カントリーミュージックの魅力

昨日は、ワインテイスティングの経験などを書いた(メンバーオンリーの記事)。 15種類ぐらいのワインを少しづつ飲んだ。自分の期待としては、新しいことに出会い感動すること、、、。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 飲んでいるうちに、うわ~、こんなすばらしい世界があったとはと感動したい、、、しかし、私にとっては、単なるすっぱい飲み物にしか感じられなかった、、、。 ただし、オープンマインドで望んだ。3杯目ぐらいまでで気づいたのは、自分は飲む直前に、鼻からの息を完全にとめているので、香りを無視していたことに気づいた(ジーナは、まず香りを楽しんでから試飲していたのでそれを真似)。 さらに、すっぱいなあと思っていて気づいたのだが、ワインとは肉料理などと一緒に飲むわけで、その場面を想像しながら。 しかし、うわ~、すばらしいな~という感動にはいたらなかったのでした。 ただし、ワインというのは、食事とか、楽しい会話の一部として起こるものだから、楽しみ方が大切なのだろう(味だけをとりあげて、すっぱいと非難するのは、非常にまずい)。 スノーケリング(海で泳ぐ)には、感動して、これから何回もやりたいなと思っている。剣道も楽しい。 ラップトップにコーヒーをぶっかけたので、分解して、ついに自力で直したのだが、ぞくぞくした。 気づくと、子供のころやっていたことばかりだ。 自分を発見するとは、そんなものなのかもしれない。 そんな感動に多く出会いたいものだが、今日はカントリーミュージックを紹介したい。 昨日、ジーナがこれ聞いてみてといって、うわ~これすごいと思った曲を皆さんと聞いてみたい。 Dolly Parton さんの、I will always love youだ。最近、なくなったホイットニーヒューストンさんが歌って有名だが、オリジナルは彼女が作ったのだ。彼女はけばけばしい服や格好で有名なのだが、こんなにすばらしいアーティストであることを知らなかったとは。 歌詞はとても悲しい歌なのだ。この歌を聴いて、涙が出る気がすれば、正しく聞いているといえる。 さらに、英語という言語の深さを感じることができるだろう。 日本語で、「つばさをください」という歌があり、皆さんも合唱したことがあるだろう。しかし、あの歌は はげしく悲しい歌なのである。…

Skip to toolbar