どのようにうまくなる?

喉実践者の音声テープを聞いていると、だいたい同じパターンでうまくなっていく。だいたい同じアドバイスだ。結局のところ、日本語話者は同じ日本語を喋っているわけだから、英語を喉で話そうとすると、全く同じ問題を通過するのだろう。

HOT HUT HAT そしてSUDOKU

喉革命以前に、HOT,HUT,HAT(母音のところ)を説明しようとやっきになっていた。HUTは従来のメソッドに似ていて、口の前のほうで、口を小さめにして発音する、、、と決めてしまっていた。その逆、対抗、として、HOTは口の奥のほうで、アかオか、微妙な感じの音だと決めてしまっていた。