Skip to toolbar

昔の思い出、京橋のうるさいバーにてカナダ人と交わした会話

まずは、ぽちっとお願いします。 http://blog.with2.net/rank1932-0.html 大学を出て、京橋にあった私立高校で英語の先生をしてました。同志社のときの友人が、門真のパナソニックで働いていて、外国人の同僚がたくさんいた。その関係で、あるアメリカ人が、バンドメンバーを探しているというので、ベーシストとして参加。 うるさいバー、、、今はしまってしまった京橋の伝説のバー、トランプスにて、ライブを週末にやった。アメリカ村でも結構ライブをした。セラーズという店とか、ゾンビパラスというとこだったかな。1992、3年のころの話。 私たちのバンド名はFLUXだった。ギタリスト、ボーカルがジェリーで、ドラムがビリーだった。ビリーは、DC近辺に住んでいる。ジェリーはペンシルバニア。4年ほど前に再会できた! トランプスでは、ライブの休憩時間に、大阪で働いている外人たちとよく話したが、あるカナダ人とこんな会話をした。 いや、週末にね、肉をフライしておいて、それを冷蔵庫にいれておくんだ。そして、それをチンして食べる。 なぜ、この会話を覚えているかというと、当時、え?こんな内容がニッチな会話を俺しているの? まるで親友と話しているみたい、、、内容がとっても、日常。 普通、英語というと、論理が大切だとか、内容が大切だとか、、、うるさい。 その会話がでも可能だったのは、今考えると、そのバーがうるさかった。うるさいから、大きな声で喋っていた。すると、もともと広島弁なので、喉がゆるめなところに大きな声をだす。 すると喉発音になっていたのだろう。 だから、そのカナダ人が、心を開いてというか、、オープンに、そんな日常の話をしたんじゃないだろうか? なんて思ったりです。