どんどん喋って身につける

英語はシンプルでいいから、どんどん喋って身に着けるのがよい。それも、覚えた表現を投げつけるのではなくて、とにかくしゃべりながら、基本の文を生成していく。ラジオなどを聴いていても私には分かるが、いわゆる「表現集」のような表現はたまにしかでてこない。それより大切なのが、中学校で勉強したようなことを基礎にどんどん喋ることだ。 I AMだけで、どれだけのことが表現できるだろうか? 私は日本人です。 I am Japanese. 私は音楽が好きです。I am a music lover. 私は広島から来ました。I am from Hiroshima. まずは、言ってみるのだ。そのとき例えば、I am a music lover.が出てこなかったら、もうこのさい I am musicでも、喉発音で3ビートに徹していれば気迫で通じる。そのときに相手が間違っていると思ったら、正しい言い方を教えてくれるだろう。 発音は英語喉で、#-AI-Y_-/Y_-a-Mとやりましょう。過去形にするのもよし。その場合は、#-AI-W_/W_-u_-Zですね。 ちなみに、you…

Skip to toolbar