茂木健一郎氏がネイティブのような発音をしていて笑えた(いい意味で)

茂木さんは「意外と通じる日本語英語」で有名なのだが、この動画の中でサボテン役をしている茂木氏の英語がネイティブ英語で、最高に笑えた。いい意味で。声をかえようとすると、喉の奥で発音しないといけないので結果としてネイティブ英語になっている!!!!!! 違う声を出そうとしたり、動物の声真似をしようとしたりすると、どうしても首の奥のほうを使うことになります。すると多様な声が出せますが、それが英語発音にも使えるわけですね。 最高の英語喉例。 いずれにせよ、今後、茂木さんの英語はこのような形で深みを増していき、ネイティブ化していくことでしょう。一度、できると、二度と戻れない世界が待っている、、、。 ただ、その時に英語喉を認めてくれるかどうかは未知数です。 単語と単語の間が開いているところがありますが、それでもつまっているところ、つながっているところもたくさんあり、びっくりです。 まるでくっちゃんと喉やんのようです。

Skip to toolbar