英語以外の外国語で聴き取り練習

喉発音であることと、3ビートである点はヨーロッパ言語でも同じです。英語で聴き取りが100%に近付かないかたは、あえて、勉強したことのない外国語で聴き取りの練習をすると、うまく行くかもしれません。

信じて実践してみてください。このやりかたが効いたと言う報告を受けています(MIKIさんのBLOG http://ameblo.jp/elcchi/entry-11732227071.html)。引用しますと、

「早速、次の日の朝、いつもなら起きてすぐにPodcastで英語を聞くのですが、中国語とフランス語を30分ほど聞いてから、CNN Student Newsを聞いてみたんです。何これ???めっちゃクリアに聞こえる。というか、音が普通に耳に入ってくる。」

30分ほど聞いてから、、、ということです。ある程度の量をこなしてみる、、、これが大切なのかもしれません。

さらに英語が100%近く聞き取れることは可能なのだということを信じることも大切です。以下で挑戦してみてください。

フランス語の場合

http://www.youtube.com/watch?v=CVy_frFL7w4

中国語の場合(中国語は、3ビートであるとは言い切れませんが、漢字1個が1シラブルで、シラブルを聞く練習になります)

http://www.youtube.com/watch?v=UkMsaEx7odU

スエーデン語の場合

http://www.youtube.com/watch?v=OTydmBDEwW8

さて、その後で、英語に挑戦してみましょう。コツは意味は考えないこと。

ニュース英語はCNN http://www.youtube.com/watch?v=lo8Amd3rYUg

ネイティブ同士が喋っている英語は映画が一番 http://www.youtube.com/watch?v=RWJd1jaYaeU