英語が聞き取りに困難を覚えるのは日本人だけという点 (さらにそれにも気づかないという国家的悲劇)

昨晩は、地元の日本人お二人(男性と女性でした)に、ボランティア指導をしたのでした。 さて、そのセミナー後に喋っているときに、在米5年の日本人男性のマーさんが、中国人は最初から英語が聞き取れているという点について語り始められまして、そのトークを録音させてもらいまして、さっそく、YOUTUBE動画に仕上げましたので、ごらんください。 タイで日本語を教えているCEISUさんのBLOG記事もスクリーン上で紹介させていただいています。 いかがでしょうか? しかし日本人だけがということも私には、考えてみると驚きではなくて、地図を見ると、日本って一番端っこの国ですよね。アフリカで人類が発生したとすると、一番遠い。だから、そういう日本だけ、、、ってことがあっても不思議ではないように思う。 日本で売っている地図だと、日本が世界の中心なので分かりにくいのだけど、アメリカの地図だと日本は右端にあって、それは人類の歴史的にみて、納得の行く位置だと感じます。 さて、一方で、日本語が聞き取れる外国人はわんさか存在する、、、外国人は最初から日本語が聞こえているわけです。3ビート言語を喋る人には、2ビート言語は、単純なので、あきらかに、2ビートだと分かるので、聞けるし、まねができる。逆に2ビート言語話者(日本人)が、3ビート言語を聞くと、流動的すぎて、つかみどころがなく感じるために、聴きにくい。聴きにくいけどその理由がよく分からないので、強く発音された単語を聴きましょうとか、意味不明のアドバイスを信じることになるのでした。それは、そのアドバイスをしている人自身が英語が聞けないからでして、早く、英語喉で楽になってください! http://www.youtube.com/watch?v=eGJIiyMrYwU

Skip to toolbar