当サイト内「英語喉会議」にて、最大のコツを発表しました

まずは、当サイトのメンバー登録をしていただき(参加条件、英語喉実践者であること)、そのあと、「英語喉会議」のコミュニティーに参加リクエストお願いします。 さっきまでの段階ですでにメンバーになっておられたかたには、招待メールを出しました。 すでに幾人かの英語喉実践者が、コツをつかって、音声UPをしていただいています。お二人とも、まだ、調整中・練習中ということです。 YOSSYさん http://kokusan-native.at.webry.info/201201/article_3.html MASAさん http://audioboo.fm/boos/618815-the-tip もうちょっと練習された後に来たものがこれ。中間から歌が始まるけど、むちゃ、うまい。 http://audioboo.fm/boos/620830-close-to-you さらに、コメント欄で報告をいただきましたので、今、ここに掲載させていただきます。YATTAMONさんです。コツをさっそく使っておられます。私の感想はコメント欄に書きました。 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=xjZvp2P198g PROJECT Xさんは、このコツをとりいれる以前の音声を記録されているので、待っていると、コツ後の音声も聞けるかな? http://pr0jectx.blog.fc2.com/blog-entry-14.html 私自身もUPします。こんなに、楽しそうに喋っている私を皆さん聞いたことがあるでしょうか????どこまで喋っても、自信たっぷりです。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_01_12_2012.mp3|titles=kaz_01_12_2012] http://nippondream.com/file/kaz_01_12_2012.mp3 東日本にお住まいの皆さんは、気をつけてくださいね。この新しいコツは兵庫県から西(神戸あたりから西)の方言を喋る日本人には、それほど、難しいものではないように思います。というのは、そもそも、(例えば)、広島弁を喋る人達はこれを、実際、しているからです。 あ、今分かったのですが、最近、YOUTUBEなどで、日本人の喋り方で強烈に違和感を感じると思っていたのですが、これが原因だったですね、、、以前に、2chの西村博之さん(神奈川県出身、東京育ち)、経済評論家の勝間和代さん(東京出身)、、、のYOUTUBE動画を見たときに、その日本語の喋り方が、私と全然違うと感じていましたが、これが原因だったのだ!YOUTUBE以前は、テレビでアナウンサーの喋り方(どちらかというと喉発音)を聞いて、それが東京だと思っていたけど、、、YOUTUBEで普通の関東地方の人の喋り方を最近になって大量に聞けるようになり、なんか、激しく違和感を感じていた、、、。 その違和感とは、ちょっとぼ~とすると、聞き逃してしまうような感覚。字幕がほしいような感覚、、、あ、だから日本のテレビって、母国語なのに字幕がつくんだ! (そおっすよ~、、って感じの喋り方に西日本の人はならないかも、、?そう流すのが逆に面倒なかんじがする) しかし、新しいコツと言っても、実際は、英語喉に書いてあるのです。全てのページに書いてあるといってもよいかも、、、。 実は、昨日、KENJI@NYさんとSKYPEで話したのですが、東日本出身のKENJIさんはちょっとだけ苦労されておりました(が、このコツすぐにマスターできそうです)。 KENJIさん、がんばってください。いや、がんばって、がんばらないように! ○○○○さん、今回は、ぱくらないでくださいね。日本語でも発声が地方で違う、、、前から気になっていた、、とか言い始めないでね。…

当サイト内、「英語喉会議」で近日中、英語喉最大のコツを発表

皆さん、当サイト内の「英語喉会議」というフォーラムで、例のコツを発表しますので、ぜひ登録メンバーになってくださいね。 登録すると、お互いにメッセージができたりしますので、きっと英語喉実践者としての意識が高まっていい感じです。 また、外国人メンバーもいて、きっと英語と日本語を教えあったりできると思いますよ。 この最大のコツに関しては、現在、KAZY氏の回答まちです。 KAZY氏に一体、このコツが何かがGUESSできるか、、、な? ヒントですが、実は、もう英語喉に書いてある、、、というか、ジーナに言ったら、最初から言ってるではないか?という感覚でした。 確かにそうです。 なぜKAZY氏にGUESSしてもらっているかというと、KAZY氏の英語では、このことが全くされていないからです。 そして、このことを実践すると、またたくまに、完全ネイティブ化してしまうでしょう。 私は緊張したときに、これができていませんでした。 このコツが分かったおかげで、な~~るほどと思えることがあります。 私がとっても不思議だったことのひとつに、英語喉をお知りになったあとも天満さんがコピーイングということを推奨されていました。これは、え?と思ったんです。それは、英語喉があるのに、なぜコピーイング??? 今考えると、な~るほど、これをコピーイングすれば、たしかに、私の言っているコツが目指すものは達成されます。 RONさんもそうです。英語喉をお教えしたのに、シャドーイングを熱心にされていました。え?英語喉があるのに、なぜシャドーイング?と思ったのです。 なるほど、シャドーイングによっても、このコツが目指すものが獲得できます。 生意気に聞こえるかもしれませんが、、、今回のコツを紹介すると、天満さんのコピーイング、そしてRONさんのシャドーイングも、ますます、光ってくるかもしれません。 すでに楽しいものでしょうが、も~~~っと楽しくなりそうです。 相反するものではないのです。 逆に、相乗効果が出てくるでしょう。 また、MASA氏、KAZY氏の方法である、実際に喋る、、、という運動にも、さらに磨きがかかります。 これは私がコツを数日前から始めただけで、私の同僚たちが、さらに親密になったのでした。 2日前、それほど親しいというほどでもない同僚が、「カズさん、タイのデザートなんて好きですか?私つくったんですが、食べてね」と言って、そのデザートをくれました。 その後、新人が入ったので、私のオフィスに来て紹介してくれました。若手の女の子が3人来て、私の感覚では、この退屈なおっさんは10秒ぐらいできりあげて、次、行こうか、、、って感じだと思うのだけど、今回のコツを楽しみながら、英語をしゃべっている私に反応したのかさろうとしない。 さらに、昨日、いつもは、そんなこと言わないように思える同僚が、今年は一緒にいろいろやろう、、、みたいな感じで、言っていた。私の英語に反応したのではないか、、、 人がすんなり去らないのです。…

Skip to toolbar