オバマ大統領 広島演説 広島弁で同時通訳

オバマ大統領が広島を訪れ、平和公園にて演説をしました。広島県人としては、感動的な瞬間でありました。その様子を見ていると、観客の人が通訳さんの声をヘッドフォンで聞いていました。 その通訳さんの日本語は棒読みで、オバマさんの心が本当に広島県人および日本人に伝わっているのか不安になりました。ネット上ではネット右翼の皆さんが、DISっています。 通訳の関係上、オバマさんの心が伝わっていないのではないかと不安に思えました。 そこで、時間はあまりかけられなかったのですが、私自身でオバマさんの演説を広島弁に同時通訳して公開しました。もしよろしれば聞いてみてください。 広島弁は短い表現が多いので、英語の単語が発せられた瞬間に、その単語を合わせやすいのです。標準語では「しません」と4拍分、時間がかかるところを、広島弁では「せん」の一拍ですみます。プラス、英語では音色に感情をこめるのですが、広島弁でも同じです。 うまくできないてないところもありますが、このオバマ氏の演説を広島弁で聞けば、米国があやまっているのか、いないのかという問題設定は無意味に思えてくると思います。 オバマさんは心の底から、この演説をしているのだと思います。

Skip to toolbar