相撲取りさんは喉発音だ

NHKがケーブル放送でアメリカでも見れるので、よく見ているが、結構面白い。いろいろな発見があるし、疑問もある。   バイリンガルニュースについては、前にもいろいろ書いたが、英語を読んでいる人の英語にいちゃもんをつけたら失礼だという思いがあったのだが、週末にまた見ていて、ちょっとふっきれた気持ちになったので書いてみたい。   なぜ英語をカタカナで読んでいるのだろう、、、?????   NHKの英語放送は日本人を対象とした放送ではなくて、外国人を対象にしたものだと思うのだが、なぜそれをカタカナで読んでいるのだろう。これでは外国人でもカタカナの仕組みを知っている人でないとニュースがわかりにくいではないか。   ネイティブの人や、海外生活が明らかに長いキャスターのかたがたではなくて、現地からのレポート担当の人々が、なぜか、全員、カタカナ、、、というかひらがなで英語のニュースを読んでらっしゃる。   前は、そういうことを言ったら批判となるからいっちゃいけないという気持ちがあったんだけど、ふとふっきれた気持ちになった。   なぜかというと、本当にひらがなを読んでいるように読んでらっしゃるからだ。英語の下に振り仮名をうって、それを読んでらっしゃるとしか思えない。そこまで徹底しているならば、そのことについて書いてもよいような気がしたのだ。   皆さんは、フォーレストガンプの映画を見たことがあろうだろうか。フォーレストがとにかく走り始めるのだが、信者がつきはじめるのだ。ただ単に走っているはずがない。なにか深い哲学があるに違いない、、、と人々がフォーレストについて人々が走り始める。   何が理由があるに違いない。だって、天下のNHKである。カタカナで英語を読んでいるには、何が理由があるに違いない。   いや、ちょっとぐらいは努力しているんでしょ?っということならば、絶対に指摘しない。だって努力している人に対してカタカナ英語ですね、、、なんて言わない。失礼だからだ。   本当に、本当に、ひらがなをそのまま読んでいるかんじなのである。   ちなみに、逆に私には分かりやすい。日本人にとっては、なんの努力もされていないカタカナ英語のほうが、努力されているカタカナ英語よりも分かりやすいということはある。英語にへんなしゃくりがないからだ。ただし、外国人が聞くと、どちらが分かりやすいということではない。ただし、日本語を知っている外国人にとっては、まったく努力のされていないカタカナ読みのほうが、意味を想像しやすいことは確かである。   で、思ったのだけど、、、もしかして、喉革命を経験したから、レポーターさんたちの英語が、まったく努力していないカタカナ英語に聞こえるのか、、、という疑問もわいた。…

Skip to toolbar