ネイティブに素直に聞いてみたら?喉発音のこと+日本独特なこと

あおいさんが、ネイティブの先生に喉のこと聞いてみたそうです。そのエピソード面白いですね。

http://aoienglish.seesaa.net/article/128340621.html

この素直な(練習ー>実践)がよいですね。英語喉を練習するー>即使ってみる、、、と。話のネタに使ってみるのもよいですね。

機関銃英語の練習素材なども、話のネタになるかと思って書きました。例えば、104ページに日本で風邪を引くっていう素材がある。風邪を引いたら暖かくして寝る、、、ということでさえ、日本以外の国では驚きなのです。えええええ、、、体はさまさないと、、、とくる。

メキシコに語学を勉強しにいったことがあるのだけど、風邪を引いて、暖かくしようとしたら、びっくりされた。

あと、日本では薄着を奨励するでしょう。そのことも素材で触れたけど、日本の外には、薄着をしたら、風邪を引きにくくなるとかいう考えがありません。おそらく、昔、資源のないときに、学校などで、寒かったんでしょう。精神をしゃんとすれば、寒さもしのげるとかなんとか、そういうイデオロギーがあったのではないかな。その名残りじゃないか?

英語喉をやると本当に外国の文化が見えてくるし、またそのせいで日本の文化も見えてくる。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

アシュラさん、次のステップ

http://ashrafieh.seesaa.net/article/160695924.html でアシュラさんが、英語喉は理解できて、一段落ついたとおっしゃっていて、ほっとした。アメリカのドラマの英語が、前よりも耳に入ってくるようになったとの報告もうれしい。 さて、今日は、以下のアシュラさんの言葉に対してコメントしたい。アシュラさんいわく:

恥とは何か?

最近、仕事が忙しく、書こうと思っていても、書けなかったりするので、書きたいことがややたまっている。 昨日は、SHINさんと、英語ネイティブさんに音声アドバイスをさせてもらった。 英語ネイティブさんはここ http://eigonative.seesaa.net/article/161608623.html 私の音声アドバイスはここ www.estat.us/blog/eigonative2.mp3