なぜ自分は大学時代で、すでに英語ができたのか

以前、セレンさんにインタビューを受けて、中学時代ぐらいからの英語遍歴を回想することができた(セレンさんのサイト)。 自分は大学1年生の最初の月ですでに英語が話せていた。中学、高校と6年英語を勉強していたのだから、当たり前のことに思える(文部科学省さん的には6年で英語が喋れるというぐらいの目標を立ててカリキュラムを作成しているはず。) 近所のジョンさんの通訳をしたことがある。京都の伏見稲荷にある外国人登録みたいな事務所に一緒に行って。以下はジョンさんとDCで数年前に、25年以上ぶりに、再会したときの写真。   1986年の夏、ジョンさんは愛知県の西尾市の英語学校で働くために、当時のガールフレンド(現在の奥さん)と、引越ししていったので、遊びに行ったときの写真。     なぜ当時、英語ができたのだろうか? それはおそらく中学、高校と、自分自身の日本語が広島弁であったときに英語を勉強したからだと思う。 よく英語ができるには日本語をしっかりとと言うが逆だ。 日本人で英語が不得意な人に、何年英語を勉強していますか?と聞くと、 I have studied English for XX years と長い答えが返ってくる。ところが中国人に聞くと、 XX YEARS と短い答えが返ってくる。おそらく中国語でも、短く答えるのだろう。 中高生が喋る広島弁でも同じだ。 これ、なんぼしたん? 500円。 短いのである。必要な部分だけを答える。そして、それが世界の言語のワールドスタンダードなのである。…

Skip to toolbar