プロチアリーダー 齋藤佳子さん 英語は喉発音、日本語は口発音の例

プロチアリーダー 齋藤佳子さんが以下で英語でインタビューを受けておられます。なんと、喉発音でいい感じの英語です! 単語と単語の間が少し離れ気味ですが、ゲロをする要領でつながえるとネイティブとほとんど同じでしょう。 以下はKENJIさんが、教えてくれたのですが、同じく齋藤佳子さんが、日本語を喋っているところ。 日本語は口発音。上の動画の声と、この下の動画の声を比べると、英語と日本語の決定的な違いが喉発音VS口発音であることがよくわかりますね! アメリカでチアリーダーを目指すかたは、まず、英語喉をされるとよいと思いました! 齋藤佳子さんのサイト http://blog.goo.ne.jp/professionalcheerleading