 ま、とにかく、スペイン語を話す人がかなりおりますので、パーティーをしようということになりました。 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

Profile photo of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)
必死に録音した「そして僕は途方に暮れる」

October 1, 2017

メキシコにホームステイを3か月したときに、メキシコの家族にこの歌を教えてあげたら、丸暗記して、それ以来、今でも覚えているということで、FB上で、歌って録音してくれと数年言われていて、やっとのことで、必死に録音して、UPした。 大沢さんの「そして僕は途方に暮れる」です。 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)

Profile picture of KAZ (英語喉著者・当サイト編集人)

@kuekawa

active 2 days, 15 hours ago