英語ができるということ

ぐぐると、英語喉に関して色々レビューがあって、POSITIVEなものもあり、そうでもないものある。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 このかたは、いいような、でもそれだけではない、、、みたいな感じで書いておられるが、、 http://foreignlanguages.blog29.fc2.com/blog-entry-182.html でも、つっこむと、結局、このかたが英語ができていないんじゃないかということにつきる。 聞き取りなども、できておられないけど、語彙とか文法でカーバーしつつ、「人によっては聞き取れないな~」とか、思いながらも、英語を教えている立場にあるし、長く勉強しているので、それなりに英語ができると思われているのであろう。 しかし、聞けて言えて、本当に英語ができたら、 理屈を色々とこねない、、、 でも、そこまで達している日本人があんまりいないのでワカラないのだろう。 例えば、英語が本当にできたら、まじで、英語に熟語なんて無いことが分かる。 日本人はTO TELL YOU THE TRUTHが熟語とか、フレーズだと思っていて、そういうのを必死で覚えるだろう。 しかし、英語には熟語がない。 これとこれが合わさって初めて意味を成すというのが熟語だ。日本語にはある。 我田引水 「が」だけでは意味がわからない。が、でん、いん、すい、、、で意味を成す。 しかし、元の中国語では、我だけで意味をなす。田だけでい身をなす。 これが英語と同じ。TO TELL YOU THE TRUTHなら、TOだけで意味があり、TELLだけで意味がある。…

Skip to toolbar