プレゼンテーションの時の声のリラックス感を高めたい

英語喉SKYPEセミナーに興味のあるかた、ぜひご連絡ください。詳細は、上のメニューのところから見てください。以下は、土曜日の夜のボランティア(無料)15分SKYPE講座です。 http://www.doodle.com/cmyr2xc7vnyd5dci さて、昨日は、同僚が、こんな表現を使っていて面白かったです。 I WAS VOLUN-TOLD TO PARTICIPATE IN ~ これを聴いた瞬間に意味が分かったのが面白かった。意味とはなんぞや?みたいです。 仕事で、色々なタスクを頼まれることがありますが、ボランティアで?あたかも、やってもやらなくてもいいけど、みたいな感じで聞かれることがありますが、実際は、やらないといけない仕事の聞かれ方ってありますよね。 中学校のときの学級委員の選出もそんな感じじゃないですか? VOLUN-TOLDのVOLUNはボランティアの半分まで、TOLDは、TELLの受身ですから、極端に訳すと、命令されたということです。 ボランティアのように誘われたが実際は命令された、、、みたいなことをユーモアをこめて、VOLUN-TOLDと彼は表したのです。 言葉って、自由につかっていいわけで面白いですね。 日本に住んでいる皆さんは、日本に住んでいる外国人と喋るときは、どんどん表現をつくってしまいましょう。 例えばですが、牛丼を最近食いすぎて、食べる気がしない、、なら、I gyudoned out とか言えます。勝手に動詞にしまうのです。 もし、相手が分からない顔をしたら、「え、そんな言葉も知らないの?」みたいな感覚で、逆に教えてあげるのです。 英語でもそういうことをしていますよ。たとえば、学校へ自転車で行く、、、ならば、I bike to school と言えます。 動詞にするのが大胆すぎると感じるなら、DOにつなげましょう。例えば、ラーメン食べに行こうならば…

Skip to toolbar