クッちゃんと喉やんの英語講座

喉セミナーご希望のかたは、メール(question AT estat.us)でお知らせください。ご希望の日と時間帯を2つ,3つを教えてください。こちらで調整して返事します。 クッちゃんと喉やんの英語講座 今日の表現は、英語喉246ページにあるWhat’s your major?です。MAJORの部分を色々変えて練習しましょう!英語喉発音記号だと。 W_-u_-TS/Y_-O_-r_/M-eI-J/J-E_-r_ です。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_05_2011.mp3|titles=kaz_08_05_2011] 直リンはここをクリック。 クッちゃんと喉やんの発想がどこから来たのか今では定かではないのだけど、自然と発生してしまった。だって、私はそもそも日本語は口発音だ。英語は喉発音だ。その区別を示そうとしているうちに、クッちゃんと喉やんが、自然発生してしまった。 ユニークな存在なのか?なんて思っていたのだけど、すでにNHK INTERNATIONALでやっているではないか。いわゆる帰国子女アナは、喉やんだ。国内派のアナはクッちゃんだ。 悲しいことに、クッちゃん派は、絶対にアンカーになれない。常に、特派員でしか登場しない。 実際、英語の発音が異常なほど下手クソである。NHK WORLDという言葉でさえ、言えないほどで、えぬえちけ~わあで特派員がレポートを常にしめくくる。 まるで、全国で最も発音が下手なレポーターを募集したかのようである。いや、運用能力がある人達ばかりなのに、なぜ例外なく、発音が異常なのか?これは、きっと「研修」でそうなっているのだと私は思う。じゃないと、ここまでシステマチックに悪くならない。 わあ? WORLDと言いたいのだけど、Rのところで喉の奥が閉まっているので、そのあとにくるLとDは単に、口の中の舌を口の屋根につけるだけ。喉が絞まっているので音がでない。 だからWORLDなのに、わあで終わる。 これは個人の資質ウンヌンの話ではないし、「馬鹿にしているのか?」という話でもない。ただ、単に、物理的な現象として、喉のあたりがしまり気味になっているということだ。水道も栓が閉まっていたら水が出ないが、喉だって、奥のところが閉まっていたら息・音がでない。 俺は、クッちゃん派にも、NHK INTERNATIONALでアンカーを務めてほしいと願っているのだ。喉やん派は、このように写真で紹介されているほどヒーロー扱いであるのに。 なぜあそこまで下手なのかには理由がある。それは、カタカナ英語は喋りたくないということで、舌の位置を厳密にしようとするのだろう。すると、完全に喉がしまっているので、カタカナ英語以下になってしまうのじゃないか。 カタカナ英語は少なくとも日本人としての威厳がある(?)。…

Skip to toolbar