意味の意味

今日は意味の意味と称して、抽象的な話をします。学者のかたがた、感動しても、ぱくらないでくださいね(笑)。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 NASHITAROさんの書いてらっしゃることに膝をうちました。 http://blog.livedoor.jp/nashitarou/archives/6794459.html NASHITAROさんいわく、昔、帰国子女のかたが、日本語を英語に訳してと頼まれて少し時間がかかる理由は 英語をまず、意味にして、意味を日本語にするから、時間がかかるとおっしゃそうです。 これは、非常に有意義な点です。 NASHITAROさんは、以下のようにおっしゃっています。 「英語と日本語は一対一ではないのです。 英語と日本語は本来つながりません。 もしつなげるなら、間に意味が必要です。」 これは本当に正しい。まず具体的に言うと、私が教えるとき、最後にいつもYOUTUBEなどから音声を聞いてもらい、「意味は考えないでください」とお願いします。気が散るからです。さらに、知っている単語だったら、どうせあちらから意味がやってくる感じになるからです。 厳密に言うと、日本語に訳そうとしないでください、、、というと、NASHITAROさんの書いたことと同じになります。 でも、そういう意味とややこしいので、意味を考えないでください、、、どうせあちらから勝手にやってきます、、、と言っています。 意味というのは、人間として、あたり前のように、脳が判断してしまいます。 例えば、背後で、ご~~~とトラックの近づく音がしたら、人間として、「危険だ」と日本語に訳さなくても、直感的に、その「ご~~~」という音の意味を脳が理解してしまうでしょう。 もちろん、ぼ~としていたら、その音も聞こえないこともありますから、脳はスイッチがONだったりOFFだったりですが。 皆さんのなかには、英語がぺらぺらと出てこなくて、困っておられるかたがおられるかもしれません。 思うに、私の頭のなかでは、日本語を英語にしていないのです。 日本語を英語にしていない世界というのは、意味でつながっているんです。 例えば、あ、時間がない、行かないとと感じるのが意味ですが、その意味は、 I gotta go I…

Skip to toolbar