Category Archives: 英語の発音

発音をネイティブに近づければ、英語が勉強しやすく

おそらく99%の人が発音は最後の仕上げで、1%の人は最初の一歩と認識していると思います。 なぜ後者の1%が正しいかについて書いてみます。 REALLYというよく使う単語があります。形容詞はREALです。 99%の日本人英語学習者は リアリー と リアル と言う風に覚えていることでしょう。 リアまで一緒ですね。 さて1%の英語学習者は以下のように覚えています。 RIL (あえてカタカナで書くとリールと言う感じ) RIL-LIY (あえてカタカナで書くとリールリー) この場合はリールまで同じです。 後者の覚え方をしている人にとっては、RILという形容詞にLYをつけたのがREALLYなので、その他に大量に存在する形容詞と副詞の関係と全く同じになります。 Beautiful –> beautifully 英語ができる1%にとっては、REALLYはRILでしかなく、それにLYをつけたのがREALLYですから、REALLYを暗記する必要がなく、覚えることが少なくなります。 発音をネイティブに近づければ、英語が勉強しやすくなるのです。           ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

GREATとGRAYの発音の違い

GREATの最後のTは半分までしか言わないことが多いので、普通の英語学習者には GREATとGRAYの違いが聞き取りにくいかもしれない。 というか、この違いが聞けない人には、根本的に聞き取りができないだろうから、この些細な違いを取り上げることにも無理がある。 英語喉の発音記号で書くと Gr_-eI-T Gr_-eI_-Y_ 後者のYを聞けているか、聞けていないかが運命の分かれ道。 喉で発声するのだと分かれば、聞こえてくる。 Great hair Gray hair の違いが言えるでしょうか? ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。

DJやアナウンサーのような抑揚で英語を話す方法 

今朝、自動車でサテライトラジオの番組を聞いていて、ひらめいたことです。ぜひ参考にしてください。朗読に活用できます。次回の動画で詳しく解説しますが、とりあえず音声のみにて失礼。 www.nippondream.com/file/talk_like_radio_03_10_2016.MP3 ブログの人気投票にもご協力を。以下をぽちっとお願いします。