Related Articles

発想の転換でリラックスを!アメリカでの剣道経験より語る

剣道を始めて2週間、これまで稽古に3回参加したのだが、日本と教え方が違う。アメリカの剣道は、リラックスせよと説明する。日曜日に参加したとき、いやになるほど「切り返し」の練習をさせられたのだが、リーダーいわく、その過程で体をリラックスさせるというのだ。 日本で6年間、剣道をやったが、リラックスさせるという発想は一度も聞いたことがないし、自分自身でも考えたことがない。しかし、そういえば、試合で1分、2分で、体がばててしまうことは経験していた。リラックスなんてしていたら、たるんでいる感じがして、逆に怒られてしまっただろう。 今思うと体に力がはいりすぎていたのだろう。 アメリカでジムに行って、ストレッチをするときに、体に力を入れるなと指導を受け、これもはじめてだった。そうか~。小学校のときなど、体が柔らかくて、体育の得意なクラスメートがいたが、あれは、体をリラックスさせていたのだな。 そのクラスメートは走るとき、ストレッチをするとき、跳び箱をするときなど、他の生徒とくらべてフォームが優雅だった。あれはリラックスしていたということなのだな。縄跳びだって、ずばぬけていた。あれも、リラックスして、エネルギーをセーブしながらやっていたのだろう。 しかし、なぜ体育の先生がそういうことを言ってくれたことはない。 いや、しかし、リラックスしてやっている運動が得意の人から見ると、他の人が力んでいることは分かるのじゃないか?それを黙っていたのかな~。リラックスするってのがコツだとばれると、自分の運動マンとしての地位があやうくなる?あるいは、自分では意識していないのかもしれない。 日本人は海外のロックシンガーが絶唱しているのをみて、シャウトスタイルと呼ぶが、応援団のように、りきんで発声しているとイメージしているのではないだろうか?あれは、リラックスしてあの声を出しているのだ。 ロックシンガーは、日本人の感覚で見ていると、苦しそうな顔をして歌っている。しかし、発想の転換をしよう。あれは、リラックスしようとしているのだ、、とイメージして、同じ様子を見ると、見えてくる。 リラックスしている、、というのが見えてくる。ジャニスジョプリンといえば、日本人の感覚では、絶叫スタイルの見本みたいだ。しかし、この動画をみて、実はリラックスしているんだ、苦しい顔をしているんじゃなくて、あれは、力みをなくしリラックスしている顔なのだと、洗脳するぐらいとなえて、この動画を見てみよう。 どうしてもそう見えないときのコツだが、この苦しそうな顔は、りきんでしまうのを一生懸命、防ごうとして、結果、こういう顔になっているのだと想像してみよう。そして、自分でカラオケをやるときなど、まねをしてみるのだ。 http://www.youtube.com/watch?v=JjD4eWEUgMM 思うのだが、日本のロックシンガーのアマチュアのあいだで、まず声をつぶすみたいな感覚があるのではないだろうか?結果、応援団のようながらがら声になってしまう。しかし、いまいち、外人のロッカーの声と違う、、、と悩む人がたくさんいるのではないだろうか?声をつぶしてはいけないのだ。大切なのは、リラックスすることである。 これは日本屈指のロックシンガー、スーパーフライだが、またしても、リラックスしているからこれだけの歌唱が可能となるのだ。 日本人の感覚で、横柄、ふてぶてしくみえる、いわゆる「外人さん」。あれは、リラックスしているのだ、、、と理解する。さらに、リラックスしていない日本人のほうが特殊であるのだと理解できれば(実際、動物は普段リラックスしている)、違って見えてくる。突然、普通の人に見えてくるのである。 この発想の転換が大切である。この発想の転換がないと、完全にリラックスできない。英語喉ライブのとき、私は、アメリカ人の声、そしてそのリラックス度を感じながら、その雰囲気を借りる形で、私自身もリラックスしようとする。 日本人同士だと、お互いの緊張感、テンションを借りてしまうので、硬くなってしまう。 この発想の転換があって、始めて、外国人を仲間とみなすことができるようになる。 さて、最後に、発想の転換のもうひとつの課題だ。 我々日本人は、アメリカ人、あるいは西洋人(あるいは韓国人以外の外国人)に親近感をいだきながらも、なにか、いまいち、近づきがたい印象を持っていないだろうか? 以下は、昭和の天皇陛下とマッカーサー氏の写真である。日本人にとっては、マッカーサー氏が、ものすごく威圧的に見える。この写真が戦後の日本とアメリカの関係を物語っているようだとするのが普通の日本人の解釈だ。 しかし、マッカーサーはただ単に普通にリラックスして立っているのだと洗脳するぐらい念じてから、それが見えるまでじっくりこの写真を観察してみよう。コツは、マッカーサーを単なるおっさんと思うことだ。 その感覚でもって、外国人と会話するのだ。そうすることで、完全なる平等な立場を得ることができる。それこそが、束縛からのLIBERATIONである。その感覚で英語を喋ろう。 今朝、ダッジ車で走行中、対面から来たダッジ車の白人のおっさんが、指でサインを送ってきた(クール!という感じで)。ダッジ車同士の間のコミュニケーションで、TOYOTAに乗っていたときは経験しなかった。こういうこと何回も経験するうちに、以前、アメリカ人が冷たいとか、日本人を差別していると思っていた自分を恥じる瞬間である。 さて、最後に、応用編だ。以下は日本人より日本人らしいと言われているダニエルカール氏の動画だ。これを見ることで一体、日本人のように見えるとは何なのかを考察しよう。…

イギリス人はRを発音しないという神話について

先日、CELLENさんとこの話題について話していました。英語喉が出たごろに、音声学関係の人にも言っていたかもしれませんが、浮上してきた話題です。 私はCNNなどでイギリス人のキャスターが喋っているのを聞いたとき、実際Rが聞こえます。アメリカ英語のようなRじゃないけど、表現するなら弱い感じのR。 ジーナに聞くと、イギリス人のRは弱い感じのRだと。 もしRを発音していないとしたら、イギリス人の英語を聞いて、例えばPARKなのか、PAKなのか(韓国人の名前)、混乱してしまうはずですが、全然そう思うことがありません。 <片方は、パークで、片方はパクだと思われるかたもいるでしょうが、英語には「-(音を伸ばす記号)」がありません。英語は音の長さが意味に影響を与えない言語なんです。HELLOをHEL-LO~~~~と言っても意味は同じ。> ネイティブでさえ、イギリス人はRを落とすという言い方をすることがありますが、それは、おそらく、Rが弱い感じの響きだ、、ということでしょう。 例えば、日が東から昇るといいますが、厳密には、太陽は動いていません。地球が動いているんです。でも、そんなことを言っていたら、面倒です。 イギリス人のRについてやいやい説明するのが面倒なので、Rを発音しないと言っていることだと思います。 似たような例で、エルサルバドルの人のスペイン語ではSを言わないということがありますが、実際はJみたいなSで、言ってはいるんです。それを意識したら聞こえてきます。 でも、そういう風に説明するのが面倒なのでSが落ちるとかいっておけば話が早いということでしょう。 広島弁で、「じゃけん」と言いますが、実際は、「じゃけえ~」だと思うんです。それが、たまたま「じゃけん」に聞こえるのかもしれない。でも、それをいちいち指摘するのは面倒だし、いまいち、字として表記しにくいし、自分たちもあんまり深く考えていないので、じゃけん、、でええわい、、ということだと思います。 Rをイギリス英語では発音しないということを真に受けて、例えばAREをア~~で代用したら、違ってしまうということです。 またシラブルをちゃんと3ビートで言うときも、イギリス英語でもRを省略しないことは大切です。 MY CAR ISは MAIK-KAR-RIZと(アメリカ英語でもイギリス英語でも)発音しますが、RIZのところがなくなってしまうと、CHOPPY英語に聞こえます。 音声で説明しました。 http://www.nippondream.com/file/r_05_07_2013.mp3 http://www.nippondream.com/file/r_05_07_2013.mp3 イギリス英語といえばCNNではこの人(とピアーズモーガン、、とアイシャという女性もいる)。 http://www.youtube.com/watch?v=TIqkwxkiNsU

子音も喉だということがピンときにくい

YUKAさんのブログでのコメントで、長崎の雨さんが、母音が喉であることは分かりやすいが、子音も喉であることは分かりにくいという点を言及されていた(天満さんもコメントされていた)。 http://ameblo.jp/englishbootcamp/entry-10608168721.html  に対するコメントを見てください。 これは以前も書いたと思うが、子音は子供、母音は母というイメージがある。しかし、これは口発音言語である日本語だけのイメージだ。母の補助なしには、子音がでない、、、という状況を如実に表している。 喉でやれば、子音をひとつづついえるどころか、つなげることもできる。最近では、UMEKOさん(http://73417248.at.webry.info/)の音声UPで、WORLDという単語を発音されていたときに、ちょっと喉発音が浅かったのでLが聞こえずWORD?と聞こえたように思った。あれWORLDじゃなかった?と確認したら、やはりそうだった。 喉のほうがしまりぎみな場合、一つ一つの音をちゃんと出せないのである。 森鉄さん(http://toeicjuken.seesaa.net/)とネットラジオをやったときか、準備の放送だったかで、森鉄さんの英語が本格的だったので、こんな人がいたのかとびっくりした話はした。フランス語もそうですよという話になって、森鉄さんが、MERCIE(ありがとう)と発音してくれたときに、RがJかHのように聞こえたのだが、それは、Rが首の根元で発音するというイメージなしに、発音されたからだろうが、そのときに、Rの部分を遠慮して発音されているような気がした。 子音というのは、子供というぐらいだから、母音よりも遠慮がちに発音するというような感覚があったのだろうか?私も英語喉以前は、全く同じようにフランス語のRを発音していたのでなつかしくかんじたのだ。 その後、自分でMERCIEとちゃんと発音してみたのだが、Rのところで遠慮していない自分に気がついた。 喉発音をしていると母音だからこうだとか子音だからこうだとかいう感覚がなくなる。 ただの音でしょ、という感じである。 さて、今日は、香港出身の昔の友人と電話で話していたのだが、彼の苗字はNGだ。これは、日本人には発音不可能な苗字だ。NとGを連続して、喉で発音するのである。私はそれを簡単に発音してみせて合格したのだが、口発音では絶対的に無理な発音。うんぐ、、みたいに2シラブルぽくなってしまう。 もう10年ぐらい前に、彼が、私に、え?NGっていいにくいの?と非常な不思議な顔をしていた。 全世界の人は、誰でも言えるのである。 彼は、ほとんどネイティブと変わらない英語で私と話をしていたが、日本人は、英語の音が聞けないんだという点を説明したけど、意味が通じたのかどうか自信がない。 当たり前のように音が聞ける日本人以外の人類に、日本人が、英語の音が聞こえなくて、英語は周波数が高いと信じているということは説明しても、いまいち通じない。 ジーナの妹に、喉の奥を震わして、それを感じながら発音していると言っても、いまいち、それが当たり前すぎて意味が通じないのである。 今日は、髪を切りに日本人の美容師さんのところにいったのだが、そのかたには、英語喉と機関銃英語をプレゼントしてあるのだが(2,3ヶ月前に)、全然読んでいただいておらない。忙しいのだと思う。 そのかたは、もともと英語を喉で話されているので、あまりピンとこないのかもしれない。あまりにも当たり前のように、ネイティブの人たちと話をしてらっしゃる。 で、今日は、やっぱり英語は使って覚えるものですよねえという話をした。 先日も、アメリカで私と同じような仕事をしている日本人の女性(社会学)と話をしたのだが、やっぱり彼女も、英語は使ってなんぼやと思っていたと言っていた。 英語ができる組の私たちは、みんなたぶん1980年代に英語を特に勉強していたのだと思うけど、やっぱり使ってなんぼのもんやと思いながら英語を習得していたと思う。 最初は、わからんと思いながらも、ニューズウィークや英字新聞を読んでいた。 そのあたりは、松本道弘氏などの影響もあったと思う。やっぱり、とにかく英語を使え、英語で考えろ、英語を読めというようなことをよく聞いていただが、やっぱりそうだと思う。 あと、最近思ったのだが、英語の辞書を20年ぐらい見たことがない。一つには、英字新聞などを読んでいるうちに、なんとなく覚えてしまったということもがあるが、スペイン語を勉強していたということもあるかもしれない。…

Responses

Leave a Reply to KAZ (英語喉著者・当サイト編集人) Cancel reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

    1. いちおう小さくBY ARTと書いてありますね。PROFILE PHOTOが一緒に表示されると分かりやすいのですが。ちょっと調査してみます。